とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    オールスター

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    <マイナビオールスター2019:全セ11-3全パ>◇第2戦◇13日◇甲子園

    球宴初出場で初登板した阪神青柳晃洋投手(25)が、日刊スポーツのインタビュー第2回で前半戦を振り返る。開幕から先発ローテーションを守り、ここまでキャリアハイの5勝。矢野監督や先輩の西の助言を胸に刻み、後半戦もローテーションを守る。【取材・構成=磯綾乃】

       ◇   ◇   ◇

    14試合に登板し5勝5敗。収穫も課題もあった。

    「数字としては5勝出来て、僕の中では良く出来てるかなとは思っているんですけど。やっぱり後半ちょっと落ちてきたなという部分がある。初めてのローテーションで難しいところがあるなと思います」

    直近3試合は5回持たず降板と悔しい投球が続く。

    「コンディションだったり、対策されたりというのはいろいろある。ずっと同じようにやっていても勝てるわけじゃないんだなというのは、痛感させられました」

    交流戦前までゴロアウト率は両リーグトップ。「ゴロ」への意識を強くするきっかけがあった。

    「去年ファームで、矢野監督に『ちゃんと自分のピッチングスタイルというのを考えてやりなさい』というのを言われた。ゴロアウトを目指していったら、抜けてヒットになっても、今度はゴロでゲッツーになったりも出来た。そんなにいっぱい三振を取れるピッチャーでもない。自分のスタイルという形で、教えてもらいましたね」

    初めて開幕からローテを守る今季、オリックスからFA移籍した西も頼れる存在になっている。

    「3つ上なので、ある程度年が近いので聞きやすいですし、西さんからしゃべってくれることも多い。練習メニューはほとんど決まってるんですけど、体が元気な前半は決められた本数より多く走ればいいし、体が疲れてきたら少なくてもいいんじゃないか、とか。自分の体は自分しか分からないんだから、疲れている時に追い込んでいてもいい結果は出ないぞ、と」

    練習では一緒にキャッチボールを行うことも多い。

    「キャッチボールも、投げた次の日にそんなに強いキャッチボールいらないんじゃない? と。調整の中で今日は休む日って決めたら、それこそキャッチボールをしなくてもいい日を作ってもいいんだから、と。年が近くて実績がある人。素直に話も入ってきますし、いろいろ本当に教えてくれる。ロッカーも隣ですし、軽い感じでそういう話になったりとかもします」

    オールスター開幕前には、こう意気込んでいた。

    「楽しくやりたいというのは一番ですけど、何かつかめればいいかな、と。最近結果が出ていない、ここ3試合良くないので。これを機に何かつかめればいいかなというのもありますし、投げるその中で、いろいろ試したいことも試せればいいなと思いますし、その結果三振だったり取れたらいいなと思いますね」

    大舞台で奪三振とはならなかったが、この経験をリーグ戦で上昇のきっかけにする。(おわり)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-07131014-nksports-base



    阪神 青柳 確立した投球スタイル、球宴登板機に上昇へ (日刊スポーツ) 後半に繋げてくれーっ!👍⤴︎  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-07131014-nksports-base 



    『初出場の阪神・青柳は他球団選手との交流を聞くと「山田さんに“次はセーフティーバントするからな”と言われました。絶対にやめてください!と言いましたけど」と苦笑い。フィールディングが苦手なだけに、ヤクルトの主砲の宣戦布告に戦々恐々でした』 こら哲人www  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/07/14/kiji/20190714s00001173131000c.html 



    追加・青柳投手 2イニング1被安打無失点。 阪神の出場選手が全員活躍しました。



    阪神・青柳、夢舞台満喫 上手投げで144キロ「やってみようかなと」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/07/14/kiji/20190714s00001173070000c.html  試合前の室内練習場では同じ下手投げのソフトバンク・高橋礼と30分に渡る“変則トーク”を繰り広げたことも明かし、「同じと思っていたけど、感覚が違った」と収穫を強調


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「マイナビオールスターゲーム・第2戦、全セ11-3全パ」(13日、甲子園球場)

