とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ゲンダイ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「クビにされた前監督は、おもろうないやろ」

     古参OBの感想はもっともだろう。

     7日、今季初の甲子園ゲームが雨天中止になった最下位阪神。不振のボーアに当たりが出てくるなど明るい材料もあるが、前監督は今のチームをどう見ているだろうか。

     金本前監督は就任時、「勝ちながら育てる」と意気込み、大型補強に頼らない若手育成を目指した。しかし、「金本チルドレン」と呼ばれた陽川、大山、北條は期待されたほどは伸びず、2017年に20本塁打の中谷は、一、二軍を行ったり来たりだ。

    ■真逆の方針

     前出のOBが言う。

    「18年に最下位の責任を取る形で辞任した金本監督は、フロントにクビにされたのが真実。ロサリオの不振は確かに誤算ではあったが、フロントが育成方針を変えて野手の大型補強をしていれば結果は違っていたかもしれない。今のチームは6月27日から、マルテ、ボーア、サンズの助っ人3人を4、5、6番に置き、昨季143試合に出場した4番大山は開幕から控えに回っている。大山といえば、金本監督が16年のドラフトで単独指名した秘蔵っ子です。その大山をスタメンで使わず、助っ人を3人も並べている。自分の頃とは真逆のことをやって、しかも最下位にいるわけですから、おもしろいはずがない」

     その大山は4日の広島戦で、ふくらはぎを痛めたマルテの代わりに途中出場し、本塁打を含む2安打をマーク。翌5日は4番・三塁でスタメン出場し、4打数2安打3打点。五回には左翼席へ2ランを放った。

    「この活躍で矢野監督と井上コーチは大山をスタメンで使う気になっているらしいが、マルテが万全な状態に戻り、大山の当たりが止まれば、すぐに助っ人野手3人の打線に戻すでしょう。今の矢野監督は育成より、目の前の勝利が何より欲しい。だが、『そんなチームなら誰が監督やっても同じやろ!』と金本は怒っているのではないか」(前出のOB)

     やっぱり阪神は阪神だ。




    阪神は“金本秘蔵っ子”軽視 助っ人頼みで最下位の体たらく…前監督はきっと怒っている!(日刊ゲンダイDIGITAL) #Yahooニュース 金本自身がチャンスをものにできなければ補強に走ると明言してましたけどねぇ。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200708-00000021-nkgendai-base 



    阪神は“金本秘蔵っ子”軽視 助っ人頼みで最下位の体たらく…前監督はきっと怒っている!(日刊ゲンダイDIGITAL) 前監督が手塩にかけた使うと独自性がないと叩き、使わないと前監督が怒ってるとか言いたい放題だな。ラミレス監督はうまいこと融合させた感はある。  https://news.yahoo.co.jp/articles/0f0cdb28ea33166a43febeab9d2940e6f9d46390 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/03(金) 17:48:04.54 ID:v2ozaBAr9
    「やる気のないやつは使わない!」

     複数の阪神OBによると、3―6で敗れた1日の中日戦後、矢野監督が選手全員を招集して緊急ミーティングを開き、こう叱責したという。

     歴史的貧打と投壊に苦しむ阪神は当日、3失策と守乱にも陥った。開幕4カード連続負け越しは1996年以来、開幕11試合で9敗は球団ワースト。

     緊急事態といわんばかりに矢野監督は動いたというのだが、ある阪神OBは「安打が出ただけでガッツポーズをする姿とは打って変わって、ミーティングでは厳しい言葉を並べ立てたといいます。
    『ベテランと助っ人はシーズンを見据えて調整してほしい』と、フォローも入れたそうですが……」と、こう続ける。
    「開幕2週間で監督が緊急ミーティングを開くこと自体、異例のこと。しかも、口角泡を飛ばして選手の尻をたたいたわけです。まだ始まったばかりだし、逆に慌てるなと浮足立つ選手をなだめてしかるべきなのに、先頭に立ってアタフタしている。
    貧すれば鈍するで、これでは求心力も薄れますよ。

     今季は若手もベテランも助っ人も総じて不調。昨季、リーグトップのチーム防御率(3・46)を誇った看板の投手陣が、本来の力を発揮できていないのも事実です。
    ただ、低迷の要因は矢野監督のハンドリングのマズさにもある。稚拙な采配や選手起用が波に乗れないチームの足をさらに引っ張っている。
    それでいて、やる気のないやつは使わないと、一方的に責任を押し付けられる選手はたまらない。チームの士気は下がって当然です」

