とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    メッセンジャー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     19日の巨人戦(甲子園)に先発する阪神・メッセンジャーは18日、チームには帯同せず、兵庫・西宮市内の鳴尾浜での球団施設での残留練習に参加。キャッチボールなどで汗を流した。巨人とは今季初対戦となるが「特に意識することはない。やることをやって相手を抑えられるようやっていきたい」と力を込めた。巨人には昨季4試合に登板、1勝2敗と負け越しているが、甲子園では今季初、平成では最後の伝統の一戦。初戦で勝利をつかみ取りたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000600-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

    阪神ランディ・メッセンジャー投手(37)が15日、出場選手登録日数が通算9年に達し、海外フリーエージェント(FA)権を取得した。

    メッセンジャーは昨年4月に国内FA権を取得し、今年から日本人選手扱いとなっている。今季は自身5年連続6度目の開幕投手を務め、4月5日広島戦(マツダスタジアム)では日米通算100勝を達成している。

    この日、甲子園の投手指名練習に参加したメッセンジャーは「全然知らなかったんで、自分にはあまり関係ない」と変わらぬチーム愛を語り「おじいちゃんね」と日本語で周囲を笑わせた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-04150334-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     ◇セ・リーグ 阪神4―9中日(2019年4月12日 甲子園)

     エースは潔く“負け”を認めた。阪神・メッセンジャーは、6回8安打6失点で降板し今季初黒星。相手の主砲に手痛い連弾を食らった。

     「(状態は)悪くはなかったけど、うまく打たれた」

     1点ビハインドの4回だった。1死一塁でビシエドに低めのフォークをすくい上げられた打球は弾丸ライナーで左翼スタンドに着弾。2ランを浴びて追加点を許した。

     さらに、6回1死一塁でも今度は低めの直球を逆方向に持っていかれ、右翼への2ラン。「1、2本目とも良いところに投げたので、うまく打たれた。今日は彼(ビシエド)が上回ったということ」と昨季も10打数4安打と打ち込まれた相手に痛打を浴びた。

     大黒柱と言えども、打線が低調な今、失う1点が重くのしかかる。2回に自身の暴投と梅野の三塁悪送球が重なって先制点を献上。これでチームは先制された試合は開幕戦勝利後は8連敗となった。

     助っ人は「それは関係ない。自分の仕事をするだけ」と首を振ったものの、矢野監督は「ランディをかばうわけじゃないけど、投げてる方もどうしてもピッチング自体が苦しくなる」と先発を援護できない状況を嘆いた。 前回5日の広島戦で日米通算100勝に到達し、あと4勝に迫る日本通算100勝へ再スタート。連勝を狙ったマウンドで昨季6・55と相性の悪かった中日にリベンジするはずが、出ばなをくじかれた。自身、甲子園では昨年5月15日DeNA戦を最後に勝ち星がない。気持ちをリセットし、次戦へ向かうしかない。(遠藤 礼)

    ○…メッセンジャー(神)が6回を6失点で今季初黒星。前回登板の4月5日広島戦(マツダ)で10試合ぶりの勝利を挙げたが、甲子園の勝利は昨季5月15日のDeNAを最後に10試合、6連敗と遠ざかっている。ゲーム6失点は昨季8月4日のヤクルト戦(京セラドーム)の6失点以来。中日とは昨季4試合で1勝1敗ながら、7月3日の甲子園で自己ワーストの10失点を喫するなど防御率は対セ球団ワーストの6・55と相性が悪かった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00000063-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     「阪神-中日」(12日、甲子園球場)

     前カードでDeNAに負け越し、連敗中の阪神はエースのランディ・メッセンジャー投手が先発。5日の広島戦で日米通算100勝を決めた右腕は甲子園での今季初登板。自身の連勝を誓ってマウンドに上がった。

     しかし初回にいきなり“もったいない”1点を奪われる。2番・遠藤に右二塁打を浴び、続くアルモンテへの4球目だ。カーブが暴投となり、その間に2走の遠藤が三塁へ。すると今度は梅野が悪送球し、先制点を許してしまった。  二、三回は危なげない投球が続いたが、四回には1死から中前安打のアルモンテを一塁に置き、ビシエドに被弾。フォークを左翼スタンドに運ばれる2ランを浴びた。さらに六回には再びビシエドに右翼ポール際への2ラン、加藤に中前適時打を打たれ、6回8安打6失点(自責点5)で降板。

     エースが打ち込まれ、打線は中日先発の笠原の前に沈黙。阪神は厳しい戦いが続いている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00000133-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     阪神・ランディ・メッセンジャーが日米通算100勝を達成した。5日の広島戦(マツダ)で先発し、6回4安打2失点で今季初勝利。昨季、あと「1」としてから“10度目の正直”での到達だ。

     1-0の三回一、二塁とし、菊池に初球のカーブをとらえられ、左翼線へ適時二塁打を許した。その後は、好調の野間をしっかり二ゴロに仕留めて最少失点にとどめた。同点の四回。先頭の鈴木に勝ち越しとなるソロ本塁打を被弾。七回に自身の代打・中谷が逆転2ラン。自身に勝ち星の権利が転がりこむと、手荒い祝福を浴びせた。

     昨年8月10日のDeNA戦(横浜)で大台にリーチをかけてから勝ち星に恵まれていなかった。今季もヤクルトとの開幕戦(京セラ)で7回6安打1失点と試合を作ったが勝敗はつかず、9試合連続白星なし。日米通算100勝目は持ち越しとなっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00000595-sanspo-base






    メッセンジャー投手が日米通算100勝を達成しました!
    #メッセンジャー選手 #日米100勝
    #おめでとう pic.twitter.com/MTmaAI7kQM



    @TigersDreamlink おめでとう



    @TigersDreamlink ランディ❤️❤️
    おめでとうございます🥰✨



    @TigersDreamlink Congrats❣️❣️



    @TigersDreamlink メッセおめでとう!!!
    チームがしんどいときも支えてくれて
    ほんまにメッセ様様やで😭


    続きを読む