とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ドラフト候補

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神が17日のドラフト会議に向けて、高校生内野手を複数リストアップしていることが3日、分かった。候補となるのは桐蔭学園・森敬斗内野手(17)、駿河総合・紅林弘太郎内野手(17)、花咲徳栄・韮沢雄也内野手(18)ら。鳥谷が退団し、大山、北條、木浪らを今後の主力と位置付け、ドラフトでは次世代を担える有望株の獲得を目指す。

     佐々木、奥川など高校生投手が注目を集める今秋ドラフトで、阪神は次世代を担う高校生内野手の獲得も目指していく。

     鳥谷退団後、内野手で最年長となるのは33歳の上本。主力では27歳の糸原に、北條、大山、木浪ら今年25歳を迎える世代が中心的存在となってくる。

     その次世代をにらみ、昨年のドラフトでは2位で小幡を指名。今年も引き続き「高校生内野手」の獲得を目指す方針だ。

     筆頭に挙がるのがパンチ力、俊足、強肩と三拍子そろった森だ。昨秋の関東大会初戦・常総学院戦ではサヨナラ満塁弾を放つなど勝負強さも併せ持つ。大舞台でも今春のセンバツでは初戦の啓新戦で3安打をマーク。9月に韓国で行われたU18W杯では出塁率5割と躍動した。

     韮沢も同大会でチームトップの10安打を放ち、ベストナインにも輝いた。甲子園出場こそない紅林は、身長186センチの恵まれた体格に加え、素早いフィールディングと強肩の持ち主。今春のU18日本代表候補合宿では奥川から二塁打を放ち、注目を集めた。阪神のスカウト陣も夏の静岡大会を熱心にマークする姿が確認されている。

     3人とも遊撃手だが、他の守備位置にも対応が可能。次世代内野陣を形成するべく、将来性豊かな高校生を補強していく。




    森くん絶対取れ!! 身体能力高い。内外野OK。強く振れる。脚速い。肩強い。気持ちも強い。そしてとんでもなくイケメン。 阪神ドラフト、高校生内野手を指名へ!筆頭は桐蔭学園・森 鳥谷退団後の次世代候補  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/10/04/0012757822.shtml 



    タイプ的には高卒で大砲をとらねば 阪神ドラフト、高校生内野手を指名へ!筆頭は桐蔭学園・森 鳥谷退団後の次世代候補(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00000022-dal-base 



    阪神ドラフト、高校生内野手を指名へ!筆頭は桐蔭学園・森 鳥谷退団後の次世代候補/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/10/04/0012757822.shtml  @Daily_Onlineさんから 頼むから2人以上指名してくれ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/09/28(土) 06:05:36.66 ID:n0X85Gd/a
     阪神は今秋ドラフトで1位指名の最有力候補に挙げる星稜・奥川恭伸投手(3年)を「いきいき茨城ゆめ国体」で視察することが27日、分かった。硬式野球の部1回戦で29日、星稜は智弁和歌山と対戦。奥川にとって高校生活最後の舞台を猛虎は最後まで見届ける。

     国体とはいえ、この一戦を視察する意味は大きい。今夏甲子園大会の再戦。今回の試合は両校合意のもと、木製バットを使用して行うことが既に決まっている。甲子園のようなガチンコ対決が期待される中、奥川がどんな投球を披露するのか。最終チェックにはうってつけの舞台と言っていいだろう。球団関係者は「視察する予定です」と明かした。

     今夏の甲子園は圧巻だった。3回戦では延長14回タイブレークの末に智弁和歌山をサヨナラで撃破。奥川は自己最速タイの154キロを連発し、6連続を含む23三振を奪った。165球で1失点完投。ケタ違いの馬力と完成度の高さを証明した。

     舞台を世界に移しても圧巻のパフォーマンスは続いた。高校日本代表に選出された奥川はU18W杯(韓国)でも奮闘。カナダとのスーパーラウンド第1戦に先発すると、7回18奪三振の力投を演じた。登板がなかった同3戦でオーストラリアに敗れ、5位で大会を終えたが、国際舞台でさらに評価を高めた。

     関係者によると、同校でトレーニングを続けている奥川は国体1回戦は先発予定だという。運命の10・17ドラフトまで3週間を切った。現在の状態を見極め、把握することは重要な作業だ。大船渡の佐々木とともに最上位の評価に位置づける右腕を、最後の最後まで追いかけていく

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00000070-spnannex-base


    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/09/28(土) 06:07:31.86 ID:n0X85Gd/a
    賢明
    阪神は奥川にしとき佐々木はあかん

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/09/28(土) 06:08:40.20 ID:1rJCUZIJ0
    東妻と黒川もおるしな

    14: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/09/28(土) 06:14:58.70 ID:H2Q/KraE0
    実際、BIG3の評価は大差ないし国体で奥川が大炎上したら方針変えるチームはありそう

