とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ドラフト4位

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     デイリートラ番記者が阪神のイチオシ選手を紹介する企画(随時掲載)がスタート。第1回はドラフト4位・遠藤成内野手(18)=東海大相模=に焦点を当てる。高卒新人野手ながら、1軍のオープン戦も経験し、順調なステップを踏む。高校時代に恩師から教わった「アグレッシブ・ベースボール」を胸に、積極的なプレーを入団後も貫く姿が印象的な選手だ。

      ◇  ◇

     物おじすることなく、積極果敢なプレーをグラウンドで披露する。高卒新人野手ながら遠藤は日に日に存在感を際立たせている。初球から迷わず振りに行く、一つでも先の塁を狙う…。これらの姿勢が生まれた背景は高校時代にあると本人は振り返る。

     「東海大相模はずっと『アグレッシブ・ベースボール』をしようとやってきていました。プロに入っても、その気持ちは忘れないでやっていきたいと思います」

     アグレッシブ・ベースボール-。同校の門馬監督から走攻守で貪欲に、積極性を前面に出す野球の大切さを教わってきた。その上で「相手に向かっていく気持ちが大事」と遠藤は力を込める。“プロ初実戦”となった、2月11日のJR四国戦(安芸)でその一端がうかがえた。

     “初実戦”ながらマルチ安打を記録した遠藤だが、この試合で“初盗塁”も決めた。「相手の隙を突いて走っていくことも大切なので」とサラリと話したが、実はノーサインで決行。次の塁を狙う積極的な姿勢に思わず目を奪われた。

     3月に入り、24日の2軍練習試合・ソフトバンク戦(鳴尾浜)では板東から“プロ初本塁打”をマーク。捉えたのは4球目だが、この打席でも初球から振っていた。北川2軍打撃コーチは「(打席の中では)余裕を持つことと気持ちが大事」と話す。打席に入る前にしっかり準備をしているから余裕が生まれ、さらに積極的な気持ちが加わることで初球からスイングできる。この両方を体現したことが、本塁打という最高の結果につながった。

     攻めの姿勢が売りのルーキー。プレー以外でも「積極的に声も出していきます」と虎の元気印も目指す。将来の正遊撃手候補の、ここからの成長が楽しみだ。




    イチオシ選手を紹介する企画がスタート。第1回はドラフト4位・遠藤成内野手 成くんが初回✨に選ばれた😍✨ アグレッシブベースボール見たい! #東海大相模 ドラ4遠藤、攻めてる18歳 東海大相模仕込みの「アグレッシブ・ベースボール」/阪神タイガース https://www.daily.co.jp/tigers/2020/04/05/0013248040.shtml  # @Daily_Online



    虎の元気印😊アグレッシブ! ドラ4遠藤、攻めてる18歳 東海大相模仕込みの「アグレッシブ・ベースボール」 (阪神Vデイリー)  https://news.line.me/issue/oa-vdaily/ejkzlgj0c6du?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none  #linenews


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    泣く子はいねがあ~、弱い子はいねがあ~。阪神ドラフト4位の東海大相模・遠藤成(じょう)内野手(18)が3日、故郷の秋田・にかほ市TDK秋田総合SCの室内練習場で自主トレを公開した。年末年始は課題とする守備の練習に注力し、克服したいものに「弱気」を挙げた。家々の厄払いをする秋田名物「なまはげ」のように、猛練習でウイークポイントを払いのける。

