とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    サンテレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神戦の中継などで長年関西の虎党に支持されているサンテレビジョン。現在は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、番組変更を余儀なくされている状況だ。プロ野球の開幕が不透明の中、視聴者のために阪神に特化した番組制作を検討し、試合中継も例年に近い放映数確保を目指す。阪神特化の姿勢は崩さず、進む道を模索していく。

     新型コロナウイルスの感染拡大はテレビ局にも大きな影響を及ぼしている。兵庫県の独立放送局・サンテレビジョンは今季、阪神戦のリレー中継を含む全60試合を放映することが決定していた。しかし、終息の兆しが見えないコロナ禍で、番組を変更せざるを得ない状況となった。

     「雨天中止の時に流される代替番組を用意していますので、切り替えて対応しています。東日本大震災の時も同様の対応をしました」と同局編成局担当者は明かす。現段階では視聴率の大幅な増減はないというが、番組変更は視聴者層の変化にもつながる。同担当者は続けてこう話す。

     「野球中継と代替番組では、やはり視聴率が変わる部分はあります。視聴者の形態も変わってきますので…」

     サンテレビジョンにとって阪神ファンの視聴者は大きなターゲット層だ。長年、阪神に特化した番組制作に努めてきただけに、この難局をどう乗り越えるか検討を続けている。

     具体策として、一つは阪神に関連した番組の放送だ。オフ期間に放送される「熱血!タイガース党」は虎党の間でも知られるが、3月19日の開幕直前特番をもって一時休止中の状況。「同タイトル以外でも、何か視聴者のご期待に応えられるような番組ができないか」と局内では話し合いが進められている。

     さらに挙がったのは中継の放映権確保だ。開幕の先行きが見えない状況だが、予定された全60試合に近い放映数が取れることが理想だ。「ウチの希望だけではなく、全局で話し合いをすることになりそうですが、確保をしたい」を前を向いた。

     「再び野球、スポーツを楽しむことができる日が来ると信じて、開幕に備えて準備をしていきます」-。サンテレビジョン全局員の切なる願いだ。テレビの前で阪神中継、番組放送を楽しみに待つ視聴者のために、全力投球を続けていく。




    » サンテレビ コロナ禍難局も阪神特化崩しまへん 虎応援番組“復活”へ話し合い(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-00000037-dal-base  ここも影響大なんだな…



    サンテレいいねぇーー。期待。でもチーム休止中は、話題がないかも。“サンテレビ コロナ禍難局も阪神特化崩しまへん 虎応援番組“復活”へ話し合い”  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-00000037-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     サンテレビの「熱血!タイガース党」(金曜、後8・00)が14日放送の冒頭で、11日に虚血性心不全のため死去した阪神など4球団で監督を務めた野村克也氏(享年84)を追悼した。

     冒頭、湯浅明彦アナウンサーが野村氏の訃報を伝え、タテジマのユニホームを着た野村氏の懐かしい映像を紹介。「熱血タイガース党」党首を務める元阪急の福本豊氏は、野村氏が阪神監督に就任した99年に1軍外野守備・走塁コーチを務めたこともあり、「僕は外野手だから外野だけで、監督はキャッチャー出身なので全体を見て『やっぱり細かいところを見て研究しているんだなあ』と違いを見せつけられた」と振り返った。

     現役時代は“世界の盗塁王”福本氏とそれに対抗する捕手や監督として数々の勝負を繰り広げた。「グラウンドの砂を軟らかくして、滑るように水をまいて」と福本氏の足を封じてきたことを明かす。「あとはクイックですよ。監督はうるさいくらいにピッチャーに速く、小さいモーションを要求し、それがいつかの間にか『クイック』と名前が付いたんですよ」と当時を思い返した。

     野村氏の功績をたたえ、最後は湯浅アナウンサーが「野球界の発展に多大なる貢献をされた野村克也さんのご冥福をお祈り申し上げます」と追悼した。




    熱血タイガース党でもノムさんの訃報が伝えられた。 結果は伴わなかったけど強くなる礎を築いてたのは間違いなく野村監督やった😶 ありがとう野村さん 合掌 #熱血タイガース党 #野村克也 https://t.co/HWQIfDEDqN