     やり玉に挙がっているのは矢野監督に限らない。

    「コーチ陣も機能しているとは言い難い」

     とは、別の阪神OBだ。

    「特に清水ヘッドと井上打撃コーチの2人です。ともに、矢野監督が中日での現役時代に同じ釜の飯を食った肝いりの人物。
    清水ヘッドは選手の自主性を重んじたり、黒子に徹しているのかもしれないが、練習や試合で大きな声を出すくらいで、ヘッドコーチらしい言動が見られない。
    選手を叱責する必要があるとすれば、まず動かないといけないのは監督ではなくヘッドコーチですよ。

     打撃に関しては、今季から阪神入りした井上打撃コーチが中心になって、オーダーを組んでいる。最終決定権は矢野監督にあるとはいえ、開幕3戦目でボーアを4番から外したり、捕手を日替わりで起用したり、むしろ低迷に拍車をかけているといっていい。
    『やることはやっている。我慢するしかない』というのは、具体的な打開策を見つけられない、と言っているのと同じです」

     昨秋と今春のキャンプでは中日OBの山本昌氏を臨時コーチに招聘するなど、「今の阪神は、中日タイガースや」と皮肉を言う生え抜きOBもいる。

     矢野監督の求心力が低下する中、親会社や球団からも、その資質を問う声が上がり始めているという。地元の球界関係者が声を潜めてこう明かす。

    「阪神は人一倍、ファンの声を気にする球団。そのファンが何より、矢野采配へ不満を募らせています。矢野監督は3年契約の2年目ですが、前任の金本監督は、新たに3年契約を結んだ2018年に最下位となり、電撃解任された。
    阪神の監督の契約年数はあってないようなもの。開幕直後とはいえ、このままチーム状態が上向かないようなら、電鉄本社や球団上層部が『矢野解任』に舵を切る可能性は十分にあります」

     阪神では96年の藤田平監督以降、途中休養した監督はいないが、歴史的な低迷が続けば、オフを待たずして動くのではないか。前出の関係者が続ける。

    「後任候補として、03年と05年の優勝メンバーで生え抜きOBの赤星憲広氏(解説者)や、今季43歳を迎えた大ベテランの福留孝介らの名前が挙がっているそうです。
    赤星氏は阪神から何度かコーチ就任要請を受けているが、体調面の不安を理由に固辞している。テレビを中心に幅広く活躍しており、復帰へのハードルは高いでしょうが、タテジマのユニホーム姿を望むファンは多い。

     福留には日米で活躍した経験と実績があり、電鉄本社や球団の一部で将来の幹部候補として高く評価されている。
    本人がいつまでユニホームを着続けるかにもよりますが、同じくメジャー経験のあるロッテの井口監督が現役を引退した翌年に監督就任。
    就任3年目の今季、若手育成の成果もあり、パの首位争いを演じていることも追い風になるかもしれません」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6a00108e1698c5ea849eea8eeddde5fbb2e9d412?page=1
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6a00108e1698c5ea849eea8eeddde5fbb2e9d412?page=2
    引用元:日刊ゲンダイDIGITAL

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/03(金) 17:49:13.78 ID:md4FWr2D0
    いっしょや!誰がやっても!

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/03(金) 17:50:19.09 ID:htelAwzN0
    福留が就任したらますます中日色が濃くなりそう

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1593766084/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     Xデーは秒読みに入ったかもしれない。

     6月19日に開幕したプロ野球。コロナ禍の影響により120試合と短いシーズンだけに、1勝の重みも例年以上だ。そんな中、嫌なムードが漂っているのが関西の雄、阪神である。

     30日の中日戦は、散発5安打の完封負け。ここまで2勝8敗の最下位だ。矢野監督(51)の采配に批判が集中し、早くも休養説が浮上している。

    ■継投ミスにボーアの見切り

     迷采配の象徴ともいえるのが、開幕戦の継投だ。六回まで巨人打線を4安打1失点に抑えていた先発西勇を、1点リードの七回に左腕岩崎にスイッチ。これで流れが変わり、岩崎は吉川尚に逆転2ランを浴びた。巨人先発の菅野相手に気迫あふれる投球で打線の援護を待った西の好投をフイにしただけに、「あそこはもう1イニング、オレならそうしていたと言い切れる。継投ミスと言わざるを得ない」と、岡田彰布元監督も週刊ベースボールマガジンのコラムで述べていた。

