とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ガルシア

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「ヤクルト9-5阪神」(16日、坊っちゃんスタジアム)

     阪神がヤクルトに大敗を喫し、カード初戦を落とした。ガルシアが3戦連続7失点のKOで2敗目。初の地方球場登板でも、結果を残すことができなかった。矢野監督は試合後、ガルシアの抹消を決めた。

     九回に中谷が右翼ポール直撃の2号2ランを放ち、最後の粘りを見せたが時すでに遅し。原にこのカード初の完投を許した。

     先制は阪神だった。初回、1死から糸原、糸井、大山の3連打で1点。6試合ぶりの先制点で流れをつかむと、2死からナバーロの右前適時打で2点目。好スタートを切ったかに見えたが、誤算は先発のガルシアだった。

     直後のマウンド。先頭の太田、青木に連打を浴びると、ここから制球が定まらない。山田、バレンティンには連続四球。自滅の形で押し出し四球を与え、1点を失った。さらに雄平の併殺崩れの間に同点を許す。

     西浦は一邪飛に抑えたが、続く村上との対戦だった。1ストライクから2球目、直球が内に甘く入った。右翼フェンスを越える3ランを被弾。マウンド上のガルシアは、ぼう然とスタンドを見つめるしかなかった。

     さらに二回、1死から山田哲に中堅フェンス直撃の三塁打を浴びると、バレンティンの四球後、雄平には一、二塁間を破られた。ここでベンチはたまらず守屋にスイッチ。58球での降板となった。

     ガルシアは初登板となった2日の巨人戦(東京ドーム)で4回7失点KO。続く9日のDeNA戦(甲子園)でも、4回7失点で降板していた。結果的に来日最短となる1回1/3を7安打7失点で、3度の登板はいずれも7失点KO。防御率19・29と散々な内容。矢野監督は「良くなりそうな兆しがない。(本人が)責任を感じているし、リフレッシュして戻ってきてもらいたい」と抹消を決めた理由を説明した。

     打線も二回以降、ヤクルトの先発・原を攻めあぐねた。開幕から16試合目にして早くも10敗目。2015年以来4年ぶりで、首位・ヤクルトとは5ゲーム差、借金は4と膨らんだ。週頭の火曜日から5投手をつぎ込むなど苦しい内容。17日からは場所を東京に移し、ヤクルトと残り2試合を戦う。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000138-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    <ヤクルト-阪神>◇16日◇松山

    悪夢の「777」だ! 阪神オネルキ・ガルシア投手(29)が先発では来日最短の1回1/3を投げ7安打7失点で降板した。

    初回から7番村上に右越え3ランを浴びるなど5失点。2回もヤクルト打線の勢いを止められなかった。阪神移籍後初登板となった4月2日巨人戦では4回7失点KO。前回登板の9日DeNA戦でも、5回途中7失点でマウンドを降りた。これで3戦連続の7失点。皮肉にも背番号は「77」。昨季は中日でチームトップの13勝を挙げた左腕が、開幕から未勝利で2軍降格の危機に立たされた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-04160776-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     ◇セ・リーグ ヤクルト―阪神(2019年4月16日 松山)

     松山でのヤクルト戦は5連勝中と好相性を誇る阪神が初回に4番・大山と6番・ナバーロの適時打で2点を先制したが、先発マウンドに上がったガルシアが大誤算だった。

     初回に太田と青木に連打を許すと、山田とバレンティンには連続四球。押し出しで1点を献上してしまった。続く雄平の遊ゴロの間に1点を失うと、さらに続く2死一、三塁のピンチで村上に右翼席へ3ランを被弾。いきなり5点を失った。

     2日の巨人戦で4回7失点、9日のDeNA戦も4回7失点と精彩を欠いた左腕。「自分の投球しかコントロールできない。余計なことは何も考えないで、楽しんで自分のピッチングをすることだと思う」と決意を示していたが、気合は空転したのか…。2回にも1点を失い、2回途中7安打7失点で降板した。背水の陣で3度目の先発マウンドに上がったが、またしても首脳陣の期待に応えることはできなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000148-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     16日のヤクルト戦に先陣する阪神のオネルキ・ガルシア投手(29)が、3度目の正直によるタテジマ初勝利に意欲を示した。

     「チームの勝利のためにやってきた。火曜日に結果が出せれば。しっかり前でボールを投げることなどコーチにいろんなアドバイスをもらってきた。それを活用しながら自分のピッチングがしたい」

     2日の巨人戦で4回7失点、9日のDeNA戦も4回7失点…。目下2試合登板0勝1敗、防御率14・63。正念場となる3度目の先発マウンドへ向け、中6日の登板間隔をフル活用してリリースポイントの修正などに取り組んできた。あとは結果を残すのみだ。

     「自分の投球しかコントロールできない。余計なことは何も考えないで、楽しんで自分のピッチングをすることだと思う」

     青木、山田哲、バレンティンらが並ぶ強力打線と対峙(たいじ)するが、余念はない。昨季ヤクルト戦は2勝1敗、防御率2・08。山田哲、バレンティンも、ともに対戦打率・200以下に抑えており、苦手意識もない。

     先発陣の柱の一角として期待する矢野監督は「この2回は、らしくないのが続いてる。練習もよくするしマジメ。だから西じゃないけど、もっとエンジョイしようよって。相手や自分の状態もあるけど、そういう形でやっていくのがいいんじゃないかという話はしている」と、背中を押したことを明かした。3戦連続で精彩を欠けばローテ脱落の可能性もあるが、金村投手コーチは「まあ、そうですね…」と言葉を濁しつつ、「でもそんなことは考えず、結果を出してくれることを信じて送り出すだけです」と言葉に力を込めた。

     肌寒いであろうナイターで坊っちゃんスタジアムのマウンドに臨む左腕。「寒いと思うが、メンタル的にマイナスになるんじゃなく抑えることに集中して投げたい」と“ヤク払い”に闘志を燃やした。(惟任 貴信)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000048-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     プロ野球16日の予告先発は次の通り、発表された。

     巨人・山口-広島・ジョンソン(鹿児島)

     ヤクルト・原-阪神・ガルシア(松山)

     中日・大野雄-DeNA・上茶谷(ナゴヤドーム)

     楽天・辛島-西武・ニール(楽天生命パーク)

     ロッテ・涌井-ソフトバンク・東浜(ZOZOマリン)

     オリックス・アルバース-日本ハム・上原(京セラドーム)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000102-dal-base

    続きを読む

    このページのトップヘ