とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    どんでん

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    もしオレが監督だったら、今年、鳥谷をスタメンで使っていたと思う。もちろん、ショートで。単純に力があるヤツを使うという観点でいっても、鳥谷より総合力の高いショートって誰がおるの? この2、3年、鳥谷を押しのけるだけの力を持った選手は出てきてないでしょ? 若手も「鳥谷を越えていない」と感じているはずよ。

     開幕からスタメンで使っていたら、2割8分ぐらいは打ったと思うよ。さっきも言ったけど、鳥谷はじっくり見ながら勝負するタイプだし、代打には向いてない。4打席のなかで勝負するタイプで、四球を選べるから打数も少なくなる。トータル的に判断しても、ベンチに置いておく理由がない。

     世代交代は、追われる側のベテランがはっきり負けたと思えたらスムーズにいくんよ。鳥谷に代わってショートを守った選手が、不動のレギュラーになったのなら、納得できた部分はあったと思う。でも、選手というのは毎日一緒に練習しているから、「まだあいつには負けていない」とか、そういうのはわかるもんなんよ。だから、現役を続けたくなる気持ちは理解できる。

     ただ、引退勧告からの退団という流れになってしまったのは残念。いまさらどうしようもないけど、もっと違うやり方があったんちゃうかと思ってしまうよね。昔から阪神の歴史を知っている人は、「またか」と思っているかもしれんけど......(笑)。

     いずれにしても、鳥谷を欲しいという球団はあると思うよ。野球と向き合う姿勢がすばらしいし、ゲーム以外の影響力も大きい。今でも、誰よりも早くグラウンドに来るし、とにかくストイック。チームにとって絶対プラスになる無形の財産を持ってる。

     どこに行こうが、自分が納得するまでやり続けてほしい。そして、まだまだできるというところをファンに見せてほしい。オレはまだやれると思ってる。絶対やれるよ。

    ▼記事の全文はこちら




    岡田彰布から鳥谷敬へエール。 「チームを強くする無形の財産がある」(webスポルティーバ)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00874240-sportiva-base  岡田さんの話を聞くと改めてすごい監督だったなって思えるね。これだけ鳥谷のことわかってる人ってなかなかいないでしょ。



    岡田に全くもって同意。 今の阪神に鳥谷を超えてるショートストップはいない。だから普通に今年も鳥谷スタメンだった。 打撃なんぞ二の次だし、打撃でも鳥谷を超えてる若手はいない。 岡田彰布から鳥谷敬へエール。 「チームを強くする無形の財産がある」  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00874240-sportiva-base 



    鳥さんは改めてすごいなと思いました。ありがとう。阪神に来てくれて。新天地で活躍期待します。ずっと応援します。 岡田彰布から鳥谷敬へエール。 「チームを強くする無形の財産がある」(webスポルティーバ)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00874240-sportiva-base 



    岡田彰布から鳥谷敬へエール。 「チームを強くする無形の財産がある」(webスポルティーバ) どんでん、ありがとう😢 ほとんど講演会で聴いた話やけど…(笑) まだまだ隠しネタ持ってそうやけど…🐶クンカクンカ 「実力主義」これからもブレずにずっと支え続けてくださいねえ  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00874240-sportiva-base&p=3 



    岡田さんの意見に激しく同意 岡田彰布から鳥谷敬へエール。 「チームを強くする無形の財産がある」(webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00874240-sportiva-base&p=1 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     「セCSファイナルS・第2戦、巨人6-0阪神」(10日、東京ドーム)

     土俵際に追い込まれた。阪神が巨人に完封負けを喫して連敗。優勝チームに与えられるアドバンテージの1勝含んで3敗となった。

      ◇  ◇

     五回、巨人にダブルスチールを決められたシーンがこの1、2戦を象徴していたように思う。もう好き放題にやられてしまっている。やはり初戦で望月を先発に立て、相手に流れを渡してしまったことがすべてだ。

     短期決戦では「ミスが命取りになる」という格言があるように、一つのミスで相手に流れが行ってしまう。CSのファイナルSという舞台で相手は優勝チームの巨人。経験が乏しい望月を先発起用して、一度手にした主導権を簡単に手放すような野球はしていない。いわば優勝チームの野球、“普通の野球”をしている。

