とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    グッチ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神 原口文仁選手 28歳 3/3 誕生日

    ハッピーバースデー


    今日は3/3です。 何の日か知ってますか? そう、グッチこと原口文人の誕生日です!!w 原口誕生日おめでとう🎈 今年はフルで頑張って!!



    今日は原口選手の誕生日だそうですね。おめでとうございます。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「練習試合、阪神9-1楽天」(20日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

     途中出場した阪神・原口文仁捕手(27)が、適時打を含む3安打とバットで魅せた。火花散る正捕手争いの武器になるだけでなく、一塁や代打も含めて起用法を広げるアピール。攻守にチームの重要なピースとして、存在感はますます高まっている。

     「しっかりと練習でやっていることが、3本とも出せたかなと思います」。確かな手応えで振り返る。まずは五回、2死満塁の好機で代打に立った。釜田に対して1-1から3球目。内角の144キロに対して、少しステップを開くように対応。右翼線を襲う適時打で追加点を奪った。

     七回はブセニッツ、九回には宋家豪からも中前打と、タイプの違う3投手を攻略した。オフから取り組む新打法。飛距離アップなどを狙い、試行錯誤を繰り返す。「なかなか難しくて。昨年までにプラスアルファしながら、やっている最中なので」。大腸がんの手術から復帰し、野球で悩める日々に充実感が漂う。

     16日の楽天戦(宜野座)でも、九回にサヨナラ打となる適時二塁打を放った。勝負強さも健在。開幕まで残り1カ月を切り、上々の仕上がり具合を見せている。「毎日ポンポン打てるわけじゃないですけど、自分の求めているものを出せるように。練習をしっかりやっていきたい」。真っ黒に日焼けした顔を引き締め、定位置獲りへ継続アピールを誓う。




    やっぱ原口あれ新打法やったんか


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・原口が11日、東京都内のホテルで行われた「帝京高校野球部創部70周年と前田三夫監督の古希を祝う会」に参加した。

     現役時代の思い出について問われると、「よく怒られました」と笑顔。大腸がんと戦い、復活した昨年は同監督から定期的に電話でエールをもらっていたといい、「まだまだすごく元気なので、甲子園で采配しているところを何回でも見たいですね」と逆にエールを送った。会では、参加していた日本ハム・松本らと壇上に上がる場面があり、「もっともっと活躍して帝京をPRできるように」と誓っていた。




    高校野球界数多の名監督が存在するけど、個人的に一番の監督は帝京前田監督。残した実績より人間としての奥深さとしてね。 阪神 原口 帝京・前田監督の古希を祝う会に出席 「甲子園での采配が見たい」(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000198-spnannex-base 



    帝京、創部70周年にヤクルト・清水や阪神・原口らが出席  https://ift.tt/2sYDXCB 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    #リアル野球BAN 原口文仁のリアル野球BANデビュー 三塁打! pic.twitter.com/DfZE3Ob0nE



    🐯原口、やった❗️ww🤣 #阪神タイガース #原口文仁 リアル野球BAN https://t.co/sORaEgXrAc



    @yakyuragu 山田普通に打つでしょって言うのなんか嬉しい笑



    @yakyuragu 流石、東武東上線沿い出身。



    @yakyuragu 流石、板橋区帝京高校。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神・原口文仁捕手(27)が、母校の埼玉・寄居町立城南中学校で道徳の“教科書”となっていたことが26日、分かった。大腸がんを乗り越え復帰する姿が、同科目の内容項目とされる「希望と勇気、克己と強い意志」に合致するとみなされ、関根光男校長(58)が「こんな身近で、こんなに訴えるものはない」と企画。原口を扱った教材の冊子が作られ、全校生徒に対し授業が行われた。

     「希望、強い意志」がユニホームを着てプレーしているような男。原口の歩んだ道のりが、ついに“教科書”になった。大腸がんからの劇的復帰が母校の中学校で道徳の教材としてまとめられ、授業に取り上げられた。

     「頑張っていることがね、そうやって多くの人に、何かを起こす原動力になれたなら、それはありがたいことだし。まだまだこれからですよ!」

     原口センパイはそう言って、さらに力強く前を向いた。今後も人生で多くの困難にぶつかるであろう後輩たちに、どんな困難にも負けない不屈の魂が、最高の“教本”として示された形だ。

     原口が今オフ、講演で母校の寄居町立城南中学校を訪れることが決まったタイミングで、同校の関根光男校長が思い立った。道徳で学ばなくてはならないとされる内容項目の一つ「希望と勇気、克己と強い意志」が、まさに原口と合致。同校長は「この学校で過ごした先輩なので、こんな身近でこんなに訴えるものはない」と教材としての採用を決め、道徳主任の木村洋介教諭(28)に資料の作成を依頼した。そして、6月4日のロッテ戦(ZOZOマリン)での復帰初打席での安打シーンから始まる、用紙3枚にわたるテキストが完成した。

     全校生徒156人を対象に、すでに読み聞かせなど授業が行われたという。埼玉県では他にも「渋沢栄一であったり、郷土教材というものが作られている」と木村教諭は語る。渋沢栄一といえば“新1万円札の顔”。特例とはいえ原口も教科書の中の偉人になった。

     子供たちも「自分の母校に偉大な人がいる」、「意志の強さで大腸がんを乗り越えてプロに復帰したというところがすごい」など、それぞれが原口の雄姿を胸に刻んだという。後輩たちに背中を見せながら、原口はまだまだ、歩みを止めない。




    その生き様が人々の心を打つんだよね。気負うことなく、ありのままの原口くんでいてください 阪神 原口 母校の「道徳教材」に「多くの人の何かを起こす原動力になれたらありがたい」(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000014-spnannex-base 



    阪神・原口、道徳の教科書になっていた「何かを起こす原動力になれたなら」 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20191227/tig19122705020001-n1.html  @sanspocomより 凄い😳 なんと原口君が道徳の教科書に。 それだけたくさんの人に感動と勇気を与えたというのが改めて分かります☺️


    続きを読む