とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ランディ・メッセンジャー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    <阪神0-4広島>◇18日◇甲子園

    阪神メッセンジャーは2被弾で4敗目(2勝)を喫した。痛恨だったのは1回。2死一、三塁から今季0本塁打だった5番西川に右越え3ランを浴びた。2回以降は立ち直ったが、6回には3番バティスタに左翼ポール際中段席まで届くソロを献上。7回4失点で降板し「被本塁打が多いのはイライラする。(自分に)腹が立つ」と悔しがった。

    西川には甘く入った初球141キロに合わせられた形。「完璧なタイミングでとらえられたわけじゃない。バットの芯に当たって本塁打になってしまった」と苦笑いだ。直球は140キロ台中盤を計測し、被弾以外は落ち着いたマウンドさばきを披露。それだけに開幕から44イニングで7被本塁打という数字に納得できない。誰もが認める大黒柱だけに、矢野監督も「ホームランで流れを持っていかれた。ちょっと痛かった」と振り返った。次回は圧倒的な投球で周囲を安心させたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-05180927-nksports-base



    メッセンジャーでも勝てないか、阪神。(´・ω・`)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     「阪神-広島」(18日、甲子園球場)

     阪神の先発、ランディ・メッセンジャー投手が、7回4失点でマウンドを降りた。粘りの投球で好調な広島打線を5安打に抑えていたが、要所で浴びた2本の1発に泣いた。

     立ち上がりに先制パンチを食らった。初回、2死一、三塁のピンチを迎え、5番・西川への初球だった。真ん中に入った直球を捉えられると、打球は弾丸ライナーで右翼スタンドに突き刺さる先制3ラン。昨夜の敗戦から一夜明け、連敗だけは避けたい猛虎だったが、いきなり3点を追いかける展開となった。

     二回以降は立ち直りを見せたメッセンジャー。二回から五回までは全て三者凡退、1人の走者も出さない完璧投球で味方の援護を待った。しかし、六回だった。2死を奪った後、3番・バティスタに打った瞬間それと分かる豪快なソロを見舞われた。すさまじい打球音とともに、スタンドからは虎党たちのため息が漏れた。

     七回もピンチを背負ったが、何とか無失点で切り抜けた右腕。前回登板した11日の中日戦(甲子園)では5回3失点とゲームを作ったが、この日同様、初回に喫した3失点が最後まで響いた。それでも簡単に試合を壊さず、122球の熱投で7回を投げ切った姿は必ず次戦へとつながるに違いない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000110-dal-base



    メッセなんだかんだ言いつつ7回4失点、ゲームは作れてるよなあ やっぱ初回が悔やまれる



    うーん。 メッセ4失点かー


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     ◇セ・リーグ 阪神ー広島(2019年5月18日 甲子園)

     阪神の先発・メッセンジャーが登板2試合連続で初回に3失点を喫した。先頭の野間に左前打で出塁されると、犠打、内野ゴロ、四球で2死一、三塁。ここで、5番の西川に、高めに浮いた初球のストレートを右翼線スタンドまで運ばれた。

     前回11日の中日戦でも初回に3本の安打を集められて3失点しており、2試合続けて立ち上がりを攻められてしまった。いきなりの3失点に、土曜日で満員のスタンドからは、ため息が漏れた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000160-spnannex-base



    【一軍】公式戦【阪神0-3広島】 1回表 カープが先制 投手:メッセンジャー 打者:西川 結果:ライトスリーランホームラン  http://hanshintigers.jp/  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル



    @hanshintigersjp 失投やったな。



    @hanshintigersjp 横浜専用機メッセ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     「阪神-中日」(11日、甲子園球場)

     先発のランディ・メッセンジャー投手(37)が、5回6安打3失点で降板し、今季3勝目はお預けとなった。

     立ち上がりが悔やまれた。初回1死から二塁打と四球で一、二塁のピンチ。4番・ビシエドを内角高めの直球で見逃し三振に仕留めたが、5番・高橋に中堅への先制2点適時二塁打を許した。

     さらに続く阿部にも適時打を浴びて、初回に重たい3点を献上した。

     二回以降は走者を出しながらも要所を締める投球で、本来の姿を取り戻しつつあったメッセンジャー。尻上がりに状態を上げていただけに、初回の3点が悔やまれる結果となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000085-dal-base



    前回完投のメッセ、今日は5回で降板。 3点取って負けを消してあげて! #hanshin #tigers #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/09(水)07:31:14 ID:N6r
    1
    ▲17年のメッセンジャー

     最高勝率ボディーで巻き返しだ。阪神のランディ・メッセンジャー投手(37)が8日、球団広報を通じて公称121キロの体重の109キロへの訂正を要望した。これは減量に成功して自己最高勝率・688を記録している17年の体重であり、今季への意気込みの表れでもある。

     意外?なお願いにも思えるが、現実とかけ離れた数字であれば、本人にとっては見過ごせるものではない。谷本本部長は「バッチリと(自主トレを)やっているということでしょう。入団の時の数字だと思いますが、イメージも大事だと思います」と、右腕の思いから順調な調整ぶりを感じ取っていた。

     オフ期間の外国人選手の調整に関しては、細かく球団サイドに報告が届くことになっており、右腕の調整具合を確認済み。だからこそ、今回の要望は球団としても納得のものとなっている。今オフに急激に減量したわけではないが「最高勝率ボディー」の訴えは、今季の活躍に大きな期待を抱かせるものだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000020-dal-base

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1546986674/

    続きを読む

    このページのトップヘ