とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ユーチューバー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     脳腫瘍の闘病を経て昨年、現役を引退した元阪神の横田慎太郎氏(25)が31日、甲子園を訪れ、YouTuberとしてデビューすることを明かした。阪神OB会長の川藤幸三氏とともに動画配信を始めるという。

     現在はイベントや講演活動を行っており、「そういうのでこっち(関西)に来ています。これからも川藤さんとのユーチューブも始まっていくので、ひとつひとつの仕事を必死にやっていこうと思います」と話した。

     この日も川藤氏の誘いを受けて、鹿児島から駆けつけた横田氏。バックネット裏で練習を見つめる姿を見つけた矢野監督や原口、福留らとネット越しに談笑する場面もあった。

     開幕後の連敗中には、ミーティングで横田氏が昨年の引退試合で見せた“奇跡のバックホーム”動画を使用、試合前の声出しでメッセージ動画を流した日もあった。「声出し(動画)ありがとうなとか、これからも頑張れよ」と矢野監督から声を掛けられたという。

     「最初は負けが続いていましたけど、甲子園に入ってから、すごい勢いで勝ち続けているので。これでまた優勝できるように、これからも頑張ってほしいです」と話した横田氏。「昨日も見ましたし、最近2試合ものすごくいいので。すごいピッチャーなので自分を信じて負けずにこれからも頑張ってほしいです」と前夜のヤクルト戦で登板した藤浪にもエールを送った。




    よこたそYouTubeデビューか



    横田さん今日甲子園来てたんだ。ありがたいな。今後はYouTubeやるって話だけどいつからなんだろう。楽しみ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神や広島など4球団でプレーし、2011年に引退した喜田剛さん(40)。現在はスポーツ用品アンダーアーマーを扱う株式会社ドーム(東京都)に勤務し、マーケティング部で野球全般の責任者を務める一方、SNSを駆使してさまざまな情報発信も行っている。


     今年1月にはユーチューバーとしてもデビューした。チャンネル名は「キダゴch」。ソフトバンクの柳田や今宮らアンダーアーマーの契約選手に話を聞いたり、グラブやバットなど野球道具の紹介、バッティング理論の解説、現役時代の裏話など野球ファンが楽しめる動画を週に3日、精力的にアップしている。チャンネル登録数も1万人を超えた。

     「結構楽しみながらやっていますよ。今はコロナの影響でプロ野球もありませんし、野球のニュースも少なくなっています。僕は仕事柄、いつでも選手と会えますから、皆さんにいろんな情報を発信していけたらと思っているんです」

     以前からユーチューブの影響力の大きさは知っていたが、自身がやることには抵抗を感じていたという。「自分は裏方なので、表に出るべきではないと思っていました」。しかし、昨年12月、アンダーアーマーの販促を兼ねて川崎のスポーツ店でトークショーを行うことなり、参加者を募集したところ、あっという間に定員の100人が埋まった。

     「20人ぐらい集まればラッキーと思っていたのでびっくりしました。カープ時代に僕のファンだったという方も結構来てくれました。現役時代、僕はそんなにファンサービスする選手じゃなかったのに、それでもちゃんと応援してくれていたファンがいたことを知りました。このことがきっかけで、もっと表に出てアンダーアーマーの良さを伝えていくことも元プロ選手だった僕の仕事だと思うようになったんです」

     ユーチューブ以外にも、仕事で駆使するSNSはインスタ、ツイッター、フェイスブック、TikTok(ティックトック)、note(ノート)、フォローミーなど多岐に渡る。「世の中ではやっているものはすべて経験しようと思っています。いろんなところにアンテナを広げて、どんどんマーケティングの拡大につなげていきたいんです」。

     旺盛なバイタリティーとチャンレンジ精神でバリバリと仕事をこなす喜田さん。その原動力となっているのは会社への感謝の思いだ。「野球を辞めた後、10カ月間、無職だった僕を拾ってくれた会社に恩返ししたいんです。野球界でアンダーアーマーを日本一のブランドにすることが目標です」と話す。

      ◇  ◇

     喜田さんは02年に福岡大から阪神に入団。パンチ力を武器に2軍では2年連続で本塁打と打点の2冠王に輝いたが、当時の阪神は選手層が厚く、1軍に上がるチャンスにほとんど恵まれなかった。

