とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ホームラン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神―DeNA(2020年7月10日 甲子園)

     有観客試合が始まった10日、甲子園ではDeNAの梶谷隆幸外野手(31)と、阪神の近本光司外野手(25)がそれぞれ先頭打者本塁打を放ち、ファンを喜ばせた。

     まず、初回表、梶谷は1ボール1ストライクから阪神・青柳の3球目のカットボールを右翼スタンドに叩き込む3号ソロ。その裏、近本は2ストライクからの大貫の3球目のスプリットをバックスクリーン右へと弾き返す2号ソロを放った。近本の先頭打者弾は、21日の巨人戦でサンチェスから放って以来、今季2度目。

     両球団先頭打者本塁打は、昨年6月21日に神宮で行われた交流戦で荻野(ロッテ)と山田哲(ヤクルト)が放って以来、プロ野球史上15度目(セ・リーグ6度、パ・リーグ7度、交流戦2度)。




    近本選手のとらえたときのバッティングフォーム綺麗↑ 【阪神】有観客はプロ野球15度目の両軍先頭打者アーチで幕開け 猛虎ファンは悲鳴と歓喜(スポーツ報知)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200710-07100201-sph-base 



    結構あるのね 甲子園はプロ野球15度目の両軍先頭打者弾!初回にDeNA・梶谷3号、阪神・近本が2号ソロ― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/07/10/kiji/20200710s00001173355000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・大山悠輔内野手(25)が10日のDeNA戦の初回に、3号ソロを放った。

     近本の先頭打者弾などで逆転に成功すると、第1打席、相手先発・大貫の投じた3球目のカットボールを〝マン振り〟。美しい弧を描いた打球は左翼席ポール際付近に着弾した。

     会心の一打を放った虎の4番は「良い流れで(打席が)回ってきたので、その流れに乗って打つことができた」と手応え十分の様子。長距離砲の胸のすく一発に、甲子園へ詰めかけた5000人の虎党は大きく涌いた。




    4番大山にも一発!レフトへソロホームラン! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース https://t.co/CncwxFJxZn



    @TigersDreamlink この人4番だね。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    oyama



    【一軍】阪神3-1DeNA 1回裏 4番の一発!最高の滑り出しや! 投手:大貫 打者:大山 結果:レフト第3号ソロソロホームラン! 【公式モバイルサイトで実況速報中!】  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル



    @hanshintigersjp 大山岡本論争勃発



    @hanshintigersjp 知ってる阪神じゃない


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    tika1


     ◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神―DeNA(10日・甲子園)

     有観客での初ゲームが午後6時にプレイボールとなり、いきなり甲子園が悲鳴に包まれた。

     先発の青柳が先頭・梶谷に1ボール1ストライクから内寄りのカットボールをとらえられた。高く舞い上がった打球は黄色いユニホームを着た猛虎ファンが待つ右翼スタンドにポトリ。約5000人が詰めかけた場内からは、ため息が漏れた。

     しかし、その裏には阪神の1番に入った近本が大貫のフォークをバックスクリーン右に放り込んだ。今度はメガホンを握った阪神ファンが歓声を上げ、ダイヤモンド一周を見送った。さらに1死走者なしから大山も3号ソロで続いた。

     両チームの初回先頭打者本塁打はプロ野球で15度目。ファンが帰って来た甲子園は、いきなり見どころあるスタートとなった。




    【一軍】阪神1-1DeNA 1回裏 近本も負けじと先頭打者弾!ええで! 投手:大貫 打者:近本 結果:センター右へ第2号同点ソロホームラン! 【公式モバイルサイトで実況速報中!】  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル



    @hanshintigersjp 初回先頭打者本塁打返し



    @hanshintigersjp よっしゃー近本



    @hanshintigersjp ナイスちかちゃん!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



     まばゆいカクテル光線に照らされ、白球がぐんぐん伸びた。今季の本拠地・甲子園開幕戦。均衡を破ったのは頼れる助っ人の一発だ。9日、巨人を本拠地に迎えた阪神・ボーアが先制の3号2ラン。ナインの大歓声をバックに、悠々とダイヤモンドを一周した。

     「ガルシアや岩崎がゼロで抑えてくれていたので、なんとか援護したい気持ちでいっぱいだったよ。コンパクトにスイングした結果、ホームランになってくれてすごく興奮したし、ピッチャーに恩返しができてよかったね」

     0-0で迎えた七回だった。先頭の大山がしぶとく右前に運び、無死一塁。カウント1-0からメルセデスの2球目の127キロスライダーを振り切った。打球はバックスクリーン右に飛び込む超特大アーチ。甲子園に渾身の“ファイアボール”が響き渡った。

     4日の広島戦(マツダ)から、今季初の連勝で5カード連続のビジター戦を締めた。打線も15安打9得点、8安打8得点と、目覚めの気配を漂わせていた阪神打線だったが、この日は何度も苦杯をなめてきた難敵が立ちはだかった。

     過去6度対戦し、一度も土をつけたことがない左腕・メルセデス。この日も140キロ後半の直球でコーナーをつかれ、バットが出ない。六回までに喫した三振は8個。得点圏に走者を進めることができず、チャンスすら作れなかった。

     この日の試合前までの対戦防御率が1・02と、徹底的に抑えられてきたが、それはボーアのいなかった昨年までのこと。来日1号に続いて、B砲がまた、苦手とする左腕から大きな一撃を放った。ボーアは一回、二回と失策を犯し、“甲子園の洗礼”も味わったが、これでミスは帳消し。開幕カードで3連敗を喫した相手に、しっかりと借りを返した。

     今季初の3連勝。10日からは、ファンが球場へと戻ってくる。ホームの後押しが色濃くなる有観客試合を前に、伝統の一戦でボーアが猛虎打線をさらに加速させた。




    コメントも素晴らしいボーアさん😭♥️



    先制2ランを放った #ボーア 選手のコメントです! 「打ったのはスライダー。ガルシアや岩崎がゼロで抑えてくれていたので、なんとか援護したい気持ちでいっぱいだったよ。コンパクトにスイングした結果、ホームラン になってくれてすごく興奮したし、ピッチャーに恩返しができてよかったね」


    続きを読む