     先発ピッチャーがしっかりと試合を作る。打線はやるべきことをやって着実に得点を奪っていく。一方で阪神は奇襲的に先発を早い回で降ろして継投に入るが、やはりファーストSで投手をつぎ込んだダメージが出てきている。中2日での先発だった高橋遥が、初回、亀井に内角直球をきれいに右翼線へ引っ張られたことで、相手ベンチは「ボールが来ていない」と思ったはずだ。ガルシアにしても、島本にしても球威は感じられなかった。

     さらに3戦目の予告先発は青柳。巨人打線は左打者を並べてくることが予想される。仮に早い回からの継投を想定した場合、この試合はガルシア、島本、岩貞と左ピッチャーをつなぐ必要があったのか。第3戦に備えて右投手をつぎ込み、少しでも消耗を避けるという選択肢もあったのではないか。

     この2試合を見る限り、相手とがっぷり四つでは組めない。それだけ力の差があるように感じる。相手に渡してしまった流れを引き戻すことは容易ではない。だからこそ、もうめちゃくちゃやるしかない。なりふりかまわず得点を奪い、相手を抑えに行く。そういう姿勢で戦う。それしかない。(デイリースポーツ評論家・岡田彰布)




    「めちゃくちゃしたれ」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! /【岡田彰布氏の目】めちゃくちゃやるしかない!!/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/10/11/0012779495.shtml 



    やはり短期決戦は初戦で流れを作らないと… 大事な初戦なのに経験の乏しい望月を起用した事がここまで劣勢になってしまった大きな要因になっている 【岡田彰布氏の目】めちゃくちゃやるしかない!!/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/10/11/0012779495.shtml  # @Daily_Onlineより



    久保田に言った言葉と似てる→岡田彰布氏「めちゃくちゃやるしかない」 崖っぷちの阪神に緊急提言(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000025-dal-base 



    出たーwww どんでんの秘技 「めちゃくちゃしたれ  俺が責任とる」 【岡田彰布氏の目】めちゃくちゃやるしかない!!/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/10/11/0012779495.shtml  @Daily_Onlineから



    【岡田彰布氏の目】めちゃくちゃやるしかない!!  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/10/11/0012779495.shtml  プロじゃないから正解はわからないが、すごい説得力ある。岡田さんの話はいつもそう。監督時代のタイガース、大好きだった。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/10(木) 09:46:20.69 ID:n9d20ghzd
    なぜ、岩貞が先発ではなかったのか、疑問が残る。今季の巨人の戦いぶりを見ていると、左投手が先発の時は阿部と亀井をスタメンから外すケースが多かった。
    右打者で先発オーダーに並ぶのは陽岱鋼、石川、山本ら。左の2枚に比べれば明らかに力は落ちる。

     巨人ベンチも、先発で左投手が来た方がオーダーを組む際に苦労したはず。わざわざ相手に楽な先発メンバーを組ませる必要はない。
    さらにファーストSでリリーフ陣を酷使したことを考えれば、ファイナルSの初戦は先発投手の踏ん張りが求められる状況だった。

     そこでプロに入って東京ドームで先発した経験がない望月か、2桁勝った実績と経験がある岩貞か。
    第2戦が高橋遥で行けるような状態であったとすれば、初戦の先発は二択で考えることができたはず。誰もいないという状況であれば、望月という選択肢でやむなしではあったかもしれない。

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/10(木) 09:46:35.83 ID:n9d20ghzd
    だが巨人打線に対して亀井と阿部を使えない状況にする、シーズン中とは違う緊張感があるファイナルSの初戦で実績と経験などを考えれば、岩貞を先発起用すべきだったように思う。
    さらに2番手で岩貞を使ったことを考えれば、調整的に先発することも可能だったはずだ。

     巨人にアドバンテージがある状況で、阪神とすれば初戦は取りたかった。少なくとも冒険する必要はなかった。
    結果的に二回までで試合が壊れてしまっただけに、なぜ先発が岩貞ではなかったのか。そこに尽きると思う。(デイリースポーツ評論家・岡田彰布)

