とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ランディ・メッセンジャー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神のランディ・メッセンジャー投手(37)が一時帰国したことが27日、球団から発表された。

     2軍で実戦復帰に向けたリハビリを重ねていたメッセンジャー。球団によると、早期復帰への意欲を示していた本人から26日に、アメリカで右肩の治療及び、リハビリをしたいと申し出たとのこと。きょう27日に、一時帰国したという。メッセンジャーはこの日、午前中に鳴尾浜にある2軍の寮施設、虎風荘内で約1時間ほど時間を過ごしていた。

     日本通算100勝まであと2勝に迫っているメッセンジャー。リハビリ終了後に、再来日する予定となっている。





    メッセやっぱり一時帰国なんだね…



    メッセ🐯…帰国😥 焦らんでえぇから じっくり治してきて



    やっぱりメッセ帰国か


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    不振で2軍調整中の阪神ランディ・メッセンジャー投手(37)が長期離脱することが23日、分かった。この日は兵庫・西宮市内の2軍施設内で治療を行ったとみられる。平田2軍監督は「足と肩が悪いみたいだからね。まだ治療の段階」と説明した。

    今季は開幕投手を務めたが13試合に登板して3勝7敗、防御率4・69と不調が続いていた。7月11日に出場選手登録を抹消され、2軍でケアに努めていた。球団首脳は「検査結果もまだ出ていないし、4週間くらいかかるらしい。しかし、医学的にはどこが悪いということではない」と説明。疲労蓄積があるという。

    「疲労と自信の回復を待ちます」と続けた。米国への帰国の可能性について、メッセンジャー自身が否定しているといい「(本人に確認も)していません」と球団側も否定。ただ診断が出るまで1カ月近くを要し、軽症で練習再開しても実戦登板まで時間がかかれば、1軍復帰は9月前後になる見立て。逆襲を期すなか、先発陣の柱を欠く事態に陥った。





    メッセ大丈夫かなぁ。 ちょっと休養がいるかな。 早く帰ってきてね!!! #メッセンジャー #ランディメッセンジャー #阪神タイガース



    ランディ・メッセンジャー(阪神/54/投手/右右) 1981年8月13日アメリカ出身 Randall Jerome Messenger ラーメン大好きメッセさん。マリナーズ時代はイチロー・城島・ロペス・バレンティンとチームメイトだった。今年から日本人扱いに。



     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-07230934-nksports-base  メッセ帰国はガセだったみたい どっちにしてもそろそろいつまでもメッセ頼みではダメだ(^o^;) 若手(特に藤浪晋太郎)に頑張って欲しい‼️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     2軍調整が続いている阪神のランディ・メッセンジャー投手(37)が、コンディション面の不調により今夏中に米国へ緊急帰国することが22日、分かった。来日10年目の今季は日本人選手扱いとなり、5年連続6度目の開幕投手を務めるも3勝7敗、防御率4・69。今季中の復帰は絶望的とみられ、日本通算100勝に「2」と迫っていた大黒柱が、衝撃とともに日本を去る。

     福留が戻り、新たにソラーテも加わるというのに、まさかの事態だ。勝負の夏、そして秋へと踏み出す矢野虎にメッセンジャーの姿はない。1軍復帰のめどを立てるどころか、コンディション面の不調を訴え、治療のため日本を離れる。

     大黒柱としての頼もしさが、最後まで戻らなかった。10日の巨人戦(甲子園)でも2回5安打4失点と炎上し、自身2連敗でチームワーストタイの7敗目(3勝)。翌11日に出場選手登録を抹消され、13日から鳴尾浜で調整していた。

     「チームが必要といってくれれば、そこ(1軍)にいきたい」と語っていたが、一向にコンディションは上向かず、連日、施設内でのトレーニングに終始。メッセ自身が母国での治療を希望していて、このタイミングでチームを離れる。遅くとも8月には、帰国の途に就くという。その後のスケジュールは未定だが、今季中の復帰は絶望的な見通しだ。

     チームはまさに「さあここから」というところだった。23日には両ふくらはぎ痛で離脱していた福留が1軍に復帰。そして、この日入団会見に臨んだ新助っ人のソラーテ(前マーリンズ傘下3A)も加わり、9ゲーム差をつけられた首位巨人の背中を、もう一度、チーム一丸になって追っていく局面だった。あとはメッセンジャーさえ本来の姿なら、というところだったのだが…。

