2


 「阪神-ヤクルト」(12日、甲子園球場)

 阪神の大山悠輔内野手(24)が七回、代打で登場。完封を阻止する“300万弾”で反撃を開始した。

 2戦連続でスタメン落ちした大山は、8点差で迎えたこの回、守屋の代打として1死走者なしの場面で登場。ヤクルトの先発・山田大に対して1-1から3球目、外角136キロのシュートを狙った。フルスイングした白球はバックスクリーン一直線。ライナー性のまま、中堅フェンスを越えた。8月10日の広島戦(京セラドーム大阪)以来、実に1カ月ぶりの13号。並んでいたマルテを抜き、再びチーム単独トップだ。

 今季、バックスクリーンへ本塁打を打った阪神の選手には『イワタニ バックスクリーンホームラン賞』として、岩谷産業から300万円が贈呈される。チームでは、7月23日のDeNA戦でマルテが記録して以来、2人目の300万弾となった。




大山悠輔 第13号ソロホームラン!!! https://t.co/ZcIUpz9DrR



大山の13号ホームランがチーム最多本塁打数なんですよ…



大山くん300万円貰えるの!! いっぱい美味しい物食べてね!!



300万円のホームラン キターーー😁(^^)/(^^)/ 大山 #山九 トライビジョン pic.twitter.com/dj6lt0XdIV



大山バックスクリーンwwwww 300万円!!!!!!wwwwwwwwwwwww  #hanshin #tigers #阪神タイガース


続きを読む