     来日1年目での球宴出場となった阪神のピアース・ジョンソン投手(28)が、デイリースポーツに手記を寄せた。八回から登板。最速152キロの直球とパワーカーブを駆使し、1回1安打無失点に抑えた。夢舞台に立てたことへの感謝を示すとともに、少年時代に見たMLBオールスターの思い出、阪神入団へのきっかけともなった甲子園球場への思い入れなどを語った。プロ人生初の球宴に臨んだジョンソン。「何と言えば分からないくらい最高だった」と、興奮冷めやらぬ様子で振り返った。

      ◇    ◇

     まずは、この場を借りて投票してくれたファンの皆さんに感謝したい。僕にとってはキャリアで初めてのオールスター。選出してもらったことは、この上なく光栄に思うし、家族も喜んでくれたよ。

     今回、選ばれたことで21年前の記憶がよみがえったんだ…。98年、お父さんに地元のコロラドで行われたMLBのオールスターに連れて行ってもらった。メジャーの強打者がホームランダービーで描いた弾道、目の前で躍動するスーパースター。幼い僕にとっては刺激的な時間だった。

     とにかくオールスターというのは、どのスポーツでもそうだけど、そう簡単に選ばれるものではないからね。プレーヤーとして初めて参加した2日間は、夢のような時間だったよ。

     今回、甲子園で開催されることがすごくうれしかったんだ。少し大げさに聞こえるかもしれないけど、入団に際して阪神タイガースを選んだ理由の一つは、この甲子園球場でもあるんだ。これだけ歴史があって、みんなが特別視する神聖な場所。それがオールスターの舞台になるのは、より特別な感じがしたんだ。

     結果は1回無失点。やっぱり甲子園で投げられたことは光栄だったよ。僕がメジャーでプレーしたのは2017、18年の2シーズン。マイナーで過ごす時間が長かった。マイナーでは朝起きて動くことが多い。それが一番苦労したかな…。メジャーのようにナイター、ナイターではないから、そこが一番難しかった。

     18年にはジャイアンツで37試合に登板した。その年のオフ、阪神タイガースから声を掛けてもらったんだけど、日本でのチャレンジを決断した決定的な理由は、全く違う舞台で多くのことを経験して勉強したいと思ったから。そこが大きかったし、新たなチャンスをうかがっていたからね。日本でプレーした後にアメリカに帰ろうとか、そこまで考えていたわけではない。日本で成功を収めたいと思って来日したよ。

     日本での1年目、これまで自分がやってきたことは正しかったと思う。しっかり準備して、体のケアも含めていいパフォーマンスができた。投球の軸になっているパワーカーブは、高校時代のコーチに教えてもらったんだ。アメリカでリリーフをやっていた時から今ぐらいの頻度で投げていた。一番自信のある球なので通用はしていたかな。パワーカーブがあるから今の自分があると思うよ。

     でも、結果を残せているのは、守備で助けられたことが大きい。特に梅野捕手がリードで引っ張ってくれたし、配球も含めて助けてくれている。やっぱり梅野捕手の存在はむちゃくちゃ大きいよ。

     阪神ファンにはどんな時でも熱い声援を送ってもらっている。感謝の気持ちしかないよ。これから後半戦が始まるけど、ファンのためにいい試合ができるように全力を出し切って毎試合、勝てるように頑張るよ。(阪神タイガース投手)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000033-dal-base



    愛するぴーじぇー(´•ω•̥`) 阪神・ジョンソン、堂々1回0封デビュー「夢のような時間だった」 独占手記(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000033-dal-base 



    今回のオールスターゲームは阪神の為にあった感じがする… 😅 阪神ジョンソン無失点「楽しめた」守護神談議にも花 #SmartNews  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201907130001244.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1



    最高に楽しい2日間でした! 皆さんに選んでいただいて本当に感謝してます。 後半戦も頑張るぞ! 試合後に記念撮影! pic.twitter.com/pI8ARxdhP4



    @fumihit94 お疲れ様でした!! 後半戦の活躍も期待してます! 原口選手あっての阪神タイガース!みんなで優勝目指して頑張ってください!ファンの僕達も応援を頑張ります!