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1569618336/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神が星稜・奥川恭伸投手(3年)を、今秋ドラフト1位の最有力候補に挙げていることが23日、分かった。4季連続で甲子園に出場した経験値と大舞台で発揮し続けた実力を評価。並外れたポテンシャルを持つ大船渡・佐々木朗希投手(3年)の名前に挙がる中、10月17日のドラフト会議まで1カ月を切り、甲子園のスターが最右翼に浮上。即戦力の逸材を中心に絞り込んでいく。

       ◇   ◇   ◇

    幾度となく甲子園を沸かせた高校生右腕を、阪神が1位候補のトップに置いた。奥川は18年春から4季連続で甲子園に出場。今夏の甲子園では決勝で153キロを計測するなど、エースとして星稜を準優勝に導いた。8月末から韓国で行われたU18W杯ではカナダ戦で18三振を奪うなど、世界相手にも圧倒的な投球を見せた。

    大舞台で発揮した実力と経験値。最速158キロの直球に落差のあるスライダー。高校生とは思えない完成された投球術を、阪神は高く評価する。今夏の甲子園決勝を視察した阪神谷本修球団副社長兼球団本部長は「パワーありますよね。馬力ありますよね。馬力あるし、縦のスライダーも素晴らしい。極めて高い評価ですね。もともと高い評価です。大観衆のなかでも臆せず投げられるのもスゴイ」と賛辞の言葉を並べていた。10月17日のドラフト会議まで1カ月を切るが高評価は揺らいでいないようだ。

    阪神の投手陣は今季、長く大黒柱だったメッセンジャーが引退を表明。藤浪はプロ7年目で初のシーズン0勝が濃厚。FA加入した西が軸で青柳や高橋遥ら若手が台頭し、先発ローテーションを守るが、駒不足に陥ることもあった。望月、浜地ら高卒投手も来季の戦力として期待する中、奥川指名で層を分厚くしたい思惑だ。阪神のドラフト1位は近年、大学や社会人の即戦力野手の指名が続く。15年高山、16年大山、18年近本。高校生投手の1位指名となれば、12年に4球団競合の末に獲得した藤浪(大阪桐蔭)以来7年ぶり。今年の奥川も1位指名の有力候補に挙げる中日を始め、競合は必至だ。今後は他球団の動向を注視し、矢野監督ら現場の声を集約しながら最終的に1位候補を決める。

    今年は例年以上に投手のドラフト候補が豊富だ。奥川の他には、明大・森下暢仁(4年=大分商)や社会人左腕のJFE西日本・河野竜生(21=鳴門)らが候補に挙がる。ポテンシャルなら大船渡・佐々木が随一だ。ドラフト本番に向けて絞り込みは最終段階に入る。





    阪神ドラ1最有力候補は奥川!高校指名なら藤浪以来(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-09230787-nksports-base  これが事実なら阪神の首脳陣って頭おかしいんじゃない?なぜ得点力不足を解消としないのか?仮に奥川くんをとれたとしても藤浪投手と同じ末路になるのでは?



    巨人→佐々木 西武→森下 横浜→佐々木 福岡→佐々木 広島→森下 楽天→佐々木 阪神→奥川 千葉→奥川 中日→奥川 日公→佐々木 東京→森下 オリ→石川



    阪神には指名されたくないって思ってるドラフト候補めっちゃ多そう


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    メッセ絶賛の右腕に注目!! 阪神が今秋ドラフトの上位候補として、最速148キロ右腕の大商大・大西広樹投手(4年=大商大高)をリストアップしていることが20日、分かった。今年3月には阪神2軍とプロアマ交流戦で対戦し、5回無失点の好投を披露。同カードに先発して今季限りでの現役引退を表明したランディ・メッセンジャー投手(38)も投球術を称賛していた。剛腕お墨付きで、秋の注目株の1人になる。

    1
    試合に勝利しガッツポーズで喜ぶ大商大・大西

      ◇    ◇    ◇

    阪神は、日米通算102勝右腕で今季限りでの現役引退を表明したメッセンジャーが絶賛していた大学生右腕をターゲットに定める。大商大・大西が今秋ドラフト上位候補にリスト入りしていることが判明した。

    すでに鮮やかな“お披露目マウンド”を済ませている。今年3月15日、阪神2軍と大商大のプロアマ交流戦に先発登板。北條、陽川らから4三振を奪うなど、5回を内野安打2本に抑えた。若虎を無失点に抑えた力投に、先発していたメッセンジャーもびっくり。「スピードを変えたり変化球を交ぜて、阪神打線を抑えていた。すごくいい仕事をしていたね」と手放しで褒めた。

    大西は力強い腕の振りから投げ込む最速148キロの直球と、変化球も交えた制球力が武器だ。阪神2軍相手に好投した直後の3月30日も、オリックス2軍とのプロアマ交流戦に先発。ソロ本塁打を浴びたが12三振を奪う快投で7回5安打1失点。プロの打者相手に好アピールを続けた。球団関係者も「コントロールもまとまっているし、変化球もいい」と説明。プロでも通用する見立てで、評価を高めた。

    マウンドで見せる負けん気の強さと熱いハートも魅力だ。関西6大学リーグでは5度の優勝を経験し、最優秀投手賞には4度選出。優勝をかけた一戦など大事な試合を任されることも多く完投能力も高い。17年の全国大学選手権に出場してから、4度の全国大会も経験。大舞台での勝負強さを発揮するのもプロ向きだ。