     大きく花開いたのは07年途中に広島に移籍してから。移籍直後に先発起用され、広島での初打席で安打を放つと、その後も安打を量産。プロ初本塁打やサヨナラ打も放ち、初めてお立ち台にも上がった。一時はクリーンアップも任された。

     当時、チームを指揮していたのはブラウン監督だったが、これには裏話がある。移籍の前年、広島市民球場で阪神と広島の親子ゲームが組まれた時だった。昼間の2軍戦で喜田さんが一塁を守っていると、「キダー!キダー!」と呼ぶ声が聞こえた。声のする方へ目をやると、一塁ベンチ横のカメラマン席にブラウン監督がいた。「“キダ、広島に来い”ってカタコトの日本語で僕を手招きしているんです。その時は、いったいこの人、何を言ってるんだろうと思いましたけど」(笑)。

     翌年5月に広島にトレード。ブラウン監督からは「楽しんでやりなさい。失敗しても切り替えてやれば大丈夫」とアドバイスされた。「阪神時代は毎日毎日怒られてばかり。4の4を打っても怒られてましたから。このひと言で、すごく気持ちが楽になりました」。

     10年5月にオリックスに移籍するまで広島には3年間在籍。「阪神時代は悔しい、つらいという思い出しかありませんが、カープではいい思い出しかない。やっと1軍の選手になれたという喜びを感じながらプレーしていました」と、当時の思いを語ってくれた。

    ◆喜田剛(きだ・ごう)1979年10月25日生まれ。福岡市出身。現役時代は右投げ左打ちの内野手。小学3年で野球を始め、沖学園高時代は通算32本塁打。福岡大を経て01年度ドラフト7巡目で阪神に入団。ファームでは05、06年と2年連続で本塁打王と打点王に輝くが、1軍には定着できなかった。07年5月に広島に移籍してチャンスをつかむ。10年5月にオリックスに移籍。11年に横浜へ移り、その年限りで引退。10年間の通算成績は239試合に出場、409打数102安打、打率・249、9本塁打、46打点。家族は妻と一男一女。





    今日のデイリーで取り上げてもらいました! ぱっと見、「YouTuberになったの?」って思われる方もいると思いますが、、、 まぁYouTuberちゃYouTuberか!笑 しっかり会社員してますので、ご心配なく!! プロ野球の開幕も決まりましたし、これからも会社員YouTuberとして頑張ります! pic.twitter.com/opxleiJG0B



    @gokida225544 頑張れ!喜田くん!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪急、オリックス、阪神などで活躍した元プロ野球選手の松永浩美氏(59)が11日放送のTBS系「バースデー」(土曜後5・0)に出演。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、野球教室や講演会がキャンセルとなった現状について語った。

     番組では松永氏が現役引退後、持ちかけられて投資した金が回収不能になるなどして財産を失い仕事も激減する中、同じような境遇を経験し、親身になって松永氏の話を親身になっていた女性と結婚し、4人の子宝に恵まれたことなどを紹介した。

     新型コロナウイルス感染拡大で収入源としていた野球教室や講演会が中止となる中、家族を養うために松永氏は野球をコーチングする動画の配信を開始。妻が動画を撮影し、自らが編集作業を行っているが、チャンネル登録者数は4000人ほど。「昔の西宮球場くらいですよ、ファンは」と語る松永氏は今後の今後の目標として「ヤフードーム(現ペイペイドーム)がいっぱいになる、3万なんぼか4万人。満員になればいいなあ」と穏やかな笑みを浮かべた。






    松永浩美氏、コロナ禍で仕事失い動画配信「ファンは昔の西宮球場くらい」  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200411/npb20041118060003-n1.html  @sanspocomより阪急、オリックス、阪神、ダイエー(現ソフトバンク)活躍した松永浩美がコロナウイルスの影響で野球教室や講演会が中止で無収入に。世界中リーマンショックより酷いです。



    外出自粛のせいで松永さんがおかしくなっちゃった!!しらんけど!!!コロナめ!!!!  https://twitter.com/cnann0/status/1247616299124940801 



    松永浩美さんを特集された「バースディ」を見たけどスゴく良かった~(*^^*)今はコロナの影響で大変だと思うけど「終息したらまた子供たちに野球を教える機会が増えるといいなぁ~」とつくづく思う。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    【高橋聡文】ついにYouTube始めました!