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・能見篤史投手(40)が6日、サンテレビ「熱血!タイガース党」(金曜・後8時)に生出演。これまで打ち取って一番うれしかった相手を「新井さんです」とかつて同僚としてもプレーした元広島・新井貴浩氏の名前を挙げた。

     能見は「新井さんによく打たれていたんで。新井さんの最終打席、僕が打ち取ったので、あの時は僕の総勝ちなので」と説明した。新井氏のプロ最終打席は18年10月3日、マツダスタジアムでの阪神戦。八回無死、代打で登場し、能見がうまくタイミングを外して二ゴロに打ち取った。

     一方で打たれて一番悔しかった相手では「ピッチャーに打たれるとめっちゃ悔しい」と答えた。今季も7月25日のDeNA戦(甲子園)で今永に適時打を浴び、そこから計4失点。2軍降格を味わった。

     阪神投手陣最年長の40歳となったが、今季は救援として51試合に登板。40代での50試合以上登板は岩瀬仁紀氏に続き、史上2人目の快挙となった。「体が動く限りは。あとは球団から言われるまでの予定」とまだまだ現役を続けることに意欲十分。矢野監督から話があったわけではないというが、来季もリリーフとしてマウンドに上がる決意を示した。




    熱血タイガース党で能見さんのワインドアップ見られた✨✨ ああステキ💕しあわせ💕 pic.twitter.com/Uc0SvaQ337



    熱血タイガース党🐯観ました。 今日は能見投手が出てました😊 リクエストがあり、久しぶりにワインドアップからのフォームが見れました😊 このフォーム、めっちゃ好き👍 https://t.co/ucKo5uXTN7



    収穫した能見さんのうち最も表情筋の動いていた能見さん4選を pic.twitter.com/OJQFiaFYn1


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    阪神藤川球児投手がサンテレビ「熱血!タイガース党」に生出演。NPB通算防御率1点台へ「それによってチームの勝利も近づいてくる」とこだわりを語った。

    あと7に迫った名球会入りの条件となる日米通算250セーブにも意欲を示し、番組の「党首」で野球評論家の福本豊氏から「来年も頼むぞ。そして名球会入りやで」と激励された。同番組の出演は05年1月以来で、当時は後にリーグ優勝しており「縁起がいいですね」と笑顔だった。




    熱血!タイガース党に球児さん出てましたね! 1回2軍に落ちてたの忘れるくらい今シーズンも大活躍でしたね! ドリスの話もあったけど、春のキャンプ見に行った時に一緒にタクシー乗って帰るのを見て「仲が良いんやなー」って思ったことを思い出した。 #阪神タイガース



    今日の熱血タイガース党 藤川球児投手の名言 「タイガースファンの為です」



    今日の熱血!タイガース党に球児出てる‼️ #熱血タイガース党 #藤川球児 #福本豊 #武田訓佳 pic.twitter.com/2L6jO4bINV



    わっ、熱血タイガース党 藤川球児やぁ❤️❤️❤️❤️❤️



    『熱血!タイガース党』 球児出演✨👏✨ スーツ姿もバッチリ🤗 pic.twitter.com/ExjqUJi8E7


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

    1



     阪神タイガースの公式戦を試合終了まで中継することで知られる兵庫県のテレビ局・サンテレビが10日付のデイリースポーツ(関西版)のテレビ欄で、阪神-広島(京セラドーム大阪)の生中継をPR。新外国人・ソラーテの名前をはめ込んだダジャレをちりばめ、阪神ファンをうならせる文章で彩った。

     この試合の解説は、阪神元監督で「そら◯◯よ」の口癖で知られる岡田彰布氏。

     テレビ欄は「解説・岡田彰布 実況・木内亮 リポーター・湯浅昭彦」に続いて

     女「ソラーテってすごいの?」

     男「そらいきなりホームランやから期待よ」

     女「空まで届く打球見たい」

     男「そらドームやし無理よ」

     というシャレを交えたトークがつづられた。







    サンテレビのラテ欄の「男」って絶対、どんでん岡田やろ(笑) pic.twitter.com/NGuVMw8NzI



    俺どんでんの解説めっちゃ好きなんだけど、サンテレビは良いな〜 スカイAでも、いっぱい来てくれよ



    @Daily_Online そらそーよ


    続きを読む