とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ジョー・ガンケル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の新外国人、ジョー・ガンケル投手(28)=マーリンズ傘下3A=が5日、沖縄・宜野座キャンプで初めてフリー打撃の打撃投手を務めた。打者5人相手に30球を投じ、安打性の当たり1本に封じた。

     福留、ボーア、サンズと対戦。高い制球力と手元で動くボールを武器に打たせて取る右腕は、この日も30球のうち22球がストライク。低めに丁寧に投げ込んだ。

     投球後には矢野監督らと話し合い。指揮官が笑顔でガンケルの右腕に触れる場面もあった。




    ガンケル、マジでコントロールはやばいな



    阪神・ガンケルが初の打撃投手、評判通りの制球力  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200205/tig20020512270022-n1.html  #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    2


    投球終了直後、受け手を務めた原口が「グッド!ナイスピッチ!」と興奮気味に歩み寄る。観客から拍手が巻き起こり、矢野監督からは満面の笑みで何度も肩をたたかれた。阪神新外国人のジョー・ガンケル投手(28=マーリンズ3A)が2日、来日初ブルペンでウワサに違わぬ精密機械ぶりを見せつけた。

    「4分割をイメージして投げ分けている。自分ができることを監督たちに見せられて良かったよ」。メジャー経験ゼロながら、3A4シーズンで与四球率1・19。そんな数字を裏付けるかのように難なくコーナーを低く投げ分けた。直球、スライダー、シンカー、スプリットの全球種を交えて44球。直球系21球のうち17球をストライクゾーンに集めた。大きく浮いたボールはなし。指揮官が「仕上がりすぎてビックリした」と唸るほどの内容だった。

    身長196センチのスリークオーター右腕。スピード感あるテンポで低めに集め、ムービングボールを軸にゴロの山を作る。イメージは広島、オリックスで計45勝した右腕バリントンだ。矢野監督が「日本では少ない」と評した、ボールを動かすスタイルは誰の目にも魅力的。投球に鋭い視線を送り続けた巨人中里スコアラーは「バリントンは日本ですごく活躍した。それを考えれば日本で対応できそうなタイプかなと思います」と一気に警戒度を高めた。


    ▼記事全文はこちら



    阪神ガンケル このリリースの瞬間がマジでバリントンですわw バリントンは暗黒期から救ってくれた救世主ですよね~ デニムユニがスゴい似合ってたし 昇龍拳も出せるし 初のCSを決めたナゴドの試合で先発したのも彼だった  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-02020929-nksports-base 



    ガンケル、元広島バリントン感ある


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神新外国人のジョン・エドワーズ投手(32=インディアンス)とジョー・ガンケル投手(28=マーリンズ3A)が28日、西宮市内の球団事務所で入団会見を行った。

      ◇  ◇  ◇

    メジャー経験なしの虎新助っ人が、ジャパニーズドリームに挑む。先発として期待されるガンケルだ。「アメリカではMLBでプレーすることができなかった。でもアメリカで、日本で、というわけではなく、自分を求めてくれるチームのためにプレーできるのが一番と思った」。28歳の右腕は、海を渡る決断をそう振り返った。

    3Aの4シーズンで与四球率が1・19という制球力が最大の武器。「内、外に投げ分ける。ストライクゾーンからボールに、ボールからストライクゾーンに投げ分けることを意識したい。打者のタイミングを崩したり、ゴロを量産することができる」。制球力をフルに生かし、早めに打者を追い込む自分の形がある。毎試合6イニング以上を投げ、試合をつくれば「いい数字は結果としてついてくる」との自信をのぞかせた。

    単身での日本挑戦。メガン夫人は、中学校の数学教師で教壇を離れることができず「春休みと夏休みでこちらに来て、ともに時間を過ごすことになる」という。196センチの長身右腕が、日本球界での大きな成功を目指す。【松井周治】

    ◆ジョー・ガンケル 1991年12月30日、米フロリダ州生まれ。13年ドラフト18巡目(全体533位)でレッドソックス入団。オリオールズ、ドジャースを経て17年途中にマーリンズ移籍。メジャー出場なし。昨季は3Aで19試合(先発15)に登板し8勝2敗1セーブ、防御率3・80。196センチ、102キロ。右投げ右打ち。




    ガンケル君、阪神でゴロ打たせたらヒットになるで



    ガンケルがゴロを打たせれば成功すると言っていたが阪神はそんなに甘いもんじゃないぞ()


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の新外国人、ジョー・ガンケル投手(28)=前マーリンズ傘下3A=が28日、同じく新入団となるジョン・エドワーズ投手(32)=前インディアンス傘下3A=とともに、兵庫・西宮市内の球団事務所で入団会見を開いた。

     196センチの長身を誇る大型右腕はスリークオーター気味に腕を振る投球フォームが特徴。メジャー未経験ながらマイナー通算172試合の与四球率が驚異の1・49と、抜群の制球力を誇る。自ら「三振を取れるタイプではない」と話し、「ゴロを打たせる投球で長いイニングを投げることができれば、日本でも活躍できると思っている」と胸を張った。

     昨季は3Aで8勝。アメリカでの実績は劣るガンケルだが、先発ローテーション入りが期待される。1年契約で年俸は50万ドル(約5500万円)。今回はメガン夫人をアメリカに残して単身での来日。「阪神タイガースの名前は知っていたし、日本の野球に興味を持っていた。一日でも早く日本の野球、タイガースの野球に慣れて、頑張っていきたい」と意気込む。NPB統一球を早くから取り寄せて練習するなど“ジャパニーズドリーム”へ向けて意欲満々だ。




    ガンケルがメッセみたいな外国人生え抜きルートを歩んでくれたら素晴らしいわね。



    ガンケルさんは制球の良さを生かして、ゴロで打ち取り長いイニングを投げたいらしいぞ!阪神守備陣さん! 二遊間の選手の上積みはないから、 現戦力でどれだけカバーできるかが課題。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の新外国人、ジョン・エドワーズ投手(32)=前インディアンズ=とジョー・ガンケル投手(28)=前マーリンズ3A=が28日、西宮市内の球団事務所で入団会見。前日27日に来日した2人は、並んで報道陣の前に姿を見せた。

     救援タイプでメジャー通算49試合登板(2勝0敗、防御率3・67)のエドワーズは「一緒にプレーした藤川投手から日本の野球がどんなものか聞いた。タイガースのユニホームを着てプレーするのが楽しみ」と力強く語った。

     先発タイプで、メジャー経験はないがマイナー通算172試合登板で45勝39敗、防御率3・59の実績を持つガンケルは「三振を奪うタイプではないけれど、制球はいいのでゴロを打たせれば長いイニングを投げられれば日本でも成功できる」と自信をのぞかせた。

     エドワーズは年俸80万ドル(約8800万円)、背番号42。ガンケルは年俸50万ドル(約5500万円)、背番号49。(年俸は推定)




    昨日来日した阪神の新外国人 #ジョン・エドワーズ 投手と #ジョー・ガンケル 投手が入団会見を行いました! 速報は下記のURLからご覧ください!!  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200128/tig20012811370012-n1.html  #阪神タイガース #新外国人 #入団会見 #サンスポ pic.twitter.com/YMfjOhMA0G


    続きを読む

    このページのトップヘ