とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    プロレス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

    1



    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/23(土) 16:09:43.11 ID:CbGHUuhS9
    女子プロレス「スターダム」は23日、所属する木村花さんが同日に死去したことを発表した。22歳だった。

    訃報を受け、女子プロレス界のレジェンド・長与千種がツイッターを更新。木村さんとのツーショットを掲載し、「花、順番が違うぞ!!花はこれからだったんだぞ 老いた婆より先に行くか?花 平手打ちしたいぞ!バカタレ」と愛情あふれるメッセージを載せた。さらに、「花 泣くに泣けないぞ。いつかまたプロレスしような。まってろよ」とつづった。

    また、NETFLIXで配信されている「テラスハウス」にも出演していた木村さんはSNSなどで誹謗中傷を受けていたとされ、抗議と思われるツイートも続々と投稿した。「心がザワザワして苦しい。ありえん ありえん ありえん ありえんぞ、許せない」とし、「SNS書き込みは言葉で人を殺める事ができるツールではないはず。言っておく!!これからの選手 これからのプロレスラーだった。
    悪役を演じただけ。本当の彼女は礼儀も優しさも兼ね備えた後輩でプロレスラーだったから」と記述。「狂ってるわ。バカタレ」などと悔しさをぶちまけた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200523-00000061-dal-fight

    12: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/23(土) 16:15:01.42 ID:PIVjUQ850
    >>1
    女子レスラー仲間のツイート


    林下 詩美♛utami
    @utami0914
    ちょっとしたコメント
    軽い気持ちで言った言葉
    じゃないんだよ
    沢山の心無い言葉を目にする本人の辛さは計り知れないし
    真っ直ぐな人だから誰よりも言葉を重く受け止めちゃうんだよ
    度が過ぎた言葉を投げつけてた人はこれで満足なの?
    言葉は自由だけどさ
    もう少し考えようよ

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1590217783/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・藤浪晋太郎投手(25)にプロレス界のレジェンドから熱いエールが届いた。

     新型コロナウイルスに感染した藤浪は退院に向けたPCR検査中で、2度の検査で「陰性」の診断が出れば晴れて現場復帰となる。だが、結果的には猛虎のコロナ騒動の“主役”であったことは事実で、復帰後もいばらの道が続くことは想像に難くない。

     そんな逆境右腕の背中を押したのはドラディションの藤波辰爾(66)だ。「ナミ」の字は違えど、同じ名字のため藤浪に一目置き、入団時から気にかけていたという。「ニュースを知った時はびっくりした。後に藤浪選手と分かったんだけど、プロレスファンは最初、僕を連想したみたいであちこちから電話が来たよ。『大丈夫か?』って」とまさかの“風評被害”を受けていたことを告白。その上で藤波は「『こんなときに何をしているんだ?』ということは突かれる。あとはプレーで挽回するしかないし、汚名返上はそれを通じて見せるしかない」と語った。

     さらに「バッシングは最初から覚悟の上。逆風が通り過ぎるまで腐らず、自分がプロを目指した時の気持ちにもう一度立ち戻ってやること。逃げたり隠れたりする必要なんかない。それを克服した時、ひと回り、ふた回り大きくなる。甘んじてバッシングは受けろ!」と猛ゲキを飛ばした。

     藤波自身も腰痛による長期欠場、新日本プロレス退団…と幾多の試練を乗り越え、来年はデビュー50周年を迎える。かつて自主トレレベルでプロ野球選手の練習に参加したことがあるというマット界のドラゴンは「彼が復活したら一緒にキャッチボールをしたいね!『藤波対藤浪』で! だからともに頑張りましょう」と藤浪が復活した暁にはタッグ結成も熱望。猛虎の“弟分”とともにコロナ禍に沈むスポーツ界を「フジナミ」旋風で盛り上げるつもりだ。




    コロナで逆境の阪神・藤浪に! プロレス界のレジェンド・藤波が猛烈エール  https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1806891/  フジナミどうしで気があいそうだ、やはり藤浪の復活を阪神ファンは待望してるだろう


    続きを読む

    このページのトップヘ