とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    わけほー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇練習試合 オリックス―阪神(2020年6月14日 京セラD)

     阪神は開幕前最後の練習試合でオリックスと3―3で引き分けた。引き分けは3試合連続。

     打線は初回に3番マルテの先制適時二塁打などでオリックス先発・山本から3得点。投げては先発ガルシアが5回1失点で試合をつくり、2番手の伊藤和が6回を無失点。7回に登板した能見が大城に同点2ランを浴びたが、8回はスアレス、9回は守護神・藤川が得点を許さず、引き分けに持ち込んだ。




    阪神VSオリックス“関西ダービー”は3戦連続引き分け― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/06/14/kiji/20200614s00001173284000c.html  うーんこの両球団 #npb



    @neppie_peer この決着は日シリでな!!(無理・・



    いやいや、関西ダービー3戦連続で引き分けって仲良すぎんか。とりあえず練習試合はマツダ以外は、割と内容良かった気がするし開幕が楽しみや。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1




    練習試合【阪神3-3オリックス】両雄譲らず3試合連続引き分け!高い緊張感を維持して6/19開幕に突入するで!がんばれ阪神タイガース!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル



    @hanshintigersjp この3日間楽しませて貰いました‼️



    @hanshintigersjp △△△ 球児の最後の一球えぐかったな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇練習試合 オリックス1―1阪神(2020年6月13日 京セラD)

     阪神―オリックスは前日に続き引き分けに終わった。阪神の先発・岩貞は5回打者15人を相手に一人の走者も許さない完全投球を披露。開幕2戦目に向けてこれ以上無い順調な調整ぶりを示した。その後は桑原、岩崎、島本と故障明けの実績あるリリーフ陣がそれぞれ復帰登板を果たした。

     打線はオリックス先発・田嶋を相手に5回までノーヒットに抑えられる苦しい展開。2番手・山田に替わった6回に、2死三塁からマルテが放った左中間への適時二塁打が唯一の得点となった。来日後初めて3番に座ったボーアは4打数無安打。いずれも左腕に抑えられ、サウスポー相手には対外試合16打数ノーヒットと不安を残した。




    今日はエドワーズ投手 無失点の投球でした❗ 2日連続引き分けでしたが、何と言っても 先発の岩貞投手5イニングをパーフェクト‼️素晴らしい内容でした。これで開幕2戦目は任せましたよ‼️ #阪神タイガース



    今日は二試合連続の引き分け…😓 明日はとらほー締めで練習試合を終えましょう!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1





    練習試合【阪神1-1オリックス】 2戦連続の引き分け。投手陣がよう投げた!明日は最後の練習試合や!来週の開幕戦に弾みがつくような好ゲームを期待してまっせ!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル



    @hanshintigersjp 桑原、島本おかえりなさい



    @hanshintigersjp 桑原と島本が良さそうなのが収穫 あとマルテも一本出た 問題はボーアと大山の打撃……


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「練習試合、DeNA0-0阪神」(25日、横浜スタジアム)

     両チーム無得点の引き分けで終わった。阪神は好機を作るも決定打が出ず。クリーンアップに並んだマルテ、ボーア、サンズの助っ人勢はそろって無安打だった。

     好機はあった。両チーム無得点で迎えた七回。先頭の高山が四球で出塁すると続く荒木の犠打を捕手・戸柱が野選。さらに大山も四球を選んで無死満塁の好機を演出。ただ、陽川と原口が連続三振に倒れた。

     さらに2死満塁から育成ドラフト1位の小野寺(大商大)が代打で出場したが三ゴロに打ち取られた。三回にも1死一、三塁としたがマルテの遊ゴロ併殺で無得点に終わっていた。

     一方、開幕ローテ入りを目指す先発のガンケルは3回1安打無失点。打たせて取る持ち味を発揮して6個のゴロアウトを重ねた。




    阪神は スコアレスドロー  七回 無死満塁の絶好機 生かせず… MBS砲も沈黙 (デイリースポーツ) ん〜〜、、パッとせん試合だった💧  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00000136-dal-base 



    す、スコアレスドロー…。 エラーなくしっかり守れたのと、ピンチで踏ん張れたのが収穫か。 明日から1ヶ月後が待ち遠しいね。


    続きを読む