とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ドラフト候補

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/08/14(水) 22:28:44.71 ID:+BW2NoaE0
    阪神のNO.1評価は星稜・奥川!畑山統括スカウトが称賛惜しまず
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190813/tig19081305040008-n1.html

     奥川、ええで!! 阪神は12日、西宮市内の球団事務所でスカウト会議を行い、
    今秋のドラフト1位候補右腕、星稜高(石川)・奥川恭伸投手(3年)に“最高評価”を与えた。
    夏の甲子園に“四天王”でただひとり出場し、7日の1回戦・旭川大高(北北海道)戦で3安打完封。
    畑山俊二統括スカウト(55)は「この舞台に出てきたというのは付加価値としては大きい」と話した。13日の2回戦・立命館宇治(京都)戦も注目だ。

     虎の本拠地・甲子園で輝いた右腕に“最高評価”だ。全校が初戦を終えて開かれた阪神のスカウト会議で、改めて奥川を最上位候補として確認。
    畑山統括スカウトは「まだ優劣つけている段階ではない」としながらも、称賛を惜しまなかった。

     「(大舞台で活躍することは評価になるかの問いに)もちろんそうだし、ビッグ4といわれた選手がいた中で、彼だけ(甲子園に)出てきた。
    出てきたから、こられなかったからだけじゃないけど、やっぱりこの舞台に出てきたというのは付加価値として、僕は大きいものがあるんじゃないかと思っているけど」

     大船渡・佐々木朗希投手、創志学園・西純矢投手、横浜・及川雅貴投手と並び『高校四天王』と呼ばれてきたが、夏の全国切符を勝ち取ったのは奥川だけ。
    期待を一身に集める中で迎えた7日の1回戦・旭川大高戦。94球で3安打無失点と圧巻のピッチングを見せつけられ、各球団のスカウト陣もうなるしかなかった。

     「評価が上がるというかね、(元々)それなりの(高い)ところに評価のある選手なので。
    その中で今回よかったということに関しては、これから優先順位をつけていくときには影響あるかもわからないけどね」

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/08/14(水) 22:30:10.26 ID:X8tjCWzM0
    甲子園で投げてることがリスクなんだよなあ

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/08/14(水) 22:31:36.67 ID:Ancs+hhp0
    西おるから西行っとけ

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/08/14(水) 22:32:30.45 ID:4KxAIR8w0
    もう投手はええやろ

    8: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/08/14(水) 22:33:09.68 ID:bgBozT3c0
    どうせ外すからどうでもええわ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1565789324/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神は12日、兵庫・西宮市内の球団事務所でスカウト会議を行った。この日で甲子園出場校が出そろい、今秋ドラフト候補の高校生最終リストにある約50人の中から、出場組の現状を各担当スカウトが報告し、チェックを行った。

     畑山統括スカウトは、ビッグ4の中から唯一出場を果たし、7日の旭川大高戦で完封を果たした星稜・奥川を改めて評価。「まだ優劣つけている段階ではないので」とした上で、「やっぱりこの舞台に出てきたというのは、付加価値としては僕は大きいものがあるんじゃないかと思っているけど。ストレートも力強くなっているし。変化球のキレもトータルで順調にレベルアップしてきた」とうなずいた。

     また、7日の霞ケ浦戦で、好投手・鈴木寛から高校通算47号のソロを放った履正社・井上に関しても「大会前から状態はよかったけど。春からの成長を見せられた部分じゃないかな」と高評価だった。





    星稜の奥川だけずば抜けてる。 リリース完璧やし何よりホーム綺麗やからコントロールいい。 平均147くらい。岸っぽいんかなっておもったらどっちかと言うと菅野より まぁ勝つかは運次第。 出来すぎマジで。阪神きてや。優勝できる



    阪神が高校生投手を1位指名したのは藤浪が最後だ。新聞などに載る球団幹部コメントなどから察するに、1位指名するからには高校生でも1年目から即戦力として使える選手が望ましいという方針なのかなと想像している。その線で行くと今年の1位は大船渡の佐々木ではなくて星稜の奥川のような気がする。



    阪神は履正社の井上広大くんを指名して下さい🙏🏻



    履正社の井上さん、なんか元阪神の田淵さんみたいなホームラン ホームランのツボをわかってる #それを言うなら落合



    履正社の井上君、確かに良い打者だと思うけど俺には中谷に見えてしょうがない。。 この手のタイプを阪神が育て上げた経験も無いしな、、


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    「高校生投手四天王」の創志学園(岡山)・西純矢投手が9日、香川・丸亀城西との練習試合で今季初先発した。5回を1安打8奪三振に抑え、最速は149キロをマーク。順調なスタートを切った。

    8日に高校野球の対外試合が解禁され、この日が西にとって今季初マウンド。初回、先頭打者を三振に取ると、そこから毎回の8奪三振。「力みなく投げられた」という直球に、2種類のスライダーやカーブなど変化球を試した。1四球と制球面でも安定感を見せた。

