とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    マテオ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     元阪神のセットアッパーで、今春からルートインBCリーグ石川に入団したマルコス・マテオ投手(34)をめぐって“国外逃亡”したというニュースがネットをにぎわせていることが9日、分かった。

     マテオは2018年限りで阪神を退団。3月30日に石川が同投手の入団を発表していた。しかし、7日の富山GRNサンダーバーズとの開幕戦に不在だったことなどから、ネット上に“逃亡”のうわさが広がっていったようだ。

     「元阪神マテオ、BCリーグの試合に現れず…海外逃亡か」「マテオBCリーグから逃亡」「国外逃亡ってちょ」「行方不明(国外逃亡の疑いも)」といった驚きの声や戸惑い、心配するツイートが飛び交っている。

     所属球団の石川はデイリースポーツの取材に対して“逃亡”のうわさを否定した上で「現在はドミニカで調整中です」と説明。ただ、うわさが広まっていることは球団としても把握しているという。母国で調整中のマテオの来日日程はまだ決まっていないという。

     マテオは阪神では中継ぎ、抑えとして通算132試合に登板。8勝8敗20セーブ47ホールド、防御率2・80だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000124-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/29(金) 08:34:35.26 ID:KMDn/PqO0
    no title

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1553816075/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/31(水) 13:40:53.09 ID:HjKMGt+o0
    阪神3助っ人ロサリオ、マテオ、モレノが自由契約
    egosi

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00378197-nksports-base

    日本プロフェッショナル野球組織(NPB)の斉藤惇コミッショナーは31日、
    阪神のウィリン・ロサリオ内野手(29)マルコス・マテオ投手(34)ディエゴ・モレノ投手(31)を
    自由契約選手として公示した。野球協約第120条のウエイバー不請求による。

    ドミニカ共和国出身のロサリオは今季、韓国ハンファから移籍して加入。
    韓国で2年連続3割、30本塁打、100打点の実績を買われ、主砲として期待された。
    だが、日本では力を発揮できず、75試合で281打数68安打、8本塁打、40打点、打率2割4分2厘と苦しんだ。

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1540960853/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/05(金)04:58:04 ID:YBb
    来日1年目の今季は不動の4番として期待されながら、75試合出場にとどまり、打率2割4分2厘、8本塁打と低調。
    3億4000万円と高額な推定年俸もネックで契約更新は難しい情勢になった。
    マルコス・マテオ投手(34)ディエゴ・モレノ投手(31)途中入団のエフレン・ナバーロ内野手(32)も今季限りになる方向。
    先発のランディ・メッセンジャー投手(37)は来年は日本人扱いになり、残留方針を固めている。
    今季30セーブのラファエル・ドリス投手(30)も契約を更新する方向。

    1-2レビュー


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00352223-nksports-base

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1538683084/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/08/28(火) 07:36:59.48 ID:CAP_USER9
    阪神は27日、ウィリン・ロサリオ内野手(29)の出場選手登録を抹消した。
    年俸3億4000万円の単年契約で入団した助っ人だが、順位争いの佳境となるシーズン終盤での2度目の2軍降格は、事実上の戦力外通告。
    再昇格の可能性は残されているものの、1年限りでの退団が決定的となった。

    ロサリオは開幕から変化球攻めに苦しみ、6月3日に1度目の抹消。
    7月17日に再昇格した直後は、復調の兆しを見せたが、最近はチャンスで凡退する場面が目立っていた。75試合に出場し、打率2割4分2厘、8本塁打、40打点。
    甲子園では110打席に立ったが、本塁打がなかった。

    また、今季が来日3年目のマルコス・マテオ投手(34)、1年目のディエゴ・モレノ投手(31)も今季限りでの退団が濃厚。
    マテオは昨季、最優秀中継ぎのタイトルを獲得したが、今季は17試合で0勝1敗4ホールド、防御率6・75。7月17日に2度目の登録抹消となった。

    阪神の外国人で残留が決まっているのは、来季から日本人選手扱いとなるランディ・メッセンジャー投手(37)と、守護神で29セーブを挙げているラファエル・ドリス投手(30)だけ。
    途中加入のエフレン・ナバーロ内野手(32)も、現場が求めるスラッガータイプではなく、契約更新は微妙だ。

    1 - コピー


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000028-sph-base
    8/28(火) 6:04配信

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535409419/

    続きを読む

    このページのトップヘ