とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    メジャーリーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    5


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/07(木) 00:20:52.03 ID:NDNAebpop
    NPBの悪いところを真っ向から粉砕するスタイルだよな

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/07(木) 00:23:52.05 ID:HYH8b+Vdd
    最近はリリーフ見直されてね?
    細かい継投流行ったし

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1588778452/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/02(土) 17:16:29.74 ID:ueVuqFbP9
     新型コロナウイルスが猛威を振るって久しい昨今、2000万人以上の失業者が出ていると言われるアメリカでは、その疲弊度も想像に難くない。
    果たして、いかに大国は立ち上がることができるのか。政権トップに位置する人物が切り札と考えているのが、「野球」である。

     「アメリカは野球を必要としている。野球こそが、平時に戻るためのサインである」

     5月1日、上院多数党院内総務を務めているミッチ・マコーネル氏はラジオ放送『93.9FMザ・ビル』に出演。
    数週間前にMLBコミッショナーのロブ・マンフレッドに自ら電話をかけたことを明かし、アメリカの復活のためには野球が必要だと説いたという。

     さらに、ここ最近報じられている、スプリング・トレーニングの施設を利用した試合の開催や無観客試合、さらに6月下旬から7月4日前後の開幕についても言及。
    機構の中での話し合いが進んでいることも明らかにした。マコーネル氏は言う。

    「(独立記念日の7月4日に開幕を迎えれば)国全体の士気を一気に高め、正常な生活に戻る兆しを示すことにもつながるはずだ」

     かつて、野球は“ナショナル・パスタイム(国民的娯楽)”と呼ばれていた。
    しかし、アメリカン・フットボールやバスケットボールなど娯楽の多様化もあり、ここ20~30年の間に存在感が薄らいでいたのは否めない。
    また、試合が多すぎることでマンネリ化を生んでいた側面もあった。

     しかし、新型コロナウイルスが災厄となり、人類は“普通”の生活を送ることができなくなった。今まで「あること」が当たり前で気付かなかった、野球が持つ「日常性」や、試合があることの安心感。

     アフターコロナの支えとして、野球の価値が見直されるのかもしれない。

    構成●SLUGGER編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200502-00010009-thedigest-base

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/02(土) 17:21:07.32 ID:7RNzKkfE0
    ビーチでもデモしてるとかアメリカは何時まで経っても終息しないだろ

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/02(土) 17:25:08.39 ID:CCKGbl+z0
    >>3
    外出自粛指示が出てるのに週末に観光スポットに詰め寄せて地元民から来るな!とか言われてる日本も同じだろ

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1588407389/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/29(水) 00:40:48.60 ID:x+WHbWtf0

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/29(水) 00:41:11.39 ID:OfXH2w6Td
    メジャーが導入した3年後くらいにしょぼいの導入しそう

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1588088448/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/21(火) 18:28:53.50 ID:dKBbIsmp9
    メジャーリーグといえば、プレーの豪快さはもちろん、日本では想像のつかないようなトラブルが起きえることも魅力の一つ。現地17日、ウェブメディアの『ブリーチャー・レポート』が「史上最も奇妙でおかしな故障」を特集している。メジャーリーガーの“ぶっ飛び”ぶりの一端を垣間見える面白エピソードをいくつか紹介しよう。

    ①ジョージ・ブレット(カンザスシティ・ロイヤルズ)1983年/左足つま先の骨折

    ブレットはロイヤルズひと筋で21年プレーして通算3154安打、史上唯一の3ディケイド(1976年、80年、90年)で首位打者を獲得した殿堂入りプレーヤーだ。しかし、そんな大打者も、とんでもない故障をやらかしている。
    1983年6月7日、ブレットは自宅で洗濯をしていると。別の部屋から「次の打者はビル・バックナーです」というテレビ中継が聞こえてきた。親友バックナーの打席は見逃せまいと急いで部屋に行こうとしたその時、ドアに左足をぶつけてつま先を骨折。3週間の離脱を余儀なくされた。もっとも、さすがは天才打者。その年は123試合に出場して打率.315、リーグ1位のOPS.985を記録するなど、怪我を忘れさせる活躍を見せた。

