とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ヒーローインタビュー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神5-3DeNA」(21日、甲子園球場)

     阪神のジャスティン・ボーア内野手(32)が“100万円弾”&決勝適時打と大暴れした。政府のイベント規制緩和に伴い、甲子園には1万1384人のファンが来場したが、期待に応える活躍ぶりを見せた。

     1点を追う六回1死走者なし。フルカウントから京山が投じた直球を一閃。打球は中堅方向へ一直線に伸び、そのままスタンドイン。ベンチ前ではカメラに向かって渾身(こんしん)の“ファイアボール”を披露していた。バックスクリーンに着弾し、今季、ユニ・チャーム株式会社から賞金100万円が贈呈される「バックスクリーンホームラン賞」をゲットした。

     そして八回には国吉から決勝適時打を放ち、試合を決めた。ヒーローインタビューでは「自分が打ったんですけど、ただそれもチームとチームのみんなで勝ち取った1本だと思うので」と爽やかな笑顔で、謙虚に語っていた。

     多くのファンが詰めかけただけに、ボーアも興奮が隠しきれない。スタンドのファンに向かって「本当に楽しかったです!みなさんは楽しめましたか」と問い掛け。球場中のファンも沸き返った。

     そして最後には日本語で「いいお天気ですね!タイガースファン、じゃあまた明日、お願いします」と流ちょうに話していた。




    / 勝利の立役者 #ボーア🔥 チャーミングなヒーローインタビューを💁‍♂️ \ 「そーですね、えーと」 「じゃあ、また明日お願いします」 日本語がとてもお上手です😊😊😊 ⚾#プロ野球 (2020/9/21) 🆚阪神×DeNA 📲#DAZN で配信 👉  https://www.dazn.com/ja-JP/home/4s34vkhyzu8u1o8ilsdxwyelm  #阪神タイガース #hanshin #tigers #NPB https://t.co/zsxnBoaT4w



    @DAZN_JPN バリエーション豊富やん



    @DAZN_JPN ボーア日本語上手い


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神4―0広島(2020年9月11日 甲子園)

     阪神・梅野が西勇とコンビで、今季初めてのお立ち台に立ち、最後は「勝つばい!」を披露した。

     ――西勇の完封について

     「9回行くっていうのも、1回のスタートからコントロール良く1人ずつ目の前の打者を、しっかり打ち取ることの積み重ねが、この9回の完封っていうところまできたので、本当にバッテリーで勝ち取ったなって思うゲームでした」

     ――初めての2番起用について

     「昨日の横浜の試合終わりに直接言われて、人生2番打ったことないんですけど、打席の中で目の前に近本がいて、ちょっと変な感じはしたんですけど、良い緊張感の中で、2番という役割を今日は果たせたのかなと思うので、引き続き気を引き締めて頑張りたいと思います」

     ――ファンのみなさんへメッセージを

     「最後に西さんみなさんと、一緒に勝つばいで終わりたいと思います。みなさん、このご時世ですので、声は控えめにお願いします。それではみなさん行きます。明日も、勝つばーい!」




    西と梅野 仲良いな~ 西 梅野バッテリー最高!!



    何回も見とくわ笑 【西勇投手&梅野選手ヒーローインタビュー、矢野監督インタビュー】 9月11日(金) 阪神vs広島(甲子園)  https://youtu.be/elPoFdCi7-Q  @YouTubeより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神5-4巨人>◇4日◇甲子園

    阪神小幡竜平内野手(19)が6回に高校時代のライバル巨人戸郷から適時打を放った。6回。4点差をつけてなおも1死一、二塁の好機で、1ストライクからの2球目直球を左翼線へ運び、二塁から大山が生還。終わってみれば1点差勝ちだっただけに、貴重な5点目となった。

    9戦連続スタメンで、この日は初めて「伝統の一戦」に出場。「そこまで強く意識することはなかったが、相手が戸郷で、高校時代から顔なじみだったので、そこだけ意識していました」。小幡は延岡学園、戸郷は聖心ウルスラ学園とともに宮崎の強豪でプレーしたが、この日が高校時代も含め初対決。「(戸郷が)昨年から活躍しているのを見て悔しかった。今日は絶対に打ってやろうという気持ちで臨んでいた」。2回のも右前打を放ち、3打数2安打1打点と攻略した。

    2人は宮崎県選抜のチームメートだった。2年前の8月31日に宮崎でアジア選手権前のU18侍ジャパンと対決。小幡は5番遊撃、戸郷は2番手で登板した。相手にはそれぞれドラフト1位の中日根尾、ロッテ藤原、広島小園がいたが、その3人は2軍で奮闘中。現在1軍でプレーしているのは小幡だけだ。

    小幡は8月29日広島戦(マツダスタジアム)に続いて2度目、甲子園では初のお立ち台に立ち「2年目の小幡です。自分も覚えてもらえるように頑張ります」と笑顔でアピール。巨人戦で10代選手によるタイムリーは91年新庄以来。若虎の象徴がチームに勢いをつけている。




