とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    マット・キーオ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    キーオが阪神に入団したのは、わたしが2度目の監督に就いた3年目の1987年(昭62)でした。この年は最下位に沈んだ苦しいシーズンになった。85年に21年ぶりのリーグ優勝、日本一になっていたので、まさに「天国」と「地獄」を味わったわけです。

    その「地獄」のような苦境を支えてくれたのがキーオです。開幕前からさまざまな問題が起き、チームは混乱した。わたしは投手力に弱点があることも感じていたので、思い切ってキーオを4月10日ヤクルト戦(甲子園)で開幕投手に抜てきしたのです。

    新外国人が開幕戦に登板するのは球団史上初のようでしたが、そのシーズンは本当に勝ちが計算できる人材が見当たらなかった。スリークオーター気味の右腕で、リズム良く投げ、変化球を多投しながらゴロを打たせるタイプでした。

    その年のチームは、勝率3割3分1厘が示すように、とにかくよく負けました。当時本社から出向してきたばかりで身内の南信男広報(後の球団社長)からも「監督、いつになったら勝つんですか?」といわれるほどで、メディアからも散々たたかれた。

    そんな暗黒のシーズンに、キーオはひたすら投げ続けた。1年目から11勝14敗は立派で、3年続けての2桁勝利は日本に順応したからだと思います。キーオの訃報を伝え聞き、つらかった年に奮闘した面影をしのんでいるところです。心より哀




    キーオ投手が我がタイガースに入団してくれていなかったら・・、散々な記録を更新していたろぅ ありがとうございました。 合掌 . 吉田義男氏、地獄の苦境支えてくれた/キーオ氏悼む(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200503-25030347-nksports-base 



    強い時期に来てたら、もっと勝てただろうなあ… 吉田義男氏、地獄の苦境支えてくれた/キーオ氏悼む - プロ野球 : 日刊スポーツ  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202005030000347.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     1980年代後半の阪神投手陣を支え、通算45勝を挙げたマット・キーオ氏が1日(日本時間2日)に死去した、と大リーグ公式サイトが2日(同3日)、伝えた。64歳だった。

     現役時代に同氏と対戦した野球評論家・中畑清氏は2日のテレビ東京系「スポーツウォッチャー」にリモート出演。苦戦した投手として、阪神のマット・キーオ氏の名前を挙げていた。

     番組では「プロ野球最恐魔球」として、日本球界で特異な「変化球」を駆使した投手を特集。中畑氏は「私と原監督が苦労したマット・キーオというピッチャーが投げたナックルカーブ」と振り返った。

     中畑氏は「バッターの顔に向かってくるわけよ。思わず逃げたが、ブレーキが良く、見送ったボールがストライク。こんなバッターは使えませんよということで翌日から、私は先発を外れました。彼のおかげで現役が短くなりました」と笑わせていた。

     キーオ氏は87年から90年まで背番号4をつけて阪神でプレーし、先発の柱として3年連続2桁勝利を挙げるなど、4シーズンで通算45勝44敗、防御率3・73の成績を残した。



    ▼その記事がこちら



    昨日、深夜のスポーツニュースで中畑が「キーオの変化球が打てなくて引退に追い込まれた」って話してたばかりだから驚いた。  https://twitter.com/nhk_news/status/1256847220080439297 



    元阪神のキーオ氏が64歳で死去  https://sports.yahoo.co.jp/contents/6092  昨日、中畑清氏があのカーブは打てなかったと評価してたばかりのに、あまりにも若すぎますね。 ご冥福をお祈りします。



    え、キーオさん亡くなったの? 偶然今日の朝中畑さんのインタビュー記事を見てたらキーオさん出てきてたのになぁ、、 御冥福をお祈りします。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    阪神では通算107試合に登板し45勝44敗、防御率3.73をマーク
     元阪神のエースとして活躍したマット・キーオ氏が64歳で亡くなったことが分かった。米紙「サンフランシスコ・クロニクル」が報じている。

     記事では「アスレチックスの80年代前半の“5人のエース”の1人だったマット・キーオ投手が、南カリフォルニアで金曜日に亡くなった。64歳だった。死因は明らかになっていない」と伝えた。

     キーオ氏はアスレチックス、ヤンキースなどを経て1987年に阪神に入団。移籍1年目から開幕投手を務めると11勝を挙げる活躍を見せ、3年連続2桁勝利をマーク。阪神では4年間在籍し通算107試合に登板し45勝44敗、防御率3.73をマークしていた。




    【元阪神 マット・キーオ氏死去】  https://yahoo.jp/swpRtH  元阪神のエースとして活躍したマット・キーオ氏が64歳で亡くなったことが分かった。アスレチックス、ヤンキースなどを経て1987年に阪神に入団、3年連続2桁勝利をマーク。



    @YahooNewsTopics 64ってまだ若いのに 湯舟とか藪が現れる前の真・阪神暗黒時代のエースが



    @YahooNewsTopics 弱かった阪神を支えた助っ人 ご冥福をお祈りします


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     野球評論家・中畑清氏が2日、テレビ東京系「スポーツウォッチャー」にリモート出演。現役時代に苦戦した投手として、阪神のマット・キーオ氏の名前を挙げた。

     番組では「プロ野球最恐魔球」として、日本球界で特異な「変化球」を駆使した投手を特集。中畑氏は「私と原監督が苦労したマット・キーオというピッチャーが投げたナックルカーブ」と振り返った。

     キーオ氏は87年から阪神に在籍し、4シーズンで45勝を挙げた右腕。そのカーブについて、中畑氏は「バッターの顔に向かってくるわけよ。思わず逃げたが、ブレーキが良く、見送ったボールがストライク。こんなバッターは使えませんよということで翌日から、私は先発を外れました。彼のおかげで現役が短くなりました」と笑わせた。




    中畑清氏、現役時代に経験した“魔球”は阪神助っ人のカーブ「彼のおかげで現役が短くなった」/野球/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/baseball/2020/05/02/0013315972.shtml  #タイガース #tigers #阪神 #DailySports



    @Daily_Online こういうお話しおもしろい!! また楽しみしてますー



    @Daily_Online 元々短い人が言う事では無い?


    続きを読む