     昨年12月に単年3億5000万円で契約し、挑んだ来日10年目。今季から日本人選手扱いとなり、外国人枠も外れ、例年以上にフル回転するはずだった。矢野監督も5年連続6度目の開幕投手に任命し、右腕自身も心してシーズンを踏み出したが、好投しても打線の援護に恵まれず、波に乗れない。4月5日の広島戦(マツダ)では日米通算100勝、5月4日のDeNA戦(甲子園)では1失点完投勝利を飾ったが、そこから3連敗。6月4日のロッテ戦(ZOZOマリン)の白星を最後に1カ月以上、勝利がなかった。

     2013、14年に最多奪三振のタイトルを獲得し、CSを勝ち上がって日本シリーズ出場へ導いた14年には最多勝にも輝いた。昨季までの9年間で7度の2桁勝利をマークし、エースとして君臨。しかし、今シーズンはその頼もしさを発揮できなかった。

     球威の衰えを指摘する声もある。単年契約でオフには来季の契約交渉をすることになるが、来年39歳になる年齢面を含めても、厳しい立場に立たされる。こだわりを見せていたバッキーの持つ球団記録、日本通算100勝にも「2」と迫っていたが、今季の達成は絶望的。何より、虎は大黒柱を欠いて終盤戦へ突入することになった。





    メッセ帰国マジか...



    阪神・メッセ、今夏中に緊急帰国へ コンディション面不調で米国での治療希望 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20190723/tig19072303000001-n1.html  @sanspocomより oh...今季絶望かよ



    阪神・メッセ、今夏中に緊急帰国へ コンディション面不調で米国での治療希望(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000501-sanspo-base  このまま引退になったりしたら悲しい


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

     「阪神1-4巨人」(10日、甲子園球場)

     エースの意地どころか、何もできなかった。阪神・メッセンジャーは首からタオルをかけ、自身に代打が送られるのをぼう然とベンチで見つめた。「今年は自分が全然投げられていないというか。それだけですね」。2回5安打4失点で、屈辱の今季最短KOとなった。

     初回2死から3番・丸に右翼へソロを被弾し、二回は4安打で3点を失った。変化球を見切られ、直球を芯で捉えられる。「『良いな』という時に打たれたり、『全然』という時に良かったり。野球のクレイジーさにやられています」と淡々と話した。

     矢野監督は「そういう(悪い)登板がちょっと続いているので。いろいろ考えてみないと」と登録抹消の可能性も示唆。日本通算98勝右腕が、節目の数字を前に出口の見えないトンネルに入り込んでいる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000030-dal-base



    阪神メッセンジャー2軍降格「いい球投げられない」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201907100001213.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp  メッセさんは必ず帰ってくる。 よりパワーアップして! 待っていますよ!!😐🐯



    メッセはある程度想定内やと思う。 それよりも打てもしないのにスタメンをコロコロ代える方が… 糸原、木浪、高山の何が悪かった? 左対策って、外したはずの木浪を代打とか… 😓 【阪神】24年ぶり屈辱…巨人戦3度目3連敗、最大の計算外はメッセンジャー #SmartNews  https://hochi.news/articles/20190711-OHT1T50025.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「阪神-巨人」(10日、甲子園球場)

     阪神先発のメッセンジャーが序盤から崩れた。初回は2死から丸に初球スライダーを完璧に捉えられ、右翼スタンドへのソロ本塁打を浴びる。

     一気に崩れたのが二回だ。1死から若林、ビヤヌエバに連打を許すと、続く炭谷の中前適時打でさらに1失点。その後も四球などで2死満塁のピンチを迎え、坂本に中前適時打を打たれ、さらに2点を奪われた。

     二回の攻撃では2死から8番・北條が四球を選び、メッセンジャーに打順が回ったところで代打に俊介が送られ、わずか2回47球、4失点、今季最短での降板となった。

     勝てば勝率5割ターン、負ければ借金2で前半戦を終える重要な最終戦。阪神が序盤から4点をリードされる苦しい展開となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00000131-dal-base



    【一軍】公式戦【阪神0-4巨人】 2回表 ジャイアンツが追加点 投手:メッセンジャー 打者:坂本勇 結果:センター2点タイムリーヒット  http://hanshintigers.jp/  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル



    @hanshintigersjp まけほー






    @hanshintigersjp メッセーーー



    @hanshintigersjp メッセ後半はリリーフで


    続きを読む

    このページのトップヘ