    初登板に「少しは緊張した」という西は「いいボールがいっていた。今日はストレートが良かったんで、カーブとかの変化球も生きてきたと思う」と振り返った。

    球速は意識せず、うまく力を抜いて投げていたというが、149キロをマークしたことには「ビックリです」と驚いていた。

    バックネット裏には8球団のスカウトが西の投球を見つめた。阪神の山本スカウトは「ストレートも速いし、変化球も切れる。腕の振りも速い。間違いなく上位候補」と高く評価した。

    https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201903090000346.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: どうですか解説の名無しさん 2018/10/22(月) 06:11:43.03 ID:CAP_USER9
    阪神が25日のドラフト会議に向け、外れ1位候補に浦和学院・渡辺勇太朗投手(3年)をリストアップしていることが21日、わかった。
    今夏の甲子園ではチームの8強進出に貢献し、U18アジア選手権(宮崎)日本代表にも選出。
    競合必至の1位筆頭候補にあげている大阪桐蔭・根尾昂内野手(3年)を外した場合に備え、準備は怠らない。

    根尾に負けないくらいの可能性を秘めている。阪神が浦和学院の渡辺勇太朗投手(3年)が外れ1位候補に急浮上したことが判明した。

    球団幹部は「(1位指名の)12人には入ってくるでしょうね。 すばらしい投手と聞いています」と明かした。

    1メートル90、90キロという恵まれた体格から最速149キロとキレのあるストレートを投げる。
    本人も明かしているように、ゆったりとしたフォームは大谷翔平(米大リーグ・エンゼルス)似。
    今夏の甲子園では大阪桐蔭と対戦して、根尾らに本塁打を浴びて4強入りを逃したが、スケールの大きさでスカウト陣から大いに注目を集めた。

    阪神は当初、外野陣の後継者として大阪桐蔭・藤原恭大外野手(3年)を最上位候補としていたが、チームメートの根尾が国体などで活躍し、評価が逆転していた。
    次世代の強打者が最優先ながら、今季ブレークした才木に続く先発ローテの担い手も必要。
    渡辺にも注視しながら、ギリギリまでシミュレーションを重ねていく。

    渡辺 勇太朗(わたなべ・ゆうたろう)

    2000(平成12)年9月21日生まれ、18歳。埼玉県出身。
    小1から軟式野球を始め、羽生市立東中時代に関東大会出場。
    浦和学院高では1年秋からベンチ入りし、今夏の甲子園は8強進出。
    U18アジア選手権(宮崎)日本代表。持ち球はスライダー、カーブ、ツーシームで最速149キロ。1メートル90、90キロ。右投げ右打ち。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15478362/
    2018年10月22日 5時6分 サンケイスポーツ

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=ZebiOzavgvo


    【甲子園】浦和学院 VS 二松学舎

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540156303/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    511: どうですか解説の名無しさん 2018/10/22(月) 04:11:37.30 ID:By76PDyW0
    デイリースポーツ1面

    矢野監督ドラフト捕手指名へ大商大・太田光、関東第一高・石橋康太

    no title

    512: どうですか解説の名無しさん 2018/10/22(月) 04:13:21.39 ID:By76PDyW0
    阪神が今秋ドラフトで捕手の指名を目指すことが21日、分かった。
    今季、梅野が規定打席に到達し、正捕手としての地位を築いたが、捕手陣の年齢構成を見ても次世代を担う女房役の獲得が急務。

    候補としてリストアップしているのは大商大・太田光捕手(22)、関東第一・石橋康太捕手(17)らで、捕手出身でもある矢野新監督の下、新たな素材に“矢野イズム”を注入していくことになりそうだ。 矢野新監督の下でイズムを踏襲し、未来の司令塔となり得る逸材を獲得する。

    今季、梅野が生え抜き選手としては1988年の木戸克彦以来、30年ぶりに規定打席へ到達した。ただ捕手陣の年齢構成に目を向けると、数ある補強ポイントの中で若手捕手の獲得は急務な状況となっている。 球団幹部は「捕手に関してはドラフトで確実に、1人は獲得しないといけない。どの順位でどの選手を行くかという話になってくる」と明かした。

    今季、1軍でマスクをかぶったメンバーを見ればベテランの岡崎は35歳。そして梅野、原口、坂本、長坂と25歳前後の選手たちが正捕手争いのグループを形成している。 数年後を見据えた上で、次世代の捕手育成に着手していかなければならないのが現状。

    特に捕手というポジションは“チームの司令塔”と評されるように、キャッチング、スローイングだけでなく、配球やゲームコントロール能力、フォーメーションなど試合中の局面、局面で瞬時に判断してゲームを動かしていく必要がある。 そのためには何よりも経験が必要。捕手の育成には時間がかかると言われる要因であり、大卒捕手で3年、高卒捕手で7年というのがプロ野球界の一般的な見方だ。

    今秋ドラフトで筆頭候補にリストアップされているのが大商大・太田や関東第一・石橋ら。

    太田は1年春から安定感のある守備力を評価され、正捕手に抜てきされた。いきなりリーグMVPを獲得し、今年の春には首位打者のタイトルを獲得するなど攻守で高いレベルに位置する選手だ。 石橋も恵まれた体格を持ち、2年夏の東東京大会で4試合連続アーチを放つなど強肩強打が魅力の捕手。今オフ、新たに就任した矢野監督も現役時代、名捕手と言われた野村監督から捕手論をたたき込まれ、球界トップクラスのキャッチャーへ階段を駆け上がった。

    貴重な経験をした指揮官がいる今だからこそ、必要になってくる新たな素材。矢野イズムを受け継ぎ、グラウンドで表現できるような未来の司令塔候補を、ドラフトで指名する。

    201808_hanshintigers_top

    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/10/22/0011751853.shtml

    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1540125361/

    続きを読む

    このページのトップヘ