とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    よこたそ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【虎のソナタ】

     昨日は「7月1日」でした。言われなくても分かっているでしょうが。

     明石家さんまの誕生日だなぁとボンヤリ思いながら会社に到着したら、「桧山(進次郎)さんの誕生日ですね」と話しかてきたのが当番デスク堀啓介。みんな、現場記者時代に主力で活躍したタテジマ戦士の誕生日は、だいたい覚えている。

     ちなみに、2日は、その桧山が2003年にサイクル安打を達成した日であり、亀山努、田口壮(オリックス打撃コーチ)が生まれた日…。おっと、そんな話を書こうとしてたわけではない。

     ことしはもう半分過ぎてしまったのか? そのショックを感じる「7月1日」と言いたかったのだ。コロナに明け暮れ、コロナに振り回され、外出もままならず、人生でこれほど“損した気分”になった半年も記憶にない。

     ことしからトラ番になった原田遼太郎も、複雑な表情をしている。

     「1月からトラ番を命じられて、7月ごろには慣れてるかな? デスクやキャップの指示にもすぐ対応できるようになってるかな? と思ったりしていたんですが、7月になっても、まともにコーチや選手と会話する機会すらなくて」

     若手記者の成長の舞台まで、コロナは奪っていると考えると、ちょっと可哀そうだ。

     ナゴヤドームにいるサブキャップ安藤理は「実はスコアブックに日付を書くじゃないですか。開幕直後、ずっと3月って書いてしまっていて。きょうも4月と書き間違えました」と季節感のなさを訴える。

     そんな安藤が付け加えた。

     「試合前の円陣で、笑い声が聞こえてきたんです。おっ、きょうは明るいな、元気があるなと感じました。今までなら、円陣の声なんて絶対に記者席に届かないんですが、これも無観客のおかげで」

     脳腫瘍と闘い、残念ながら昨年限りで現役引退した横田慎太郎クンから届いたメッセージが、トレーナーを通じて選手に伝えられたという。詳細は記事を読んでいただければ。

     月が変われば、ツキが変わる-。

     言い古された格言にすがりたい、今の阪神。横田クンのメッセージが力になってほしい。何にでも頼りたい。

     でも、新聞を作る立場は、「勝った時」の準備もするが、「負けた時」の準備もする。桧山の誕生日を覚えていた堀デスクが、表情厳しく、聞いてきた。

     「開幕から4カード連続負け越しは1996年以来なんですが、先輩は覚えてますよね?」

     当然、覚えている。鮮明に。藤田平監督だった。厳格ゆえにトラブル続出。グラウンド外のほうが忙しかった。

     当時の球団代表、何人ものフロント、グレンというメジャー実績抜群の助っ人、新庄という人気抜群の主力選手、歴史を築いた大物OB、スタンドの応援団、キャンプ地の屋台のオヤジ、そして報道陣…。あらゆる人とケンカした。まさに四面楚歌。それ以上に戦力もなかったが。

     あれから24年。悲しいかな、堀デスクの準備が役立つ展開になってしまった。

     でも…。きょうは“まだ”7月2日。半分終わったのは2020年であって、2020年シーズンは、まだ10分の1も終わっていない。諦めたらダメです。




    阪神頼むで! 元阪神横田氏がナインにエールも連敗ストップならず(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/1c3e941edfdac776e59e707ba80d9b2313311a4a 



    元阪神横田氏がナインにエールも連敗ストップならず  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007010000702.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  誰でも自分の置かれてる状況がいちばん苦しいと思う。けど…その苦しささえもしあわせなことなんやと、彼のメッセージを何度も反芻してチカラに変えなアカンね。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     開幕から2勝8敗と苦しむ阪神に“救世主”が現れた。中日戦の試合前の円陣で球団スタッフが取り出したタブレット端末には昨年限りで現役を引退した横田慎太郎氏(25)からメッセージ動画が収められていた。輪になって、激励の言葉に耳を傾け最後は同氏の「さあ行こう!」のかけ声にナインも応える形で試合に臨んだ。

     脳腫瘍からの闘病を経て、昨年9月26日に2軍戦で引退試合を行った横田氏。ラストプレーとなった中堅からの“奇跡のバックホーム”に、駆けつけた矢野監督、選手たちは涙を流した。当時、広島との激しい3位争いを繰り広げていたチームは去りゆく仲間のプレーに力をもらい6連勝でレギュラーシーズンを締めくくりCS進出を果たした。再び、背中を押してくれた横田氏の言葉が低迷脱出の転機となるか。




    横田君~~~~😭😭 もうこれ勝つしかないやろ阪神しか勝たん❣️



    よこたそおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお pic.twitter.com/r9DJtxTqP1


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     17年に患った脳腫瘍の影響で昨シーズン限りで現役を引退した元阪神の横田慎太郎氏(24)が29日、大阪市内の病院を訪問。サイン会や写真撮影などで患者たちと交流した。

     阪神と横田氏からのプレゼントとしてサイン入りの阪神のユニホームを患者たちへ手渡し。患者の中には涙を流して喜ぶ人も見受けられた。横田氏は「昨日手術が終わったという方もおられましたし、そういう苦しいこともありながら来てもらってすごくうれしい」と語り、「こういう活動を続けることによって苦しむ方の支えにもなると思う。継続してこのような活動は続けていきたい気持ちがあります」と今後も自身の経験を通じて、同じ病気の人々に勇気を与えることへの意欲を示した。




