とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    マートンからのメッセージ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     みんな、信じよう! 最多安打のタイトルを3度獲得するなど、2010年代前半に阪神の中軸として活躍したマット・マートン氏(38)=米大リーグ・カブス、ベースボール・オペレーション補佐=が31日、米国から阪神ファンに激励メッセージを寄せた。11年には東日本大震災を経験。そこで感じた「信頼」を、新型コロナウイルス感染拡大を乗り越えるキーワードに掲げた。

     阪神タイガースファンの皆さん、お久しぶりです。連日、恐ろしく悲しいニュースが流れています。新型コロナウイルスに苦しまれている方々がいることに、心を痛めています。一日も早い終息を願っています。

     私自身も落ち込んでしまいそうになりますが、世界中の人々が苦しんでいるときこそ、お互いに助け合い、困難に立ち向かっていかなければなりません。イエス様が私たちのために十字架にかかってくださったように、困難に直面している人々を愛し、手を差しのべることこそ、私たちが今、すべきことではないかと感じています。

     藤浪選手、伊藤隼選手、長坂選手に陽性反応が出たことも日本の友人から聞きました。長坂選手とは会ったことはありませんが、3人のためにも、米国から祈っています。

     2011年3月11日、日本にいた私は東日本大震災を経験しました。私が育った米国南部では地震はほとんどないため、恐怖を感じました。一方で被災した方々が苦しみ、悲しんでいる姿を見て、とても心が痛みました。微力でも、できることがあれば何でもしたい。そう思いました。

     私たち家族も最初は不安でしたが、日本を離れようとは一切、思いませんでした。日本こそ私たちが今いるべき場所だと思っていましたし、心から第2の故郷だと感じていたからです。そして何より、私たちが日本の人々を心から信頼していたからです。

     困難に立ち向かうときに、何よりも大切なことは信頼です。私たちは何が起きたとしても、球団のリーダーや周りの人々が私たちを安全に導くために、正しい判断をしてくれると信じています。揺るぎない信頼を持つことです。個々の力は小さくても、力を合わせ、一つになれば、とても大きな力に変えられると信じています。

     タイガースの選手のみなさんは、辛い現状を見つつ、いつか訪れる開幕へ、最高のコンディションを整えようと調整していることでしょう。昨季はいい状態でシーズンを終えました。昨季後半の状態を礎に、さらに強いチーム作りをしているところだと思います。今年は新加入の井上選手、ボーア選手、サンズ選手に期待しています。彼らが昨年のクライマックスシリーズ時のメンバーに加われば、とても強力なチームになると思っています。

     ボーア選手はオープン戦で長打がなかったと聞きましたが、自分の才能を信じてください。日本のバッテリーの傾向や癖を学んでください。オープン戦の結果にとらわれず、自分を信じてベストを尽くすこと。それがレギュラーシーズンの大事なときに、チームを勝利に導くことになるはずです。

     今でもファンの皆さんには心から感謝しています。阪神ファンは世界中のあらゆるプロスポーツのファンの中で一番素晴らしいと思っています。信じて、あきらめないでください。また、ファンの皆さんにお会いできることを、心から楽しみにしています。







    マートンは神、、素晴らしい コロナ禍に打ち勝とう!元阪神・マートン氏が虎党に激熱メッセージ「何よりも大切なことは信頼」(サンケイスポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00000021-sanspo-base 





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    TV、ネットなどの情報に「何が真実なのかを見極めるよう知恵を絞ってください」
     阪神で2010年から15年まで6年間プレーしたマット・マートン氏が自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの陽性反応が出た藤浪晋太郎投手らに向けてエールを送った。

     マートン氏は自身のツイッターで「藤浪、長坂さん頑張って! 既に(コロナの)影響を受けている人たち頑張りましょう!」と綴り動画を公開した。

     世界中で感染拡大が続く新型コロナでNPB、MLB、東京五輪が延期になった現状を語り「規則を守って集中を保つこと。日々の目標を定め達成するために努力しましょう。TVニュース、ネット上にある情報によって感情のコントロールを失うことなく何が真実なのかを見極めるよう知恵を絞ってください」と呼びかけた。

     再び、平和な日々に戻ることを祈っているマートン氏は「今、私たちが生きているこの不安な時、お互いに助け合い、皆が安全に暮らせること、これが私の祈りです」と綴っていた。

     東日本大震災から9年が経過した3月11日には「私たちは今までも、そしてこれからも『3.11』を忘れることはありません」とツイッターを更新するなど、日本を離れても変わらぬ気遣いを見せていたマートン氏。共に戦った藤浪らの回復、そして世界中に向けエールを送っていた。




    Fujinami, Ito, Nagasaka san ganbatte! Praying for everyone effected! Ganbarimasho! 🇺🇸 🇯🇵 #COVID19 https://t.co/VUTCuslnNV



    @mmurton9 サンキューマートン



    @mmurton9 Thank you Murton!



    @mmurton9 マートンさん、ありがとうございます!


    続きを読む