    阪神は1位の有力候補として、今夏の甲子園で準優勝に導いた星稜(石川)・奥川恭伸投手(3年)を位置づける。また、最速163キロの大船渡(岩手)・佐々木朗希投手(3年)も候補だ。そんななか、メッセンジャー氏に褒められ、奈良出身と地元関西の好投手も堂々と上位候補に名を連ねている。

    ◆大西広樹(おおにし・ひろき)1997年(平9)11月8日、奈良県香芝市生まれ。大商大高では1年夏からベンチ入りし、甲子園出場はなし。大商大では1年春からリーグ戦に出場し、最優秀投手賞4度、ベストナイン2度受賞。最速148キロで持ち球は直球、スライダー、フォーク、カットボール。176センチ、84キロ。右投げ右打ち。




    【阪神】 大商大・大西 リストアップ 3月にプロアマ交流戦で阪神二軍相手に登板 五回2安打無失点に抑える  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190921-09200843-nksports-base  間近で見ていたメッセンジャー 「スピードを変えたり変化球を交ぜて、阪神打線を抑えていた。すごくいい仕事をしていたね」 (ニッカン)



    @HTno1_ おおー、3月の鳴尾浜でこの試合観に行きました。 阪神が僅差で勝ちましたが、大西さんとメッセンジャーさんとの投げ合いすごかったです。



    @HTno1_ 逆に大学生相手に5回2安打無失点に抑えられるなんてプロなのか?



    @HTno1_ メッセンジャーが認めるなら良い投手だ! 来季は枠的に先発に割ける助っ人は1枠くらいだろうから、即戦力は欲しいところ。 ただ、同じくらい若返りのためにも高卒がたくさん欲しい。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     運命のドラフト会議が1カ月後に迫る中、近本後輩にも大注目だ!阪神は今秋ドラフト上位候補として大阪ガスの小深田大翔内野手(23)をリストアップしていることが17日、わかった。セ・リーグ新人歴代2位の150安打を放つ近本に負けず劣らずのヒットメーカーで快速自慢の男がドラフト戦線を熱くしそうだ。

     まるで近本の“弟”のような存在だ。1メートル68、67キロ。本家よりさらに小兵だが、シュアな打撃と50メートル走5秒9の快速が最大の魅力だ。近大では主将を務め、リーグ戦通算107安打を記録。球団関係者は「パンチ力もあるし、走れて打てて、近本とよく似たタイプ。当然リストに入っています」と明かした。

     連覇を狙った今夏の都市対抗は初戦敗退を喫したが、昨年の同大会が圧巻だった。2回戦・新日鉄住金かずさマジック戦で右翼へ本塁打を放つなど計5試合で20打数6安打、4打点、打率・300をマーク。近本はMVPに相当する橋戸賞に、小深田は新人賞にあたる若獅子賞に輝いた。本職は二塁だが、今季から遊撃にも挑戦。三塁もこなすなど守備力には定評がある。

     猛虎と浅からぬ縁もある。兵庫県出身で根っからの阪神ファンだ。近大に在籍した17年1月には元プロ野球選手が大学生に技術指導を行う冬季特別トレーニングに参加。講師役を務めた元阪神・桧山進次郎氏から右脇が開く癖を指摘されるなど細かい打撃指導を受け、飛躍につなげた。

     猛虎は今夏の都市対抗を畑山俊二統括スカウト以下、複数人で視察。小深田とともに上位候補に挙げるJFE西日本の左腕・河野竜生投手、トヨタ自動車の補強選手として出場した東海理化の最速152キロ右腕・立野和明投手らもチェックした。大阪ガスは6日に今秋の日本選手権出場を決めたばかり。運命の10・17へ向け、今後も小深田の動向を注視していく。

     ◆小深田 大翔(こぶかた・ひろと)1995年(平7)9月28日生まれ、兵庫県佐用町出身。利神小1年から利神ドジャースでソフトボールを始め、内野手。小6から投手に。佐用中では佐用スターズに所属し、遊撃手。神戸国際大付では1年秋からレギュラーも甲子園出場なし。近大では1年春からリーグ戦に出場し、2年春と4年春秋にベストナイン。通算107安打。18年に大阪ガス入社。同年の都市対抗で若獅子賞に輝く。50メートル走5秒9。遠投95メートル。1メートル68、67キロ。右投げ左打ち。




    大阪ガスの2年目・小深田大翔選手(神戸国際大付-近畿大)の一塁到達タイムは3.82秒.走攻守全てに安定感を感じる内野手.#社会人野球 #ドラフト候補 https://t.co/eoOSRTqeaw



    バトスタでおなじみの小深田くん もしかして大阪ガスの先輩がたくさんいる球団に… #chibalotte ロッテ永野チーフスカウト(一塁到達タイム3・78秒を計測)「足はすぐ使える。なかなかいない脚力」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909060000633.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsさんから


    続きを読む

    このページのトップヘ