    横田慎太郎君、永遠推し♾ これからも誰かの勇気であれ  https://twitter.com/sponichi_endo/status/1222433562978160642 



    元阪神・横田慎太郎氏が病院訪問、脳腫瘍闘病 昨季で引退「継続していきたい」 (スポニチアネックス) ェェ子ゃ。。╰(*´︶`*)╯  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00000196-spnannex-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1






    横田から阪神ファンの方へメッセージです! ファンの方に本当に感謝していました! https://t.co/HDBOsvddXP



    @stnsm1_m 高山くん、ありがとう😊



    @stnsm1_m ウルッてきた(T_T) 本当にお疲れ様でした(_ _*)



    @stnsm1_m 高山さんありがとう! そして横田さんも頑張ってね!



    @stnsm1_m かわいいなーしんたろうくん😍



    @stnsm1_m ありがとうございます!!! 今日の金本さんとの3人のトークとても良かったです😳


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     脳腫瘍の闘病を経験し、現役引退した元阪神外野手の横田慎太郎氏(24)が16日、今年限りでの退団を明かした。球団からのセカンドキャリアの提案に感謝しつつも、第2の人生へ向けて、故郷の鹿児島で1人暮らしをスタート。奇跡のバックホームを披露した引退試合の舞台裏など“虎の横田”としてスポニチ読者にラストメッセージを送った。

     引退試合から2カ月以上が経って、今鹿児島で1人暮らしをしています。両親とも相談して、一度、誰の手も借りずに1人での生活にチャレンジしてみようと。朝は桜島を見ながらランニングして、ジムでトレーニングもしています。せっかく鍛えた筋肉が脂肪になるのも悔しくて。食事も自分で作ってます。

     1つ報告をしなければいけません。今年限りで阪神タイガースを退団することになりました。球団からはアカデミーコーチの話をいただいていて、すごく有り難かったのですが、視力にまだ不安があって、いくら子どもたちに教えると言っても仕事になると今は厳しいと思ってお断りしました。球団の方には“いつまでも待つから”と決断を2、3カ月待っていただいて本当に感謝しかありません。

     現段階では、次のことは何も決まっていません。でも、病気になったことは苦しく、辛いことでしたけど自分が経験したことを言葉で伝えていきたい。誰かを励まして、苦しんでいる人を助けたいんです。僕みたいに何か1つでも小さな目標を持っていけば、あのバックホームのような良いことがあるんだ、ということを自分の口で伝えていきたいです。

     9月26日のことは今振り返っても、鳥肌が立ちます。打球が飛んできた時、ボールは見えていませんでした。しかも一番嫌な球筋で…普段なら後逸したり顔に当たっているボール。一番ヤバい打球が来たと思ってたぐらいです。だから、あんな結果になるとは…。いつもより何十倍も体が動いて。鳴尾浜に毎日来てくれていたファンの方のために、試合で何か残したいと思っていて、そういう気持ちをずっと持っていたのを神様が見ていてくれていたのかな。どこかで“もういいや”と思っていたらあのプレーはできていません。

     自分1人の力でできたプレーでもありません。平田2軍監督に試合の3日前に“どこが守りたいんや”と聞かれてライトでお願いしますと答えたら“お前バカじゃないか?何を遠慮してるんや。お前が開幕スタメンを獲ったのはセンターだろ!あと2日センターで練習するんや!”と言われて…。僕も平田さんも泣いてました。あそこから始まったんです。ライトならあんな打球も飛んできていない。予定外の8回からの出場も“最後はピンチで緊張感を味わわせたい”という平田さんの思いで、試合が終わってから気づきました。

     最後に、12球団でも一番の人気球団のタイガースでプレーできて凄く嬉しいし、チームメート、ファン…いろんな方にサポートしていただきました。高校時代にずっと甲子園に行けなくて、ああいう舞台で野球をできたことは自分の財産です。今まで本当にありがとうございました!




    今日のスポニチはまたしても有馬記念です😅 有馬記念に今年最後の夢をかける方。 健闘を祈ります🤲 てな訳で、阪神情報は4面、5面、そして裏1面です。 横田君の記事だけボカしてます。 気になる方は今すぐ買いに行きましょう😊 助っ人王国。実現するのかな?😳 pic.twitter.com/6UGzsgpp67



    まず横田にはしっかり自分の体の事を第一に考えて欲しいわね まぁ阪神横田じゃなくなるのはさみしいし、アカデミーコーチに誘った球団側の気持ちも分かるから、目とかがもし良くなったら戻ってこれたらいいわね



    【よこたそ告知】先日、横田慎太郎君に会いに鹿児島に行ってきました!あの引退試合、闘病生活、そして今後について。明日のスポニチではありのままの言葉で横田君から読者へのラストメッセージを大掲載。是非、紙面を手にとってください🗞写真は一緒に食べた黒豚とんかつです🐖 #横田慎太郎 #スポニチ pic.twitter.com/AKc8PGX5l7



    よこたそ・・・ 頑張れ!


    続きを読む