とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    パドレス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    宝刀カーブは被打率.152、平均球速も来日前より4キロ速い154.8キロに上昇

     昨季まで阪神でプレーし、今季からパドレスに移籍したピアース・ジョンソン投手が好リリーフを続けている。10日(日本時間11日)の本拠地ジャイアンツ戦で7回に登板すると、1回を無失点に抑えて10戦連続無失点。ジェイス・ティングラー監督も「試合の重要な場面で投げられる」と信頼を口にしている。地元紙「サンディエゴ・ユニオン・トリビューン」が報じている。

     5点リードの7回、5番手として登板するとフローレスを遊ゴロ、ロンゴリアを97.1マイル(約156.3キロ)の速球で空振り三振。続くクロフォードには中前打を許したが、バートを伝家の宝刀カーブで空振り三振に仕留めた。

     2年ぶりのメジャー復帰で最初の8試合は防御率6.14と適応に苦しんだ。しかし、ここ10試合では無失点に加えて、7回1/3を投げて、被安打4、11奪三振4四球と圧倒的な内容。記事によると、特にカーブの被打率は.152とメジャーでも十分に通用していることがわかる。また、速球の平均球速も2018年のジャイアンツ時代よりも2.5マイル(約4キロ)上昇し、96.2マイル(約154.8キロ)と日本での1年間で飛躍的な進化を遂げている。

     指揮官も「試合の重要な場面で投げられる。彼の自信が高まるのを見るのは楽しいよ。常に彼を信じていた」と称賛。「そして今、彼自身も自分を本当に信じ始め、本物の武器を持っていると分かっている。彼と対戦するのは厳しいよ」と高く評価している。

     近年は低迷に苦しみ、2006年以来となるプレーオフ進出を目指すパドレス。現在29勝17敗でナ・リーグ西地区2位の好位置につけているが、守護神イェーツが今季絶望と救援陣にやや不安を抱える。ジョンソンが14年ぶりとなるポストシーズンへ大きな役割を握るかもしれない。

    Full-Count編集部




    【MLB】元阪神ジョンソンが10戦連続無失点で存在感 米メディアが分析した“進化”とは(Full-Count)  https://news.yahoo.co.jp/articles/5d291361547cea113562a885a08ac4dcd993a377  PJがんばってほしいね



    ドリス、PJがメジャーで活躍する。 →阪神の評判が広がる →MLB/3Aくらいの選手が阪神入団 →阪神の不動リリーバーとして覚醒 →2.3年後MLBに復帰 (ついでに知り合いのバースも来日)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    PJo


    8回途中からリリーフ登板し1回1/3、1安打無失点、延長10回に味方打線が勝ち越し勝利投手に

    ■パドレス 12-7 ジャイアンツ (日本時間31日・サンフランシスコ)

     昨年まで阪神でプレーし今季からパドレスに移籍したピアース・ジョンソン投手が30日(日本時間31日)、敵地ジャイアンツ戦の8回途中からリリーフ登板。1回1/3を1安打無失点の好投を見せ今季初勝利を挙げた。メジャーでは787日ぶりの白星となった。

     ジョンソンは同点に追い付かれた8回2死一塁の場面で5番手として登板。ロンゴリアを二直に抑える。9回もマウンドに上がり先頭のフローレスに右前打を浴びたが、デュボンを右飛、ハインマンを中飛、ダガーを85.3マイル(約137キロ)のカーブで見逃し三振に仕留めた。直球の最速は96.7マイル(約156キロ)だった。

     延長10回に味方打線が一挙6点を奪い、ジョンソンは今季初勝利を手にした。メジャーではジャイアンツ時代の2018年6月4日(同5日)以来、787日ぶりの白星となった。




    今日のピアース・ジョンソンの全投球 8回裏途中から登板し9回も0点で抑えた その後打線が爆発しMLB復帰後初勝利! https://t.co/aZVQBQhzNv



    @yumatigersbs なんか日本時代よりさらに進化してませんか!?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    今季から2年ぶりにメジャー(パドレス)に復帰した前阪神のジョンソン
     昨季まで阪神に在籍しリリーフエースとして活躍したピアース・ジョンソン投手。今季から再びメジャーに復帰し新天地となるパドレスでも中継ぎ陣の一角として期待されている。そんな中、ジョンソンは米メディアのインタビューで日本への感謝を口にしている。

     米大手データサイト「Fangraphs」は日本で成功を収めメジャー復帰を果たしたジョンソンのインタビュー記事を掲載。来日1年目の昨季は58試合に登板し2勝3敗、防御率1.38の成績を残し阪神の中継ぎエースとして活躍すると、同年オフには2年総額500万ドル(約5億4700万円)でパドレスへの移籍を決断した。

