阪神からドラフト2位指名された小幡竜平内野手(18)=延岡学園=が12日、大分市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金6000万円、年俸720万円で仮契約した。

仮契約交渉となったこの日、小幡はいつもより柔らかい表情だった。胸の内を開口一番に明かした。「今の気持ちとしては、やっと落ち着いたかなと。改めて実感したのが一番です」。父・正樹さん、母・能夫子さんの見守る前で、笑顔で阪神キャップを田中スカウトにかぶせてもらった。

指名あいさつ時に「1番 ショート」と目標を掲げていたが、気持ちは変わらない。この日も「自分の目標である三拍子揃った1番・ショートになれるようにやっていきたい」と表情を引き締めた。これからは阪神の大先輩である、走攻守バランスのとれた鳥谷を目指し、タテジマと選手としての飛躍を誓った。(金額は推定)


1


https://www.daily.co.jp/tigers/2018/11/12/0011814074.shtml

続きを読む