       ◇   ◇   ◇

    -休まず練習

    31日もしっかり練習して、今年につながる練習が出来ました。

    -年越しは

    家で(テレビで)ジャニーズのカウントダウンを見ながらです(笑い)。

    -初詣に行っておみくじは

    大吉です。「願望」というところに「しっかり自分の道を進んで行けばそれはかなう。だけど、気持ちを切らしてしまえば落ちるかもしれない」と書かれていました。

    -1年目の目標

    土台作りというのを一番心がけているんですけど、自分で考えている今年の漢字が「極」という字。何事にもこだわって極めるという1年にしたいなと思います。

    -練習では左方向の打球が多かった

    プロに入ったら、ボールをしっかり見て引きつけて打つのが大事だと思うので。




    秋田で自主トレ。 6日に選手寮「虎風荘」に入寮。 8日から新人合同自主トレ。 #遠藤成 地元にかほで軽快な動き 阪神ドラ4遠藤自主トレ|秋田魁新報電子版  https://www.sakigake.jp/news/article/20200103AK0018/  pic.twitter.com/bNMZUOaCL4



    こういうデイリー独特の訳のわからん記事大好き ドラ4遠藤 弱気と決別!なまはげ恐怖体験思いだし誓った!/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/01/04/0013007466.shtml  @Daily_Onlineさんから


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神からドラフト4位指名された遠藤成内野手(18)=東海大相模=が3日、地元の秋田・にかほ市TDK秋田総合SCの室内練習場で自主トレを公開。キャッチボールやノック、打撃練習などを行い約2時間汗を流した。

     年末年始は12月30日しか体を休めず、練習に励んでいる遠藤。課題とする守備練習を重点的に取り組んできた。「今日もエラーが多かった。守備が苦手なので、そういうところをしっかりやっていきたい」と課題と向き合っている。

     また1日には、秋田市にある白幡神社へ初詣。おみくじは大吉だったという。「願望というところで、『しっかり自分の道を進んでいけばそれは叶う。だけど、気持ちを切らしてしまえば(その道から)落ちるかもしれない』と書かれていました」と気持ちを引き締めていた。




    阪神ドラフト4位の東海大相模・遠藤成内野手が、地元の秋田・にかほ市内で自主トレを行いました!1年目の目標は、土台作り。プロの舞台で活躍する土台を作っていきます。練習後には秋田名物「なまはげ」とツーショット! #阪神 #タイガース #ドラ4 #遠藤成 #東海大相模 #令和2年 pic.twitter.com/n2D32QrMMv



    阪神のドラフト4位・遠藤成内野手(18)=東海大相模高=が3日、故郷である秋田・にかほ市内のTDK秋田総合スポーツセンターの室内練習場で自主トレを公開。ノックやティー打撃などで2時間ほど、汗を流した。  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200103/tig20010316410006-n1.html  pic.twitter.com/qiCRFNSXVk


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇虎ルーキーの素顔に迫る 最高峰の舞台にトライ ドラフト4位・遠藤成(1)

     阪神ドラフト4位の遠藤成内野手(18=東海大相模)は秋田県にかほ市で生を受けた。「物心が付いたときから野球は身近にある存在でした」。とことん野球に打ち込めたのも、父・成人(なるひと)さん(47)の存在が大きかった。期待の大型遊撃手のルーツに迫った。

     成の野球人生の大半は、父・成人さんとともに歩んできたものだった。成人さんは秋田の強豪・金足農OBで、社会人TDKでも左投げの投手としてプレー。成は2歳の時、父がコーチとして都市対抗野球に出場した際に東京ドームへ応援に行き野球と出合った。

     「父さんは野球では厳しいけど家ではとても優しいメリハリのきいた人でした。(野球では)的確なアドバイスをくれるのでやりやすかったです」

     小学3年で平沢スポーツ少年団に入団した。松坂大輔(当時レッドソックス)モデルのグラブを父に買ってもらい、投手としてスタート。小学時代、中学時代のチームでそれぞれコーチを務めた成人さんは「野球に関しては“できる”人間で、周囲から成、成ともてはやされていた部分もあった」と振り返る。

     だが、息子ということもあり成人さんの指導には熱が入った。「野球に関してはかなり厳しく指導していました」と当時を回想するが、成は、野球に関して弱音を吐くことはなかったという。「普通はやめようかな、サボろうかなと思うもんだけど、成は全くそんな様子をみせませんでした。それだけ野球が大好きな野球小僧でした」と認める。