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/10(木) 09:46:50.36 ID:n9d20ghzd

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/10(木) 09:47:48.84 ID:uBtFr1O60
    矢野に意図なんてないぞ
    全部行き当たりばったり

    9: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/10(木) 09:48:14.85 ID:PWjyySe5d
    サンキューどんでん

    11: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/10(木) 09:48:39.72 ID:dk/xWOIOp
    矢野に理屈を求めるなよ
    完全に気持ち(笑)だけで決めたやろうに

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1570668380/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    「鳥谷 事実上戦力外」

     8月30日、「日刊スポーツ」に、この見出しが躍った。阪神一筋16年、功労者の鳥谷敬(38)に待っていたのは、引退ではなく「クビ」だった。

    「阪神の生え抜きでは2人だけの、2000本安打達成者。猛虎ファンのショックは大きいですよ」と、スポーツ紙記者。

    「球団のやり方に問題があるんやろ。何年もたって、フロントの人間も替わったけど、毎度、生え抜き選手と揉めるのは、阪神の体質なんかなあ」

    “イジメ” のような仕打ちに呆れるのは、鳥谷の入団時に阪神の監督だった岡田彰布氏(61)。岡田氏も長年、阪神で活躍しながら、1993年に突如、戦力外通告され、オリックスに移籍した。

     ほかにも、江夏豊、田淵幸一と “追い出された” 名選手は多い。一方で、金本知憲のような外様選手は、円満に引退を迎えている。

    「鳥谷には、もっと違うやり方があったと思うわ。まだチームがCS進出を狙えた時期に、球団の顔に『引退勧告』やろ……。

     あれだけの選手やし、普通なら阪神で引退がベスト。引き際も球団からではなく、本人からが当然やな。それができる功労者。寂しすぎるわ」

     9月11日、今季130試合めにして鳥谷が初打点を挙げると、甲子園は熱狂に包まれ、涙を見せるファンもいた。一時は追い上げを見せていた阪神だが、CS進出は絶望的な状況だ。“因習” による祟りか。


    (週刊FLASH 2019年10月1日号)




    阪神は生え抜きに酷い仕打ちをするよな。何故同じ事を繰り返すのか? 厚遇されたのって和田くらいか 鳥谷敬クビに岡田彰布が「生え抜きイジメは阪神の『因習』」(SmartFLASH)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190918-00010001-flash-peo 



    岡田彰布「生え抜きイジメは阪神の因習や」-鳥谷クビに虎ファン激怒!◆阪神・岡田彰布元監督、鳥谷敬、日刊スポーツ、戦力外通告 フラッシュ(2019/10/01), 頁:85  http://www.zasshi.com/zasshiheadline/flash.html 



    鳥谷敬「クビ通告」で阪神OB大激論!(3)移籍先の本命にロッテが浮上  徳間書店 入団1年目から優先起用され、2年目から不動のショートレギュラーとして活躍したレジェンドは、将来の監督候補としてコーチ入りの打診を受けていた可能性も十分にある。  https://ift.tt/2NeWR0o 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1



     阪神タイガースの公式戦を試合終了まで中継することで知られる兵庫県のテレビ局・サンテレビが10日付のデイリースポーツ(関西版)のテレビ欄で、阪神-広島(京セラドーム大阪)の生中継をPR。新外国人・ソラーテの名前をはめ込んだダジャレをちりばめ、阪神ファンをうならせる文章で彩った。

     この試合の解説は、阪神元監督で「そら◯◯よ」の口癖で知られる岡田彰布氏。

     テレビ欄は「解説・岡田彰布 実況・木内亮 リポーター・湯浅昭彦」に続いて

     女「ソラーテってすごいの?」

     男「そらいきなりホームランやから期待よ」

     女「空まで届く打球見たい」

     男「そらドームやし無理よ」

     というシャレを交えたトークがつづられた。







    サンテレビのラテ欄の「男」って絶対、どんでん岡田やろ(笑) pic.twitter.com/NGuVMw8NzI



    俺どんでんの解説めっちゃ好きなんだけど、サンテレビは良いな〜 スカイAでも、いっぱい来てくれよ



    @Daily_Online そらそーよ


    続きを読む

    このページのトップヘ