とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    オネルキ・ガルシア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     いきなり矢野スペシャルや! 阪神・矢野燿大監督(51)が練習休日の27日、球団広報を通じて対応。6月19日の開幕からロケットスタートを決めるために、昨季終盤にオネルキ・ガルシア投手(30)をフル回転させた“秘策”を最初からつぎ込む可能性を示唆した。シーズンは120試合の“短期決戦”。目の前の1試合を確実にモノにする。

     6月19日に開幕がずれ込んだことで、レギュラーシーズンは143試合から120試合に減り、1試合の重みは大きくなった。日本一を公言する矢野監督は、キッパリと言い切った。

     「120に減ったということは、開幕ダッシュは、よりどこ(の球団)もしたいと思うところ。(自分も)そういう感じには、とらえてます」

     球宴休みもない、一気に突っ走る2020年。「1試合1試合、全力を尽くして戦っていく」という指揮官は、秘策をすでに脳裏に描いていた。

     「ガルシアも(起用法で)いろいろなことが考えられる。スアレスも今はスターターでやってもらっていますけど、中(救援)でやってもらうこともありえます」

     昨季終盤、6連勝でクライマックスシリーズに進出したときに使った矢野スペシャルだ。先発のガルシアを中継ぎに配置転換するとワンポイントやロングリリーフで、縦横無尽にマウンドへ送り出した。左腕はこの期間に3勝の活躍。すでに「今年も中継ぎがあるぞ」と伝達している。

     今季はソフトバンク時代にリリーフで活躍したスアレスもいて、手駒は豊富。開幕直後は長いシーズンでのリリーフ陣の疲労を考慮して、できるだけ先発に長く投げてほしくなるものだが、惜しみなく中継ぎを投入して勝ちをつかむ。

     そのためにこの日、発表された6月2日からの練習試合で、D6位・小川(東海大九州)や開幕ローテから外れた投手の適性をチェックする。金村投手コーチは「開幕ダッシュを考えると、中継ぎをどんどん投入することもイメージできる。フレッシュな投手にも、ロングリリーフをしてほしいと思っている」と明かす。適性ありとなれば、どんどん投げてもらう。

     開幕から一戦必勝。これが矢野虎2年目のチーム方針だ。(三木建次)




    皆さん、おはようございます🐯 矢野監督🐯🔥 開幕ロケットスタート案🚀 昨季終盤🐯6連勝からの CSへ進出した際 起用したガルシアと スアレスを ロングリリーフで🐯🔥 目の前の1試合1試合を 確実なモノに🐯🔥 必死のパッチや🐯🔥 打倒読売🐯🔥読売粉砕🐯🔥 🐯🐯🔥🔥🔥🔥  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200528/tig20052805040001-n1.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・矢野燿大監督(51)は24日午前、鳴尾浜で行っている2軍の集合練習を視察。球団広報を通じ、左肩違和感のため出遅れていたオネルキ・ガルシア投手(30)と話したことを明かした。昨年のクライマックスシリーズ(CS)で効果抜群だった中継ぎとしての起用法も披露。公約する日本一へ、ジョーカーにする。

     開幕が遅れたことをプラスに転じさせる要素がある。鳴尾浜の2軍練習を視察した矢野監督が、左肩違和感で出遅れていたガルシアに言及。幅広い起用法を明かした。

     「中継ぎも選択肢にあるし。今はもちろん先発の調整してもらいながら、いろんなオプションがある」

     全員で行う集合練習、2日目。早くも2軍へと足を運んだ。その目的の1人がガルシアだった。

     「今日はピッチングは見られなかったけど、本人とほんの少し、話すことはできた」

     2月の宜野座キャンプ途中に左肩不安を訴えて戦線離脱。しかしコロナ禍により6月まで開幕が遅れたことで、いきなり戦力として計算できるメドが立った。

     ジョーカーになり得る。来日1年目の一昨年は中日で13勝(9敗)をあげ、虎1年目の昨季は開幕ローテ入り。先発では18試合で3勝8敗だったが、終盤に中継ぎに配置転換されると大車輪の活躍だった。3位に浮上した最後の6連勝のうち、ガルシアが3勝。勝ち運をもっていた。

     今季はエドワーズ、ガンケルら8人の外国人をかかえていることもあり、頻繁な1、2軍入れ替えが予想される。そのうちの1人をユーティリティーに使えるというのは武器。「本当にベンチのムードをすごく盛り上げてくれる」と明るい性格も戦力と判断した。