     本荘由利リトルシニアでの中学3年間は火・木・土・日の週4回がクラブチームの練習日だったが、それ以外の曜日も自主的にする練習スケジュールは決まっていた。月曜日はランニング、ウエート、シャトル打ち。水曜日は水泳、金曜日はまたウエート…。自主練習を3年間休まずに貫き通した。

     全体練習でも午前9時開始の練習では必ず7時までには来てバットを振り込み、午後3時までの練習後も誰よりも遅く練習場に残って振り続けた。入団当初からレギュラーとして試合に出ていたという実力はさらに伸び、3年春には4番でエース、主将として全国大会へ導いた。

     それほど猛練習に打ち込めたのは、幼い頃から聖地への強い憧れを持っていたからだ。成人さんは「甲子園優勝校に行きたがっていましたけど、毎年優勝校が代わる度に行きたい高校も代わるので、この子はどこに行くのだろうと思っていました」と笑い、母・道代さん(48)は「周囲の人からは無理だろと冗談半分に笑われても、成はいつも本気で行く気でいました」と懐かしんだ。

     そんな成に願ってもない機会が訪れたのは中学2年の冬だった。東北勢の名だたる強豪からの誘いが相次ぐなか、東海大相模から声をかけられた。同年夏の甲子園大会で優勝した、全国屈指の名門校からのラブコール。断る理由はなかった。「甲子園には当たり前に出られるものだと思っていました。小さいときから甲子園に出たいとずっと思っていたので。迷うことはなかったですね」。聖地への熱い思いを胸に、相模の門を叩いた。(阪井 日向)





    2歳の時の記憶があるってことなんやろか❓ #遠藤成 #阪神タイガース 阪神ドラ4遠藤、社会人でもプレーした父譲りの才能と努力(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00000107-spnannex-base 



    遠藤成の連載始まった。(スポニチ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00000107-spnannex-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は2日、大阪市内のホテルで新人8選手の入団発表会見を行った。

     まだ高校生とは思えない口ぶりが、指揮官に強い印象を与えた。ドラフト4位・遠藤成内野手(18)=東海大相模=は、4位指名からの逆襲を誓った。

     壇上でマイクを握った遠藤は、堂々とした口調で「金本さん(前監督)のような、勝負強い打撃ができるように。チームに居なくてはならないようなバッターになります」と断言。これに矢野監督は「遠藤、言い切りよったな。すごいな」と絶賛した。

     将がうなったのは「なりたいと思います」ではなく「なります」と断言した点。「言い切った方が夢はかなうし、自分の目標に行きやすい」と指揮官。大きな目標を大勢の前で語ることには当然、恥ずかしさも伴う。だが遠藤の勇気ある所信表明に、矢野監督は褒め言葉を並べた。

     過去の阪神ドラフト4位には、桧山や赤星ら実績を残した選手が名を連ねる。「努力して、はい上がれるような実力を付けて一日でも早く、一流になれるように」と“出世街道”を歩んでいく。

     対戦したい投手は高校の先輩である巨人・菅野。来オフにもメジャーに挑戦する可能性もあるだけに「早く1軍に上がって対戦できるように」と意気込んだ。指揮官期待の18歳は、宿敵のエース撃破という夢を現実に変え、名前のごとく成り上がる。




    監督絶賛だってー😆 遠藤くん、早速アピール成功⁈ 菅野先輩打つ!阪神D4・遠藤キッパリ、矢野監督は絶賛「『言い切ったな、こいつ』と」 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20191203/tig19120305020004-n1.html  @sanspocomより



    言葉で言うだけじゃなくて、ここから努力して努力して・・叶えるのが遠藤成くん😊 #遠藤成 矢野監督「夢かなう」抱負言い切った4位遠藤に感心  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912020000795.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む