とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ロベルト・スアレス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「広島3-9阪神」(4日、マツダスタジアム)

     阪神の中継ぎ投手陣が今季2試合目となる無失点投球だ。

     七回、岩崎が三者凡退に抑え、八回はスアレスが走者を出しながらも0で切り抜けた。

     最後を任された馬場は走者を出しながらも3つのアウト全て、三振で取る好投を見せた。

     この日の試合前まで、中継ぎ陣の防御率は12球団ワーストとなる7・82。開幕して10試合連続の失点は12球団唯一で、11試合目の1日・中日戦(ナゴヤドーム)で初の無失点だった。




    なんか普通にこれ当たりそう感ある パはソフバンなんやかんやで他が落ちたら生き残ってそうだし 阪神も中継ぎが復帰したらなんとかなるやろ感



    地味に馬場がいいな。気付いたら阪神得意の防御率1〜2点台のリリーフになってそう。この枠だけは西武の強打者並みにドンドンはえてくる。



    今日の阪神マジでポジ要素しかないな ・岩貞QS初勝利 ・ノーエラー ・中継ぎ無失点 ・打線15安打2HR9得点 ・近本猛打賞&盗塁 ・ボーア梅野猛打賞 ・マルテ2号HR ・大山2-2、初HR ・江越、ボールをバットに当てる マルテの怪我だけが心配


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <中日-阪神>◇2日◇ナゴヤドーム

    阪神ロベルト・スアレス投手(29)が阪神入団後最速の159キロを計測するも、今季4試合目の登板で初失点を喫した。

    1点ビハインドの8回にマウンドへ。先頭のビシエドに初球を右前に運ばれると、高橋に左翼へ二塁打を浴び無死二、三塁。阿部を遊ゴロに仕留めたが、1死満塁から代打井領に右前適時打を浴びた。

    ここまで抜群の安定感を見せていたスアレス。最速159キロを計測し持ち味の豪速球で押し込んでいたが、試合終盤に痛い失点となった。




    阪神タイガース スアレス 159キロのストレート!!! #hanshin https://t.co/rasbzq98jP



    スアレス159キロは実質勝ち


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ヤクルト3-1阪神>◇25日◇神宮

    阪神新助っ人ロベルト・スアレス投手が移籍後初ホールドを記録した。

    1点リードの8回から登板。先頭の代打宮本を156キロツーシームで空振り三振に仕留めると、続く代打塩見にはバットを折らせて三ゴロ。好調の1番坂口も二ゴロに抑え、危なげなく3人で片づけた。「勝っている場面での登板だったから、気持ちも入っていた。3人で抑えることができて良かったね」。新8回の男は安定感抜群だ。




    スアレス弟は移籍後初ホールドか



    R.スアレス初ホールド



    6月25日の結果 ・・・【負】 ⭕️先発秋山試合を作る ⭕️ピンチを凌いだ岩崎流れを引き寄せる ⭕️引き寄せた流れに乗って梅ちゃん均衡破るホームラン ⭕️勝利に向けてしっかり締めるスアレス ❌ストッパー球児サヨナラスリーラン被弾で終戦 #hanshin #tigers #阪神


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ヤクルト1-4阪神>◇23日◇神宮

    ソフトバンクから移籍の阪神新助っ人、スアレス投手がヤクルト打線を3人で料理した。

    4点リードの8回から登板。先頭エスコバーに中前打を許したが、続く代打荒木にはこの日最速の158キロを計測するなど空振り三振斬り。最後は代打広岡を三ゴロ併殺に仕留めた。「阪神に来て初めての公式戦だったけど、いいピッチングができたと思う」と満足そうに振り返った。




    岩崎とりあえず前より良かったし、スアレス158キロ出てたし、球児1点取られたけどまあ初登板でまずまずだったから良かったと思うなー。



    スアレスの158キロのストレートより154キロのツーシームがエグいなw #hanshin #Tigers


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「練習試合、オリックス3-3阪神」(14日、京セラドーム大阪)

     阪神の矢野燿大監督(51)が14日、開幕時の「勝利の方程式」を岩崎、スアレス、藤川のリレーで臨む方針を固めたことを明かした。開幕前最後の練習試合となったオリックス戦は八回をスアレス、九回を藤川で締めくくった。13日の同戦で1軍復帰登板した岩崎も加えた「ISF」で開幕ダッシュを狙う。練習試合は5勝3敗3分けでオープン戦に続き、セ・リーグ首位でフィニッシュ。勢いに乗って19日の開幕・巨人戦(東京ドーム)に臨む。

     腹を決めた。開幕ダッシュを決める勝ちパターン継投。矢野監督は練習試合最終戦で明確な意思を示した。

     同点の八回。マウンドに上がったのはスアレスだった。2死後に失策による走者を出したが、1回無安打無失点で任務を果たした。この日、最速157キロを計測した球威はチームトップクラス。練習試合再開後は4試合連続無失点だ。指揮官は安定感抜群の助っ人を開幕時の“八回の男”に指名した。

     「多少は前後あると思いますけど、今のメンバーで言えば、あれだけのボール投げているピッチャーですから。任したいなという気持ちはあります」

     守護神・藤川へつなぐ重要な役割。スアレスは意気に感じ取った。「どんな場面を任されても100%の準備をするだけだし、任された場面で自分の仕事をするために調整をしっかり続けていくだけだね」。ソフトバンク時代の16年はセットアッパーとして、58試合に登板。移籍1年目から同年の再現を狙う。

     “七回の男”は岩崎が最有力となった。矢野監督は13日の練習試合・オリックス戦で対外試合初登板した左腕を、「優(岩崎)も間に合いそうな感じのボールは行っていましたし」と改めて評価した。

     登板翌日の反動が懸念されていた左腕はこの日、キャッチボールなどで順調に調整した。ただ、5月末の1軍合流後に状態が上がらず、実戦登板が少ないため、開幕までに2軍戦で登板して状態を整える見込みだ。

     仮に有事があったとしてもリリーフ陣は強力だ。ベテラン左腕・能見、新外国人・エドワーズ、昨季57試合に登板した守屋、結果を残してきた谷川、売り出し中の新人・小川。誰がマウンドに立っても計算できる陣容が整っている。

     オリックス戦はスアレスの後、藤川が九回を1回無失点で締めた。練習試合は3試合連続引き分けでフィニッシュ。オープン戦に続く、セ・リーグ首位となった。盤石の救援陣とともに、シーズンでも頂点を目指す。




    更に桑原、島本もおるで 阪神・矢野監督、V方程式決めた 岩崎、スアレス、藤川「ISF」でいざ開幕ダッシュ/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/06/15/0013424498.shtml  # @Daily_Onlineより



    阪神V方程式決めた🔥いざ開幕ダッシュへ 岩崎、スアレス、藤川「ISF」 #阪神タイガース #スアレス #岩崎優 #藤川球児  https://sportsbull.jp/p/762222/ 


    続きを読む