    ② グレナレン・ヒル(トロント・ブルージェイズ)1990年/手足の擦り傷+アザ

    メジャー13年で186本塁打を放った外野手のヒルはメジャー2年目の1990年、就寝中に突然、悪夢にうなされた。その夢というのは、大嫌いな蜘蛛に追いかけられ続けるというもの。恐怖のあまりベッドを飛び出したヒルは、他の部屋に猛ダッシュ。ガラス製のテーブルを蹴っ飛ばして、手と足に傷やアザをつけながら……。そして翌日から3週間、戦線を離れることになった。

    ③スティーブ・スパークス(ミルウォーキー・ブルワーズ)1994年/左肩脱臼

    自ら「馬鹿げた故障ランキングがあったら、間違いなくトップに来る」と“自画自賛”するのがスパークスだ。1994年のスプリング・トレーニングで球団がさまざまな芸を披露する一団を招いたのだが、彼らが見せた芸の一つに分厚い電話帳を真っ二つに引き裂くというものがあった。
    翌日、雨で練習が暇になったこともあり、スパークスを含む3人が挑戦。簡単に破けると思ったそうだが、全然破けない。すぐあきらめた2人と違い、挑戦を続けたスパークスは何と左肩を脱臼(!)。メジャー昇格は1年先延ばしになってしまった。ナックルボーラーだったスパークス、故障の仕方も“斜め上“だった。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/THE DIGEST
    https://thedigestweb.com/baseball/detail/id=13846

    20: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/21(火) 19:00:19.58 ID:1901ruQk0
    >>1
    プロスペランカー多村の悪口は辞めるんだ…

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/21(火) 18:30:35.01 ID:gg180qER0
    NPBだとやはりバランスボール?
    風呂場でこけた辺り?

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1587461333/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    【AFP=時事】米大リーグ(MLB)のロブ・マンフレッド(Rob Manfred)コミッショナーが14日、新型コロナウイルスの影響で開幕が延期になっている新シーズンについて、市民の健康に被害が及ばないと確信するまで開幕することはないと話した。

     FOXビジネスネットワーク(Fox Business Network)の番組に出演したマンフレッド・コミッショナーは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)を受け、さまざまなシナリオを練り続けているが、不確定要素があまりにも多く、現段階では計画というよりは「アイデア」に近いと明かした。

    「われわれが下した唯一の決断にして、現段階で持っているただ一つの現実的なプランは、市民の健康をめぐる状況が改善し、選手やスタッフ、ファンの安全を守りつつ、公衆衛生を悪化させない形で安心して試合を開催できるようになるまで、野球は戻らないということだ」

    「現時点では、待つことが基本姿勢になる」「みなさんの予想通り、われわれもビジネスとして、今は緊急時のプラン作成に取り組んでいる。開幕のシナリオもさまざまに考えたが、やはり重要なのは衛生環境の改善だ」

     2020年のMLBは3月26日に開幕する予定だったが、世界の大半のスポーツのリーグ戦と同様、新型ウイルスの影響で休止状態に陥っている。

     その中で米スポーツ専門チャンネルESPNは14日、MLBの各チームが最大1万人の「大規模」抗体検査に参加する予定だと報じた。

     調査は米スタンフォード大学(Stanford University)などが共同で実施し、新型ウイルスが米国の大都市圏にどの程度拡散しているかを一層はっきりさせる狙いがある。必ずしもMLBの開幕時期を早めるものではないが、血液検査なので無症状で感染している人も割り出せるという。【翻訳編集】 AFPBB News




    米大リーグ開幕は「安全に試合できるまで」延期 コミッショナー表明 - 毎日新聞  https://mainichi.jp/articles/20200415/k00/00m/050/039000c  こんなの、ずっと出来ませんよ。MLBは解散したらええんちゃうか?



    @takastable いつかSARS2殲滅出来ると思ってるんなら、お気楽過ぎやろなぁ。


    続きを読む