    【大食いチャレンジ】ペヤング超超超大盛りGIGAMAXを食べてみた





    ▼高橋聡文さんオフィシャルサイト


    高橋聡文YouTubeerになったって言うから野球関係かと思ったら大食いしてて笑った😂😂😂😂 なんかゆるくてかわいいわアッキーww 【大食いチャレンジ】ペヤング超超超大盛りGIGAMAXを食べてみた  https://youtu.be/NKfgai5-gVE  @YouTubeより



    【高橋聡文】ついにYouTube始めました!  https://youtu.be/tqVrs2rYi2s  いつの間に どうでもいいけどお顔がタイプです。()



    高橋聡文さんインスタグラマーの次はまさかのユーチューバー\(^O^)/


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、日本ハムなどで活躍し、このほど「現役復帰宣言」で話題を呼んでいる新庄剛志氏(47)が8日、ユーチューブの「シダパンチャンネル」に電話出演。メジャー時代のエピソードと球界復帰への思いを告白した。

     ユーチューバー「SHIDAPAN」が新庄氏の本の紹介動画を公開したところ、新庄氏本人から連絡があり“独占インタビュー”が実現。「【感動】新庄剛志さんが生電話凸してきちゃった。【1%の可能性にかける全ての人へメッセージ】」として公開された。

     新庄氏は電話のやりとりの公開の可否を尋ねられると「いいよ、いいよ、流せ!スピーカーでいいよ」と快諾。新庄氏は「シダパンくん、ユーチューブで見たけど、俺の宇宙人ぶりをみんなに伝えてくれてありがとう」と感謝した。そして「92%合ってたね。8%…ちょっと甘かったね」と続けた。

     新庄氏が「ちょっと違う」というのはメジャー在籍時代。2001年、メッツからジャイアンツにトレードされた新庄氏は、主砲のバリー・ボンズ(55)に「俺が守るからバッティングに集中してくれ」と告げた。その年、ボンズはメジャー最多の73本塁打を記録。「この世界記録は俺が作り上げたものじゃない。俺の左にいた、つまようじのような男のおかげでホームランが打てたんだ」と新庄のアシストに感謝した。新庄氏は「ボンズの本塁打は2000年が49本、01年が73本。それが俺の自慢」と話したが、その背景には「バリーに(本塁打を)量産させれば、チームが勝って、ファンが盛り上がってワールドシリーズにいけるんじゃないか」との思惑もあったという。

     その後もボンズとの交流は続き、日米野球で来日した際には風俗店を300万~400万円で貸し切りにしたエピソードを披露した。

     SHIDAPANは100メートル10秒台を目指し、トレーニングする模様を紹介している。新庄氏は「無理でも挑戦したことに意味があるって思っちゃダメだよ。絶対に(記録を)出すっていう気持ちがないとダメだからね」とアドバイス。さらに「アンチも大きな力になる」と断言した。また「年齢は関係ない。気持ちだよ。ゆっくり急げ…ケガをするヤツはバカ」と言い切った。自身がインスタグラムでトレーニング風景を公開していることには「いま、練習を見せるのは、みんなと一緒に1%の可能性を上げたいから」とした。

     ユーチューバー相手に熱弁を振るった新庄氏は、自身について「世の中に出ている自分のイメージの30%くらいしかない。本当は宇宙人じゃない」と力強く語った。大物出演に感謝するSHIDAPANに「ただ伝えたいだけだから。また電話するわ。バイバイ」と爽やかに通話を終えた。




    信じられないことが起きた。 新庄剛志さんご本人から電話を頂きました。 YouTubeの動画を見てくださって話したくなったとのこと。 新庄さんの本気の言葉に足の震えが止まらねぇ。 その時の様子を明日18時に動画アップロードしますので刮目してください。自分で言うのもなんですが、神動画でしかない。 pic.twitter.com/jQ976PksPA



    新庄剛志さんから電話が来ました。 もちろん面識はありません。 YouTubeを見てくれて感じるものがあり連絡をくれたそうです。 新庄さんの言葉はまっすぐで、重く、温かいものでした。 この20分で人生変わりました。 多くの人にこの話を聞かせたいのでシェアお願い致します!  https://youtu.be/zEmAyNPP7Ig 


    続きを読む

    このページのトップヘ