     結果論とはいえ、「打ちあぐねていた西を代えてくれたことで、ベンチの士気が上がった」(巨人関係者)と、少なくとも相手を喜ばせたのは事実である。

     さらに、年俸2億7250万円で獲得した新助っ人ボーア(32)の扱いにも疑問符がつく。開幕4番に据えた新大砲が2試合無安打となるや、3試合目から6番に降格。26日のDeNA戦では相手が苦手の左腕・今永だったことでスタメンからも外した。

     評論家の高橋善正氏は「試合数が143から120に減ったとはいえ、2試合で見限るのは早過ぎる」と、こう言う。

    「せめて10試合使って結果が出なければ、4番から降格もいいでしょう。来日1年目の助っ人は、ただでさえ見極めが難しい。それをたったの2試合で何がわかるというのか。高額で獲得した助っ人ですらこんな扱いならば、ほとんどの選手は『ちょっと結果が出なければ……』と不安になる。疑問といえば、日替わり捕手もそうです」

     矢野監督は捕手を固定せず、開幕3試合で梅野、原口、坂本の3人がスタメンマスクをかぶった。4試合目からも梅野と原口が日替わりだ。

    「私が現役の頃は『捕手はキャッチングがうまければいい』という時代だったが、今は違う。どの球団もデータに基づいた野球を行っているのに、捕手がコロコロ代わるようでは、投手は戸惑う。データへのアプローチ、配球の傾向は捕手それぞれで違うわけですから。どうも矢野監督の采配は行き当たりばったり。選手の不安が不信に変わる日も近いでしょう」(前出の高橋氏)

    ■問われる統率力

     ベンチワークだけではない。今年3月、藤浪晋太郎(26)、長坂拳弥(26)、伊藤隼太(31)が後援者主催の食事会に出席し、コロナに感染した。チームや球界全体への影響を考えない意識の低さには呆れるばかりだが、彼らの無責任な行動は現場監督の統率力にも問題があると指摘するOBもいる。

    「星野監督時代には藤浪のような選手はいなかった。星野さんの選手管理は徹底しており、インフルエンザが蔓延していた時期は『人が多い映画館にも行くな』と厳命していた。開幕前に関東でオープン戦がなかった時には、初めての関東遠征が開幕後だと、選手がタニマチに連れ回されて困ると激怒した。阪神の監督ならそこまで考えるのは当たり前です。矢野監督はその当時の主力選手。そうした教えを受けているはずだが、ベンチで大ハシャギしているだけでは監督の器ではない。今の状態が続けば、フロントは早期の休養を考えるのではないか」




    采配云々。選手の日頃の行いが他球団より劣っているかも。。。選手よ!?今一度自問自答してほしい。 #阪神タイガース 阪神・矢野監督に「休養説」早くも飛び出す…攻守の采配に批判集中(日刊ゲンダイDIGITAL)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200701-00000023-nkgendai-base 



    阪神矢野監督に早くも飛び出す休養説…攻守の采配に大批判  https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/275351  #日刊ゲンダイDIGITAL 先の話やとは思うけど、替えるなら平田のおっさんにやらしてみてほしい。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/08(土) 15:10:45.87 ID:KO4OZTCfp
    2

    若手のため息が聞こえてきそうだ。

     5年契約を結んでいる阪神の鳥谷敬(37)が5日、現状維持の年俸4億円でサインした。来季が契約最終年になる。

     今季は開幕こそ二塁のスタメンで出場するも、4月に入るとスタメン落ちが目立ち、5月29日のソフトバンク戦(交流戦)では出場機会がなく、連続試合出場が「1939」で途切れた。

     結局、出場121試合、打率.232、22打点、1本塁打。最下位の戦犯でも複数年契約のため、来季も4億円が保障された。

     鳥谷の煽りを食った形なのが、2年目の大山悠輔(23)だ。

     今季は開幕戦で巨人菅野に一発を浴びせ、幸先のいいスタートを切った。

     その後は7月までほとんど戦力にならなかったが、117試合に出場。打率.274、11本塁打、48打点という数字は、いずれも前年を上回り、本塁打と打点は、福留、糸井に次ぐチーム3位の成績。これで500万円の微増(3000万円)はないだろう。

