1


 ◇セ・リーグ 阪神―ヤクルト(2020年7月16日 甲子園)

 阪神・陽川がプロ7年目で初めて中堅の守備に就いた。5回1死から近本の代打で途中出場。右飛に倒れたが、6回の守備からそのまま中堅の守備についた。

 陽川の中堅は1、2軍を通じて初めて。本職は内野だが、新たなオプションとして守り切りたいところだ。これで右翼には糸井、左翼はサンズと“重量級”の外野守備陣に変わった。




阪神タイガース センター 陽川 pic.twitter.com/WJnL7LYIdl



センター福留、陽川トレンド入りは草



センター陽川とセンター福留で無限に草生える


続きを読む