とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    マートン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/12(木) 05:53:31.55 ID:CAP
    サンケイスポーツ 5月12日 5時0分配信
    no title

     オリックスが、昨年まで阪神に在籍したマット・マートン外野手(34)=カブス3Aアイオワ=を
    筆頭候補に、緊急補強に乗り出すことが11日、明らかになった。新外国人2人を含む3人の助っ人野手が
    機能せず。最下位を低迷するチームの起爆剤として白羽の矢を立てたのは、2010年にシーズン
    214安打の日本記録(当時)を樹立した安打製造機だ。

     日本ハムに完敗で、再び単独最下位に。浮上の兆しが見えないオリックスが、反攻へ勝負手を打つ。
    阪神時代の2010年にシーズン214安打で日本記録(当時)を樹立したマートンを筆頭候補に、
    新外国人補強に乗り出した。日本球界を熟知した安打製造機に、低迷脱出を託す。

     今季は2年目のブランコに加えて、ボグセビック、モレルの野手2人を補強。オープン戦では新助っ人
    コンビが好調で、モレル4番、ボグセビック5番で開幕を迎えた。しかし、2人とも成績が伸びず、
    モレルの不振がそのままチーム状況に反映。ボグセビックはすでに2軍落ちした。

     代わって10日に1軍昇格のブランコは1試合出ただけで故障が再発するなど、起爆剤にはほど遠い。
    現状の助っ人では手詰まりに陥った。

     “即効薬”がほしいオリックスはシーズン中という状況を考慮して、来日してすぐに日本の野球に
    順応できることもリストアップの条件とした。すぐに名前が出たのがマートンだ。阪神在籍6年で
    1020安打を放ち、通算打率・310。昨季限りで退団して米球界に復帰し、現在はマイナー契約で
    カブス傘下に在籍している。細かいことを気にしすぎて激高したりスランプに陥るなど性格面に難があり、
    阪神時代はトラブルもあったが、今のオリックスはあれこれ言っていられない。

     現在、複数の日本の球団がM砲獲得に乗り出しているが、本人も家族も神戸が気に入っていて、在阪球団の
    オリックスにアドバンテージがある。

     オリックスはマートン以外にも昨年限りで広島を退団したライネル・ロサリオ外野手(26)=
    レッドソックス=もリストアップ。いずれにしても、近日中に結論が出そうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00000500-sanspo-base

    2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/12(木) 05:56:44.27 ID:mZo0/jmQ0.n
    ブランコって移籍してからまともに試合でてないんじゃないの?

    引用元: ・http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/mnewsplus/1463000011/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1:2016/04/19(火) 15:13:32.07 ID:  

     
    今年のプロ野球は背番号「9」が輝いている。ソフトバンクの柳田、巨人の亀井、楽天のオコエ。そして阪神の高山。わずか1カ月で虎の背番号「9」はマット・マートン外野手(34)から高山へ定着した。そのマートンの「日本球界復帰」の可能性が高くなってきたという。

     古巣のカブスと2月にマイナー契約を結んだ彼は招待選手としてスプリングキャンプに参加した。だが、早々に「虫垂炎」で戦列離脱。結局、メジャー昇格が可能な40人枠に入ることができず、現在はカブス傘下の3Aアイオワ・カブスでプレーしている。

     ある球界関係者は5月中旬にもマートンサイドから「復帰」への動きが出る-と予想している。

     「日本で4億円をもらい、高級ホテルに滞在。至れり尽くせりの生活をしていた選手が、安いホテルに泊まり、深夜のバス移動-というマイナーの劣悪な環境に耐えられるのは1カ月が限度。たとえ給料が半分以下になっても日本に復帰したいと、エージェントへ言ってくるのが5月中旬頃-とみています」

     ちょうど日本球界でも序盤戦を終えた各チームが戦力の再検討に入る時期。期待はずれの新外国人選手や思わぬけがで戦力の立て直しが必要になったチームにとって、日本球界で実績のあるマートンは魅力的だ。

    守備力だけを考えればDHのあるパ・リーグのチームが有力。だが、審判への不信感さえ取り除いてやれば守備への影響は少なくなる。そこで有力候補に挙がってくるのがラミレス新監督となったDeNAだ。

     「横浜という場所。言葉や生活面の不安がなく、監督とのコミュニケーションもうまくいく。それに新外国人選手のロマックが期待はずれ-となれば大いに可能性が出てくるでしょう」

     外国人選手を獲得できる期限は7月31日まで。マートンの日本球界復帰への動き…しばらくは目が離せない。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000079-san-base
    2:2016/04/19(火) 15:14:32.32 ID:
    どこ守らずねん
    まさかセンターか?
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:2016/03/26(土)09:20:56 ID:
    マイナー契約でメジャーキャンプに参加、高打率の元広島グスマンも…

     アリゾナでスプリングトレーニング中のカブスが、メジャーキャンプに招待選手として参加していた元阪神のマット・マートン外野手、元広島のへスス・グスマン内野手ら9人をマイナーに降格させた。MLB公式サイトが報じている。

    NPB各球団発表、今オフの戦力外、引退、補強、移籍一覧

     昨季まで6年間、阪神打線を牽引したマートンは2004年からカブスに所属。06年には144試合に出場し、打率2割9分7厘と活躍していた。今季、08年シーズン途中に移籍して以来の復帰を果たし、オープン戦は4試合に出場して8打数3安打の打率3割7分5厘だったが、キャンプ中に虫垂炎の除去手術を受けて離脱する不運もあった。

     また、昨季広島に所属したグスマンはオープン戦10試合に出場。19打数7安打で打率3割6分8厘、2打点と気を吐いていたが、開幕メジャーへ生き残りは果たせず。NPBの元助っ人コンビはカブスとマイナー契約を結び、メジャーキャンプに招待選手として参加していた。

    川崎はOP戦打率3割7分5厘と活躍中、36人→25人に生き残れるか

     マイナー送りとなった9選手の中には、2012年のドラフト1巡目でプロスペクトランク5位のアルバート・アルモラ外野手らスプリングトレーニングで活躍していた期待の若手も含まれている。

     一方、マートンらと同じマイナー契約でキャンプに参加中の川崎宗則選手は生き残った。オープン戦16試合に出場し、32打席12安打の打率3割7分5厘、5打点と大活躍している。20打席以上立ったカブスの野手の中で、2番目の高打率をキープ。チームのカラオケ大会でロックバンド、エアロスミスのバラードを熱唱するなどフィールド外でも圧倒的な存在感を放ち、ジョー・マドン監督に大きくアピールしている。

     開幕ロースターは25人で迎えるが、これで36人まで削られた。天性のムードメーカーは、開幕メジャーの切符を手にできるだろうか。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00010001-fullcount-base
    続きを読む