2

 「阪神7-6中日」(30日、甲子園球場)

 阪神の新外国人、ヤンハービス・ソラーテ内野手(32)がこの日2本目となる3号2ランを9回に放ち、逆転サヨナラ勝ちした。五回に2号2ランもマーク。「二番・遊撃」で先発したが、守備ではミスを連発。ハラハラドキドキの“セクシータイム”を自作自演?し、最後の最後に左翼ポール直撃のサヨナラ2ランで虎党を歓喜させた。

 劇的な展開に、午後11時前からツイッターのトレンド上位を「ソラーテ」(1位)、「セクシータイム」(3位)が“占拠”。テレビ朝日「報道ステーション」のスポーツコーナー担当、竹内由恵アナウンサーも「なぜセクシータイムなのか、ご本人に聞いてみたいと思います。よく分からないので詳しく聞いてみたい」と興味津々だった。

 22日に入団会見を行ったソラーテは、ニックネームについて、幼少期は「トゥトゥ」、メジャーでは「ゲレーロ」、「クロコダイル」とも呼ばれたことを明かした上で、特に強調したのは「セクシータイム」の呼称。報道陣には「野球をしっかり集中していい結果を出すためには、格好もセクシーでいないといけない。そういう意味だ」と説明した。加入から1週間での活躍でにわかに注目を集め、「セクシータイム」を検索する人が急増したようだ。

 ツイッター上では「ソラーテ 神」などの歓喜のコメントのほか、「セクシータイムって、エラーから逆転ホームラン、エラーからサヨナラホームラン打つことか?」「来日記者会見で『俺のあだ名はセクシータイム』と訳のわからんことを言っていたソラーテ、もしかしてポロリしまくるからか」と早速イジる声も。

 ほかにも、“セクシータイム”が人気アイドルグループ「Sexy Zone」や「セクシーサンキュー」が決めぜりふの同メンバー・中島健人を連想させるようで、「セクシータイムのトレンドに案の定SexyZoneファンさん達が食いついててワロタ。そりゃ気になるわな」「セクシータイム 、ソラーテのこととはわかっていても一瞬中島健人が頭の中を駆け抜ける」などのセクゾ関連書き込みも目立っている。





なんとトレンド入り セクシータイム×ソラーテ #阪神タイガース pic.twitter.com/ixH5fGTwZ4



お!セクシータイムがトレンドに笑 当たり前やろうけど、何のこと? ってなる人絶対多いよなー🤣🤣 ソラーテさんありがとう🥰



いつもトレンドにセクシータイムくるからなんだろって思ったらソラーテwww



ソラーテ来てからセクシータイムがトレンド入りしたら阪神にいいことあったってわかるしシステムうける。



またセクシータイムがトレンドに!!😲 ソラーテの人気に嫉妬ッw


続きを読む