とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ジョンソン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     (セ・リーグ、阪神8x-4巨人=延長十二回、9回戦、巨人6勝3敗、29日、甲子園)鉄壁のリリーフ陣でサヨナラへの流れを呼んだ。藤川は絶体絶命のピンチを切り抜け右手を挙げた。

     「なにもいうことはないです」

     無死満塁のチャンスから得点できずに終わった直後の延長十二回。流れをもっていかれそうな展開で、さらに巨人は1番からという好打順。最終回はベテラン右腕に託された。

     だが、先頭の亀井にいきなり四球を与えてしまう。坂本勇は空振り三振に抑えるも丸には再び四球。岡本の中飛で2死一、三塁のピンチ。点を与えれば試合が決まってしまうような緊迫した場面。そんな状況で中島に対し、2球で追い込むと最後は133キロのフォークで空振りを奪い三球三振。相手の流れを断ち切り、高山の代打サヨナラ満塁弾へとつなげた。

     今季は4月7日に一度登録を抹消されるも、1軍復帰後は4月27日の中日戦(ナゴヤドーム)から12試合連続無失点と絶好調。今季3勝目を手にしたベテランがブルペンを支えている。

     九回から盤石の勝ちパターンリレーでスコアボードにゼロを並べていった。九回はドリス。2死から亀井に遊撃への内野安打こそ許したが、坂本勇を左飛に打ち取った。

     十回のマウンドにはジョンソンが上がった。先頭の丸に四球を与えるも後続を断ち無失点。相手の中軸をしっかり抑えると、十一回は前日28日に誕生日を迎え40歳になった能見。下位打線をきっちり3人で締め、40歳となって初ホールドを記録した。

     最後は藤川が締めていい流れを作った。指揮官も「普通にいけば球児もすごく嫌な場面で。これは打たれても仕方ないという流れでいってくれたんでね。頑張ってくれたし。みんなが頑張ってくれたというのはありますけど…」とねぎらった。

     頼りになる安定感抜群のリリーフ陣。これからも勝利を守っていく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000502-sanspo-base



    実った!阪神、必死0封リレー!ドリス→ジョンソン→能見→球児ピンチ切り抜けた(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース これぞ伝説に残る試合(*´ω`*) 令和初の🐯🌈✨ TVで最後まで観たかった。 途中で終わったからなぁ(笑)💦  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000502-sanspo-base 



    後ろが違いすぎるわ ドリス、ジョンソン、能見、球児 負ける気せえへん


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3
     「DeNA2-3阪神」(24日、横浜スタジアム)

     石川のバットが空を切ると、阪神・藤川球児投手(38)は珍しく派手なガッツポーズを見せながら三塁ベンチへ向かった。この試合最大のピンチを切り抜けたのは、百戦錬磨のベテランだった。

     「自分はどこでも任せられたところで」。

     3連投のジョンソンではなく、八回のマウンドに上がった藤川。2死一、二塁のピンチを迎えた。試合の行方が決まる正念場。フルカウントからの7球目、こん身の直球で石川を空振り三振に仕留めた。3連投となったが、4月27日の1軍再昇格後、自身11試合連続の無失点。「(それは)まだまだやめておきましょう」と苦笑しながら、勝利の余韻に浸った。

     6日のヤクルト戦(神宮)から黒のグラブを使用している藤川。「気分転換ですよ。変えた意味は企業秘密」と不敵に笑う。3年前、当時まだ背番号18だった刺しゅうが施されたグラブで、猛虎の生命線を支えている。

     六回から登板した守屋が1回1/3を無安打無失点。「きょうは絶対抑えようという気持ちで」。前回登板した17日の広島戦(甲子園)では1死も取れず無念の降板。悔しさを糧に意地を見せた。後を受けた能見も無失点。「守屋が頑張ってくれた」と後輩を称えた。

