とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ソフトバンク戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <教育リーグ:ソフトバンク5-2阪神>◇1日◇タマスタ筑後

    阪神が教育リーグ開幕戦でソフトバンクに7回降雨コールドの2ー5で敗れた。

    先発の飯田は3回2安打2四球ながら無失点で、平田2軍監督は「粘り強く投げてくれた」と評価した。対照的に2番手の岩貞は3回5安打で5失点。6回には四球を挟んで4連打を浴びるなど粘れず、開幕ローテ入りへアピールできなかった。それでも岩貞は「左打者のインコースのボールを課題にしていた。満足のいくボールは多かったです」と収穫を語った。

    3番手の小野は7回1死から二塁打を許したが、後続を断って1回を無失点。3イニングを投げる予定だったが降雨のためこの回で終えた。

    阪神は3失策もあってリズムに乗れず、打線も7回で3安打と湿って、逆転負けした。




    #教育リーグ #ソフトバンク5-2 #阪神 1日 #タマスタ筑後 ソフトバンクに7回降雨コールドの2ー5 先発 #飯田 3回2安打2四球 無失点 #平田2軍監督「粘り強く投げてくれた」 2番手 #岩貞 は3回5安打5失点 岩貞「左打者のインコースのボールを課題にしていた 満足のいくボールは多かったです」 pic.twitter.com/kQeF7iO02P



    岩貞が二軍で5失点か そろそろ結果を出さないとあかんよね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇オープン戦 阪神―ソフトバンク(2020年3月1日 ペイペイドーム)

     阪神・守屋が1―4の8回からオープン戦初登板。1番・周東からの上位打線を3者凡退に封じた。

     まずは先頭・周東を左飛に退けると、続く高田は二ゴロ。最後は川島を二飛に仕留めた。2月20日の練習試合・楽天戦以来の実戦登板だったが、これで今春は4試合で4回を無失点。安定感が際立っている。




    阪神・守屋 オープン戦初登板は1回完全、実戦4試合無失点の安定感(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース これは家族からのパワー()  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00000205-spnannex-base 



    阪神・ 守屋 オープン戦 初登板は 1回完全、実戦 4試合無失点の安定感✨ (スポニチアネックス) ぃぃね、その調子で!👍  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00000205-spnannex-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「オープン戦、ソフトバンク-阪神」(1日、福岡ペイペイドーム)

     阪神・スアレスがバースデー登板を果たした。この日が29歳の誕生日。2点ビハインドの四回から2番手で登板した。先頭のバレンティンに四球を与えた後、5番松田宣に右翼線へ適時二塁打を浴びたが、続く五回、六回の2イニングは三者凡退に抑えた。

     3回1安打1失点。直球は150キロ超えを連発し、最速157キロをマークした。古巣の強力打線を相手に剛腕復活を印象づけ、開幕ローテ候補に急浮上してきた。




    【スポニチ】阪神・スアレス 古巣相手に3回1失点3奪三振 先発の適性も示す  http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/03/01/kiji/20200301s00001173287000c.html 



    阪神のスアレスめっちゃいいな。中継ぎイマイチからのメッセコースかな。阪神は投手豊富でいいですな。 今日の先発もよかったし、エドワーズが今一つなら今日の二枚を先発にすると 西青柳岩貞高橋と会わせて六枚そこそこの投手を揃えられる。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1





    ソフトバンク 4 - 1 阪神 [負] ガンケル0勝1敗0S [ホームラン] 上本 ソロ1号  https://hanshintigers.jp/game/score/table/table20200301.html 



    @TigersDreamlink 打線が繋がらない…笑😢



    @TigersDreamlink 助っ人でポジれなかったのが残念。 でも点とられたけどスアレスの内容は悪くなかった。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     5本塁打を放った阪神打線で、4番の新外国人ジャスティン・ボーアは3打数無安打だった。

     見逃しストライクが目立った。各打席の内容を書き出してみる。(○=見逃しストライク、●=ボール、F=ファウル、◎=打球)

     (1)●○○F◎(中飛)

     (2)F●○○(三振)

     (3)○○◎(遊ゴロ)

     3打席12球のうち、見逃しストライクが半分の6球もある。

     前回出場のオープン戦(2月24日・ヤクルト戦=浦添)も2打席連続で見逃し三振だった。この見送り傾向は対外試合が始まってからずっと続いている。

     「感覚のずれもあるかと思う」と打撃コーチ・井上一樹は言った。「たくさんボールを見るなかで、“え? あの球がストライク?”といったような見逃しもあったかと思う。彼はいま、ストライクゾーンも含め、ジャパニーズスタイルに合わせようとしているんだろうね」

     ボーアはいま、日本の配球や球筋、ストライクゾーンを見極めようとしているのだ。そのため、できるだけ多くの投球を見ようと心がけている。積極的な待球策とでも言おうか。

    ▼記事全文はこちら



    オープン戦でのボーアの三振は今のところ全て見逃し三振でゾーン適応ができてないので…評価もクソも無いけども、今日の東浜の低めへの対応は悪くないように感じた



    ボーアの3つの三振が全部見逃しなのはいい事じゃないか? 実際に見逃し三振することで日本のストライクゾーンを理解しやすいし。 何事もプラスに捉えていかんと。 打ったら打ったでロサリオの前例があると言われ、打たなかったらシーズン前にハズレの烙印を押される。 難しすぎるわ笑


    続きを読む