     ガルシアは球団広報を通じて「状態としてはすごく良い」と肩の不安はないことを強調。起用法については「先発をやりたい気持ちはあるけど」としながらも「投げてくれといわれたところで投げる」と気合を入れた。

     矢野監督は「順調に来ているという話なので、いろいろ期待しています」と目を細めた。藤浪の新型コロナウイルス感染などにより、戦力が心配されたが、整いつつある。タクトを振るう日が、待ち遠しい。(大石豊佳)







    2018金本「西岡はジョーカー」 2020矢野「ガルシアはジョーカー」 pic.twitter.com/5PAzpVRack


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神オネルキ・ガルシア投手(30)が、先輩助っ人との絆をSNSに発信した。21日に自身のインスタグラムで、昨年までチームメートだった元守護神のドリスとのツーショットを投稿。26日、鳴尾浜で自主練習後に球団広報を通じて「ドリスは良き友人。たまに連絡を取っているよ。世界がコロナで大変な状態なので大丈夫なのか心配で連絡しました。お互いに無事なことを知らせるためにも写真をアップしたよ」と、投稿の意図を明かした。

    ガルシアは、昨季終盤に先発からリリーフに配置転換。当時、ドリスから中継ぎの調整法についてアドバイスを受けたこともある。そのおかげか、CS進出のかかった終盤には「第2先発」として自身3連勝。同じユニホームを着たのは1年だけだが、親交を深めた。

    春季キャンプ序盤に左肩のコンディション不良で別メニュー調整。今季はいまだ実戦登板はないが「状態は悪くないよ。自主トレも始まったばかりなので、焦らずに調整しています。ブルペンでの投球も始めて、感触もいいよ」と手応えを語った。開幕が白紙となったことで、先発争いに巻き返しの時間は十分にある。

    26日はキャッチボールやウエートトレーニングなどで約3時間、汗を流した。「明確な開幕日は決まっていませんが、プロ野球選手として今、できることに集中して準備しているよ。皆さんを野球で笑顔にすることができるように頑張ります」と意気込んだ。【只松憲】




    元同僚との絆は不変です。 阪神ガルシア、元守護神ドリスに「心配で連絡した」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202004260000426.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsさんから


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神オネルキ・ガルシア投手(30)が13日、SNS上で「熱男リレー」に参加して新型コロナウイルス感染防止を呼びかけた。

    ソフトバンク松田宣が9日にSNS上で始めた自身のパフォーマンス動画をつないでいく「♯熱男リレー」。チームメートの糸井から指名を受けた助っ人左腕は、さっそくインスタグラムを更新した。黄色のウル虎の夏限定ユニホーム姿で登場すると「サイコー! 阪神タイガースのオネルキ・ガルシアだけど、お願いします」と、日本語であいさつ。続けて手洗いのジェスチャーを交えながら「みなさん、家にいましょう。外は危険です。もし、出かけるのなら口をしっかり覆って、しっかり手洗いをしてください」と、スペイン語で呼びかけた。

    最後はお気に入りのボルトポーズで「アツオ~!」を披露。「次は、あなたです」と、チームメートから岩貞、マルテ、スアレス、古巣中日から又吉、小笠原の5人を指名した。






    ガルシアの熱男wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww https://t.co/hM87uoITTs



    阪神 ガルシア、ボルトポーズで「3150~熱男!」 新型コロナの注意喚起「外は危険」 (Full-Count) 次は誰かな??  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-00749181-fullcount-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     左肩コンディション不良で2軍調整中で阪神のオネルキ・ガルシア投手(30)が18日、鳴尾浜でシート打撃登板に臨んだ。打者10人に計40球を投じ、安打性は1本。今年初めて打者相手に投じた左腕が、順調な回復振りを見せた。

     最速143キロを計測した直球に加え、スライダーやツーシームをコースに集め、打者を抑え込んだ。この日、5三振を奪ったが、うち3三振は直球で奪った。(同球で遠藤、藤谷を直球で見逃し三振、小野寺を空振り三振)

     藤谷にスライダーで死球を与える場面もあったが、ほとんど制球にもばらつきがなく、本来の姿に近づいている。シーズン中のローテ入りを期待される左腕が一歩前進した。




    及川投手の後はガルシア投手がシート打撃に登板しました!! pic.twitter.com/VmHgiQhL51


    続きを読む