    @fumihit94 活躍、とてもうれしかったです😭 後半戦も、頑張って下さい😁



    @fumihit94 原口さんお疲れ様でした✨ 2日間とも最高にかっこよかったです😭♡ 家から全力で応援してました😭♡ この勢いで後半戦も活躍してくださるのを楽しみにしています🤤♡ 本当に原口さんのファンで良かった😭♡



    @fumihit94 感動をありがとうございます! 後半戦も頑張ってください!!!



    @fumihit94 お疲れ様でした!こんなにオールスターを楽しめたのは久しぶりでした!2試合連続ホームランお見事でした! pic.twitter.com/zJxHBtl2DZ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「マイナビオールスターゲーム・第2戦、全セ11-3全パ」(13日、甲子園球場)

     第2戦が甲子園球場で行われ、全セが阪神勢の一発攻勢などで大勝。3年ぶりの白星で連敗を5で止めた。阪神・近本光司外野手(24)が、初回先頭打者本塁打を含む球宴史上2人目のサイクル安打を達成。MVPに選ばれた。二回には原口文仁捕手(27)、梅野隆太郎捕手(28)の2者連続本塁打が飛び出す“虎祭り”となった。

     万雷の拍手が聖地に降り注ぐ。主役は、初の夢舞台で猛虎史上初のサイクル安打を達成した近本。歴史的快挙を目の当たりにしたセ・パ両リーグのファンが快挙に胸を打たれ、うねりのような大歓声を響かせて聖地を包み込んだ。

     「うれしいというか、(ファンの方に)楽しんでもらえてよかった」

     記録尽くしとなった第2戦。期待に応えようと、懸命なプレーが最高の形に結び付いた。まずは初回。1ストライクから山岡が投じた2球目の直球を完璧に捉えた。打球は左中間席へと消える球団史上初の先頭打者アーチ。会心の一撃が“近本劇場”の幕開けを告げた。

     二回に右翼線を破る二塁打、三回に右前打を放ち、早々と偉業にリーチをかけた。期待が高まる五回にはあと一歩及ばずの左中間への二塁打。迎えた七回の第5打席、再びのチャンスにスタンドのボルテージは最高潮に達した。高橋礼の直球を捉えた鋭い打球が左翼・吉田正の頭上を越え、フェンスに到達。一気に二塁を蹴り、三塁を陥れた。

     人生初のサイクル安打は1992年のヤクルト・古田以来、球宴史上2人目の快挙。5安打は2001年のヤクルト・ペタジーニに並ぶタイ記録だ。地元・淡路島から応援に駆けつけた両親や親戚へ最高のプレゼントを届けた。「一番いい恩返しができた。ここまで支えてくれたので。(記念球は)親に渡します」とほほ笑んだ。

     スタンドで見届けた父・恵照さんも「全部ウソみたい。夢のよう」と息子の輝く姿に声を震わせる。母・美晴さんも「社会人だった1年前では、考えられない感じです。皆さんの応援のおかげでここまでやってこられている。一流選手から得たものを生かして、これからも長く活躍してほしい」と目を潤ませた。

     ファンを魅了し、球史に名を刻んだ2時間45分。「めちゃくちゃ楽しかった。いろんな人に話を聞いて勉強にもなりましたし。100点じゃないですか」と近本。次世代の猛虎を支えていく選手へと成長していく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000023-dal-base



    写真デイリーさん。 神がかりMVP! 先頭弾&サイクル&5安打! まさに“アメ“ージング甲子園🏟✨ 球宴史上2人目のサイクル安打を達成。 球宴2試合目の主役の座を独占やね😁✨ 驚異的すぎますぜ、快足ルーキー😁✨ MVPおめでとう㊗️🎉🐯 pic.twitter.com/gAdngAvf1D



    @taka_dw おはようございます😃 夢の球宴、本当に、夢のような時間でした☺️ 甲子園で、こんなオールスターが見れるなんて、テレビ観戦でしたが(笑) 後半戦への期待が膨らみます🙏



    【ブレないデイリー】今日の一面 近本、神がかりMVP 先頭弾、サイクル、5安打 “アメ”ージング甲子園 記事はコチラ→ https://www.daily.co.jp/tigers/2019/07/14/0012513323.shtml  #タイガース #阪神 pic.twitter.com/pTgkd4lmOx