     そして“トリ”はドリス。得点圏に走者を許しながら本塁は踏ませず、今季初の4連投を乗り切った。ブルペン陣に焦点が集まる一戦にも「チーム全体で勝った勝利」とナインをねぎらった。

     福原投手コーチは「まだまだシーズンは長いので」と3連投だったジョンソンを温存した起用を説明。PJを使わず接戦で勝利したからこそ1勝の値打ちは高まり、中継ぎ陣の絆は深まる。「とにかく目の前の試合を全力で取りに行くだけ」と球児。鉄壁の中継ぎ陣が、チームの上位進出を支えていく。

    ◆阪神の4連勝は4月28日~5月1日以来、今季2度目。すべて1点差での4連勝は07年9月5~9日(5連勝=球団最長)以来、12年ぶり。この時は10連勝期間中の6連勝目~10連勝目だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-00000026-dal-base



    🐯ジョンソン休ませても... 鉄壁0封リレー! 12年ぶりの1点差4連勝❗️👍 #阪神タイガース #阪神の最強リリーフ陣 デイリーさん pic.twitter.com/OiB5N07Aw4



    シーズン序盤から中継ぎ抑えがフル稼働。これでは夏に息切れ必死。投手陣が頑張って勝ちを拾っている今の間に、打線の奮起を! ジョンソン休ませても鉄壁0封リレー 阪神12年ぶりの1点差4連勝(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-00000026-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     「8回の男」として定着した阪神・ジョンソンは13日、来日中の両親とともに東上。チームの巨人戦今季初勝利に向け、気勢を上げた。

     「巨人はいいチームだし、勝つのは大変だけど、自分たちもいいチームだと信じて戦いたい。しっかり自分の仕事をして勝てるように頑張りたい」

     8日ヤクルト戦で来日初失点したとはいえ、18試合登板で防御率0・49と圧倒的な数字を残す。巨人戦も2試合に登板し2回無失点。直近の登板は10日の中日戦が最後で休養もバッチリだ。2連戦で福原投手コーチも「(先発は)飛ばしてもらいたい」と話しており、通常より早い回からの登板も十分に考えられる。

     両親と久しぶりの再会を果たし気持ち的にもリフレッシュできたはず。異国の地で戦うだけに、車中でも親子水入らずの時間を過ごせた意味は大きい。今後を左右する宿敵との2連戦。愛する家族の前で力の限り腕を振る覚悟はできている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000018-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     ◇セ・リーグ 阪神―ヤクルト(2019年5月8日 神宮)

     まさかの継投ミスだ。阪神は5点リードの8回に4番手で福永がマウンドに上がったが、3連打を許して無死満塁のピンチを広げると18打席連続ノーヒットだった山田哲に右翼越え2点二塁打を打たれて反撃を許した。

     走者を二、三塁に残した場面で16試合の登板で失点ゼロのジョンソンを投入したが雄平に左翼フェンス直撃の二塁打を打たれて1点差まで迫られると、1死三塁から村上の犠飛で同点に追いつかれた。ジョンソンは17試合目の登板で初めて失点を許した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000181-spnannex-base



    継投ミスならまるで首脳陣が悪いみたいやないか 悪いのは福永やぞ



    絶対今日は継投ミスというしかない 勝てる試合をなにやってんだか・・ #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    <阪神2-1DeNA>◇3日◇甲子園

    ▼阪神ジョンソン投手が開幕からの連続試合無失点記録を14とし、阪神の外国人投手最長だった98年リベラの13試合を更新した。

    シーズン初登板からのセ・リーグ最長は、16年田島慎二(中日)31試合。なお今季のジョンソンは、開幕戦にも登板。阪神の遠山奨志は00年に「開幕戦からの20試合連続無失点」というセ・リーグ最長記録を保持しており、ジョンソンはこれにあと6試合とした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-05031256-nksports-base



    阪神ジョンソン14戦連続0封、3連投で最高の仕事  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201905030001178.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp  リベラ超えです。頼もしい助っ人です。


    続きを読む

    このページのトップヘ