     記事ではまず、2018年のオフに日本球界入りを決断した理由についてMLBに残っていればマイナー契約だったことを明かし「僕には家族がいるから、思い切って飛び込むことにした。野球をやるために行ったんだ」と、年俸80万ドル(約9000万円)を提示した阪神入りを選択したようだ。

     入団前には阪神のエース右腕ランディー・メッセンジャーから日本球界で“必要”“不必要”なもののアドバイスをもらい投球術など自らを見つめ直したという。圧倒的な成績を残したが、メジャーからのオファーがありわずか1年で退団となったが「日本は気に入っていたよ。素晴らしい時間を過ごしたし、チームメートの皆が大好きだった」と感謝の言葉を口にしている。

     阪神への残留を受け入れる直前だったが、複数のメジャー球団からの誘いがあり「その機会に飛びついたんだ。(メジャーの)複数球団から話があったけど、すぐにパドレスがトップになったよ」とパドレス入りを決断。2年ぶりのメジャー復帰に向け「このチームの才能は素晴らしい。このチームの一員としてプレーすることに最高にワクワクしている」と、意気込みを口にしてる。

    Full-Count編集部




    【MLB】 前阪神・ジョンソン 日本への思い語る  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-00743124-fullcount-base  「僕には家族がいるから、思い切って飛び込むことにした。野球をやるために行ったんだ。日本は気に入っていたよ。素晴らしい時間を過ごしたし、チームメートの皆が大好きだった」



    @HT___no1 PJ大好き



    @HT___no1 ファンもPJが大好き


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    2年約5億4700万円でパドレスに移籍したジョンソン
     前阪神の右腕ピアース・ジョンソン投手は2年総額500万ドル(約5億4700万円)でパドレスに移籍した。阪神で中継ぎエースとして活躍した“逆輸入右腕”に地元紙は「大きな役割を担うことが望まれる」と期待を込めている。

     新天地・パドレスでも日本以上の活躍が期待される。地元紙「サンディエゴ・ユニオン・トリビューン」は今季のロースターレビューを紹介し、前阪神のジョンソンにも注目。メジャーでは17年にカブス、18年にジャイアンツでプレーしたが通算では38試合に登板し3勝2敗1ホールド、防御率5.44だったことを指摘。

     日本球界に移籍後は「90マイル台中盤の直球に加え、パワーカーブを投げ始めた。武器にしていたカットボールはピッチミックスから消えた。この変更により、日本で打者を圧倒した」と、急成長を遂げたことを伝えている。

     今シーズン、チームは先発に大きな補強がなく「パドレスはブルペンに頼ることになり、日本で復活したジョンソンがクローザーのカービー・イエーツにつなぐ大きな役割を担うことが望まれる」と大きな期待を寄せている。阪神時代同様に中継ぎエース、セットアッパーとして活躍することができるか、注目が集まる。




    【MLB】前虎ジョンソン、地元紙は中継ぎエースとして期待 「守護神につなぐ大きな役割」(Full-Count) パドレスの評価そんなに高いんかよ メジャーでも8回の男であり続けてくれ  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00657462-fullcount-base 



    【MLB】前虎ジョンソン、地元紙は中継ぎエースとして期待 「守護神につなぐ大きな役割」 あーやん👼MLBでも、セットアッパーか!!乞うご期待やね☺  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00657462-fullcount-base  #Yahooニュースアプリ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神で活躍したピアース・ジョンソン投手(28)が大リーグ、パドレスと2年契約で合意。関係者によると、契約内容は2年500万ドル(約5億4700万円)で球団が選択権をもつ3年目は300万ドル(約3億2800万円)。行使されなかった場合はバイアウトの100万ドル(約1億1000万円)で支払われるため、2年600万ドル(約6億5700万円)を保証されたことになる。さらに各年最大50万ドル(約5500万円)の出来高がついており、満額をゲットすれば、3年最大950万ドル(約10億4000万円)を手にできる。

     ジョンソンは昨オフにジャイアンツからFAとなったが、当時の年俸はメジャー最低保証額の54万5000ドル(約6000万円)だった。ところが、阪神ではセットアッパーとして安定したピッチングを披露し、58登板、2勝3敗、防御率1・38、40ホールドの好成績をマーク。わずか1年で年俸は(パドレスからの保証額を1年平均300万ドルで計算)は5・5倍に跳ね上がった。




    元阪神・ジョンソン パドレスとの契約は最大3年10・4億円 年俸は来日前の5・5倍(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00000087-dal-spo  おめでとう!! PJ パワーカーブ えぐかった メジャーでの成功を祈る



    元阪神・ジョンソン パドレスとの契約は最大3年10・4億円 年俸は来日前の5・5倍(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00000087-dal-spo  #ジョンソン #パドレス #最大3年10億4000万円 PJにはこれくらいの価値は十分にある わかってないおバカさんは阪神フロントだけ #球団がアホやから野球が出来へん


    続きを読む

    このページのトップヘ