    14日付西部版1面です。 阪神のドラフト1位近本光司外野手(24)が、甲子園で開催された「マイナビオールスター2019」第2戦で、新人ではともに史上初となる初回先頭打者本塁打とサイクル安打を達成しMVPに選ばれた! ソフトバンク高橋礼が打たれ、松田が送球捕れず… 球宴盛り上げたろうもん! pic.twitter.com/7LAT7yGe3m


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「マイナビオールスターゲーム・第2戦、全セ11-3全パ」(13日、甲子園球場)

     球宴第2戦が甲子園球場で行われ、大腸がんの手術から復帰した阪神の原口文仁捕手(27)が「7番・指名打者」で先発出場。第1戦での代打2ランに続き、2試合連発となるソロ本塁打を放った。2-0の二回先頭で左翼席へ運び、虎の本拠地甲子園は大歓声に包まれた。

     過ぎていく時間をかみしめるように、試合後の原口は言葉を紡いだ。「野球を始めた時のような、原点に戻れたような2日間でした」。代打本塁打から一夜明け、迎えた第2戦。本拠地・甲子園でまたもや原口がファンに感動を与えた。

     降りしきる雨を切り裂く強烈な打球に、満員のスタンドがどよめいた。「まさか打てると思っていなかった。打球が飛んだ瞬間、入ると思いました」。先頭で迎えた二回の第1打席。西武・高橋光の5球目、146キロの直球を仕留めた。左翼へのソロで、球宴2試合連発を達成。阪神選手では03年アリアス以来4人目の快挙だ。

     ヘルメットを雨でびしょぬれにしながらダイヤモンドを一周。スタンドから注がれる拍手が胸に染みる。「つくづく運がいいなと思っています」。野球の神様に愛された男が、夢舞台でまばゆい輝きを放った。

     一流選手が集う空間、他球団のファンも声援を送ってくれる環境に、大腸がんから復活を目指した日々がよみがえる。「たくさんの方にファンレターやメッセージを頂いた。(歓声も)僕の耳に入ってくるぐらい聞こえていた」。結果を出さなければならない使命があった。

     帝京高の1学年後輩にあたるDeNA・山崎も、原口の歩みに心を打たれた一人だ。前夜、東京ドームの浴場で一緒になり「高校以来だね」と先輩から声をかけられたという。「苦労した姿は知っていたので。そういう中で打って、一目置かれる存在だなと思いました」と山崎。折れない心と野球への情熱があるから、後輩に慕われ、周囲を感動の渦に巻き込める。

     試合後の表彰式では「マイナビ賞」と「Twitter賞」を受賞。前日の敢闘賞と合わせ、計300万円を獲得。使い道は1歳になった愛娘のミルク代などにあて「これから大きくなるのでたくさん買ってあげたい」と、父親としての顔ものぞかせた。

     大病を患いながらも、まるでドラマのような復活劇。「たくさんの人にたくさんのことを感じてもらいたい」。夢舞台で培った経験を糧に、後半戦へ挑む。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000022-dal-base



    原口さんも2戦連発❗ 虎の伝説弾((o(^∇^)o)) #デイリースポーツ pic.twitter.com/ErmnXgt9Df



    ここに立つ為に 鍛え抜いた日々よ 原口のすべて 魅せろ 奮わせろ♬ これ作った人天才🙌 感動をありがとう😊 伝説弾、原口2戦連発 掛布、バース、アリアスに続く虎4人目 聖地の宴、最高潮/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/07/14/0012513321.shtml  # @Daily_Onlineより



    伝説弾、原口君2戦連発! 掛布、バース、アリアス選手に続く虎4人目の球宴2試合連続弾でした。 降りしきる雨を切り裂く強烈な打球にスタンドがどよめいた!(デイリーさん) 大病を乗り越えてのまるでドラマのような復活劇。 魅せる男原口君。 素晴らしかったです✨😁 pic.twitter.com/KdztSBPusZ



    マジで夢と感動だよ それに涙もだよ! 阪神原口、「夢と感動を届けた」マイナビ賞に輝く 2戦連発で賞金100万円獲得  https://gunosy.com/articles/aLnSf?s=t  #つば九郎 #ヤクルト #プロスピA #NPB #拡散希望 #swallows #オールスター


    続きを読む

    このページのトップヘ