    小幡くんの甲子園初ヒーローインタビューでの自己紹介です🐯💗 https://t.co/bV0B4PJlBn



    小幡クラス、既にスターの雰囲気がある。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神5-4巨人>◇4日◇甲子園

    大山の1発がG倒への号砲だった。両軍無得点の2回。先頭打者で巨人戸郷の外角高めスライダーを捉えた。「入ってくれ、と思って走っていた」。打球は風に乗って左翼スタンドへ。宿敵からの29イニングぶりの得点は、背番号3から生まれた。

    前回は8月18~20日に東京ドームで対戦し、57年ぶりに巨人の本拠地で3連戦3完封負けの屈辱を味わった。大山にとって「伝統の一戦」今季初アーチで、巨人戦での0行進に終止符を打った。これで勢いに乗って2回は西勇のスクイズで加点し、6回はサンズの2ラン、小幡の適時打プラス大山の激走生還で3点を奪った。今季2戦で2勝を稼がれ、1点しか奪えていなかった戸郷を攻略した。矢野監督も「悠輔のホームランという形でリズムはできました」と納得顔だ。

    大山は19年に並ぶ自己最多のシーズン14本目。「自分超え」に王手をかけたが「ホームランがすべてではない」と語ったことがある。「どういう形で打てたか、どういうスイングができたか。なんで打てたのか…。そういうことのほうがよっぽど大事」。今春キャンプから、練習試合や紅白戦、ケース打撃後さえも自分の打席を映像で見返してきた。打席で実際に感じたスイングと、外から見てみるスイングは一致しているのか。時には現代らしからぬ、動きを止めた写真を見つめて自己分析したこともあった。

    結果がすべてではない。過程を大事にするからこそアーチは生まれる。「これで満足しているようでは…まだまだです。やっぱりレベルアップしていきたいのはずっと思っている。1本でも多く打つことを目標にしています」。飽くなき探求心の結晶が表れている。

    チームは今季18度目、巨人戦に限ると19年8月31日(甲子園)以来約1年ぶりの2桁安打を放った。首位との差を詰めるチャンスの4連戦。まずは1点差で逃げ切り、初戦を勝った。大山は言う。「120試合の全部が大切。その中で勝ちもあれば負けもある。1試合1試合勝ちを積み重ねていくというところで、この1試合」。そのバットで逆転優勝の望みをつなげていく。【只松憲】




    大山昨年は不調時期に入ると長打もまるっきり止まってたけど、 今年はホームランは定期的に稼いでるし、そこは素晴らしいな



    去年144試合阪神で一番ホームラン打っていたのは大山の14本 63試合で大山14本、サンズ15本 素晴らしい👏


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神11-3中日>◇26日◇甲子園

    阪神オネルキ・ガルシア投手(31)に、聖地の神様がやっとほほえんだ。甲子園通算13度目の先発で初勝利。「本当にうれしい。ここにいる皆さん、テレビの前の皆さんと勝利を分かち合えてうれしい」。制球良くボールをちりばめ、4回まで無安打投球。古巣中日打線を抑え込んだ。

    5回に追いつかれ、6回無死二、三塁からビシエドの犠飛で勝ち越されたが、最少失点で踏ん張った。降板直後に陽川が逆転3ランを放つと、ベンチの最前列で体いっぱいに喜びを表現。「自分の喜びが全部出たかな。彼のおかげで試合もひっくり返ったし、自分の気持ちも変わったし、そこからモチベーションを高く持つことができた」。力のこもった「ゴリラポーズ」で迎えると、ダメ押し2ランを放ったボーアには「ファイアボール」でお出迎え。お立ち台では陽川にバナナを手渡すなど、陽気な助っ人はいつにも増して楽しそうだった。

    昨季終盤にロングリリーフとして甲子園で3連勝を挙げていたが、中日時代の18年から甲子園で先発した試合は12戦0勝4敗。「勝てないことは気にはしながらも、いつもポジティブな気持ちで投げていたよ」。前日25日の練習後には、自宅で髪を赤色に染めていた。昨季の2軍調整中も赤いモヒカンヘアで気分転換。「なにか自分の中で変えられることがあればと思って」。ラッキーカラーの験担ぎも実って記念の白星。赤い髪のガルシアがここから勢いに乗る。【磯綾乃】




    序盤の全然打てなかった頃に阪神ファンのヤジや罵声を受けずに済んだのが大きいな。あれはメンタルやられる。 阪神爆笑お立ち台 陽川にバナナ ボーアは「タイガースファンメチャメチャイイ」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/7c994eed3b42aa5f3fec932f4c62428dca1affc0 



    録画でヒロインを見てるけど、陽川にマイク代わりにバナナを向けてインタビューのふりをするガルシア明るいやっちゃなw。ボーアもお茶目だし、サンズもマルテも長く在籍してほしいな。


    続きを読む

    このページのトップヘ