     球団の人件費枠はある程度決まっている。

     昨年の阪神の年俸総額は12球団3位の約32億2600万円(推定=外国人選手含む)。

     昨オフ、韓国で2年連続3割、30本、100打点のロサリオ(29)を3億4000万円プラス出来高で獲得。その影響もあって今年の総額は約36億円(同)まで増えた。

    矢野新監督は金本前監督の「生え抜きの若手育成」方針を継承する。そのためこのオフは、浅村(西武―楽天)や丸(広島―巨人)の獲得を見送った。しかし、3億4000万円をドブに捨てたロサリオに代わる助っ人の獲得にも、億単位のカネが必要になる。
    10年目を迎えるメッセンジャーは単年4億円以上で再契約を結んだ。オリックスでFA権を行使した西勇輝投手(28)の獲得は濃厚といわれ、条件は4年総額18億円とも20億円ともいわれている。
    最下位から優勝を狙うには、若手の奮起が不可欠でも、彼らの尻を叩くだけのカネは残っていないようだ。

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/08(土) 15:11:00.87 ID:KO4OZTCfp
    評論家の高橋善正氏がこう言う。

    「阪神は鳥谷と5年もの長期契約を結んだのが大きな間違い。若手は複数年契約とはわかっていても、働きに見合わないベテランの高年俸は納得できないはずです。
    阪神には福留(41=今季2億2000万円)や4年契約の3年目を迎える糸井(37=同4億円)もいる。この2人はまだ中心選手です。生え抜きの若手を育てるといいながら、現場はそのような状況ではない」

     しかもだ。来季の一塁は新助っ人の大砲が守ることになるはず。内・外野を守れるナバーロも残った。生え抜きの若手は年俸を抑えられるだけでなく、ポジション取りのチャンスも限られる。

    「巨人の岡本和真(22)は高卒4年目の今年、高橋前監督が我慢して使い、やっと開花した。例えば、チャンスで結果を出した若手が『よっしゃー』と勢いづく時に、翌日にベテランに代えられたら気持ちはなえる。阪神の場合、編成にも問題がある」(前出の高橋氏)

     リーグ3連覇の広島を支えてきたのは、田中(29)、菊池(28)、丸(29)、鈴木(24)の生え抜きたち。ソフトバンクは育成上がりの甲斐(26)がマスクをかぶり、
    柳田(30)、中村(29)、今宮(27)も今が旬。西武は本塁打王の山川(27)や2年連続フルイニング出場の源田(25)もまだ若い。

     原監督は復帰1年目からペナントを奪回するため、今オフは大型補強を敢行。若手の出番が減るのは必至だが、阪神は矢野監督になっても若手の職場環境はかなり厳しそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000016-nkgendai-base
    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/08(土) 15:11:46.18 ID:CcR9GgBs0
    ゲンダイの記事ってなんでこんなゲンダイって分かりやすいんや


    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1544249445/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2018/11/11(日) 06:07:03.16 ID:Pnek+jXSp
    「それだけはないやろ」と、声を荒らげたのは阪神OBだ。

    矢野新監督は育成重視を継続することから、今オフのFA市場ではオリックス右腕の西の獲得には動くが、野手については静観の構え。野手の補強は一塁を守れる助っ人大砲に絞っているのだが、一部スポーツ紙などが、
    他球団の自由契約選手の獲得調査に乗り出す可能性について言及。ソフトバンクの摂津(36)、寺原(35)、五十嵐(39)、城所(33)、ヤクルトの成瀬(33)といった30歳過ぎの名前がズラリと挙がっていた。

    前出のOBが言う。

    「得点力不足で最下位に転落したが、育成重視でFA野手の丸や浅村の獲得は見送るというのは理解できる。二軍で指揮を執った矢野監督も生え抜きを育てたいといってるしな。それなら、投手でも野手でもネームバリューがあるからといって
    他球団がクビにした選手に手を出すのは一番やってはいけないこと。そもそも金本監督の続投を前提にフロントは来季の組閣を進めながら、いきなり監督解任だろ。
    ドラフトだって藤原(大阪桐蔭・外野手)や辰己(立命大・外野手)を逃し大失敗に終わった。ソフトバンクや日本ハムのように腰の据わったチーム強化や球団運営、選手育成は無理にしても、考えてることがサッパリわからん」

    ここ10年、どの球団も程度の差はあっても前へ進んでいるのに、阪神だけが逆戻りしているようだ。

    1 (1)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00000018-nkgendai-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1541884023/

    続きを読む