とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ガルシア

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1



    今日は投手戦やな ガルシアええやん



    何この投手戦・・ガルシアも枠争いで火がついてる🤣❔



    マルテといいガルシアといい、ソラーテ獲得話からちょっと危機感感じてんのか結構活きがいいな



    ガルシア投球内容いいしテンポもいいのに味方打線がリズムに乗っていきませんがな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
      「DeNA0-7阪神」(26日、横浜スタジアム)

     阪神オネルキ・ガルシア投手が4安打完封、6奪三振の好投で移籍後初勝利を飾った。

     立ち上がりからベース盤を広く使い、DeNA打線に的を絞らせず。散発4安打、終盤の3イニングはひとりの走者も許さず、117球を投げきった。左腕は「本当にうれしい。満足している」とうなずき、投球内容については「コントロールが良かった。真っすぐが走っていたし、スライダーもシンカーも良かった」と振り返った。

     昨季は中日で13勝。今季はローテーションの柱として期待されながら、開幕から3戦連続7失点KOで再調整。4月16日のヤクルト戦(松山)以来の1軍マウンドで、待望の移籍後初勝利を手にした。

     打線の援護にも恵まれ、「野手の方々がたくさん打ってくれて、守備も助けられ、本当に感謝している」とガルシア。虎党の大歓声に「ありがとうございました。今日は暑かったが、応援も熱かった。また応援に来てまた自分を勝たせてください」と、笑顔を浮かべた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00000100-dal-base



    ガルシア投手、完封よりも9回で四死球が1なのがグッド! 四死球ほど失点に繋がるものは無いからね… #hanshin #ガルシア



    ガルシア完封\(^o^)/ 防御率が9点台まで下がりました?(・_・;?



    ガルシア完封で防御率10点くらい下がってて草


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     「ウエスタン、中日-阪神」(29日、ナゴヤ球場)

     先発した阪神のオネルキ・ガルシア投手(29)が4回2安打無失点とマウンドで躍動した。53球の省エネ投球を披露した左腕は「感触はすごい良かったかなと思いますし、力強さもある投球だったと思います」と笑みをこぼした。

     圧巻だったのは二回だ。アルモンテを高め直球で空振り三振に取ると、続く近藤を2球で中飛に。最後の打者・石垣にはチェンジアップで空振り三振に斬り、わずか10球で三者凡退に斬った。

     当初、三回までの登板が予定されていたが、回を終えて40球だったことからガルシアは監督、コーチに「もう1回いかせてください」と直訴。四回も投げ、無失点投球を刻んだ。

     16日・ヤクルト戦(松山)で先発した以来となったマウンドを終えた左腕の表情には充実感がにじんでいた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000058-dal-base





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    今季先発で3戦連続7失点KOされるなど、成績不振で2軍調整中の阪神オネルキ・ガルシア投手が、29日のウエスタン・リーグ中日戦(ナゴヤ)で実戦復帰する。

    先発を予定しており、1軍再昇格に向けて結果が求められる。また、27日の同戦には馬場、28日には高橋遥が先発する見込み。1軍昇格へ、17年ドラフト1位、2位投手にも期待がかかる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-04251245-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    3試合連続7失点で出場選手登録を抹消された阪神ガルシアが、2軍に合流した。

    キャッチボールなどで汗を流し「上でできなかったことをしっかり受け止めないといけない」と表情を引き締めた。今後は2軍戦に登板し、1軍復帰を目指す。「早く1軍でチームに貢献できるようにやっていきたい」と前を向いた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-04190658-nksports-base

    続きを読む

    このページのトップヘ