とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    中谷将大

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    443: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/05(水) 17:14:48.89 ID:HlEEcC6Z0
    2


    阪神中谷将大外野手(25)が5日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約交渉に臨み、300万円ダウンの推定3500万円でサインした。

    昨季は99安打20本塁打の活躍を見せたが、今季は51安打5本塁打にとどまった。「本当にシンプルに結果の世界なんで、結果を残せなかった自分が悪いんで、結果で見返したいという思いがあります」と話した。

    来季はドラフト1位の近本光司外野手(24=大阪ガス)も加わり、外野のレギュラー争いはさらに激しくなりそう。「(近本は)ドラ1なのでやっぱり使われる機会が多くなって、自分は機会はそんなに多くないと思う。少ないチャンスをしっかりものにできるように。とりあえず、結果です」と「結果」というワードを何度も繰り返し、来季へ力を込めた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00411506-nksports-base

    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1543964296/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/27(火) 18:38:41.98 ID:IsldrUh/0

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1543311521/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    23日に行われた阪神の「ファン感謝デー2018」(甲子園)で、伊藤隼太外野手(29)が吉本新喜劇の吉田裕、中谷将大外野手(25)が同じくすっちーにそれぞれ扮し「乳首ドリル」に挑戦。さらにはオリジナルの「乳首バント」までも披露し、聖地に詰め掛けた大観衆に爆笑の渦を巻き起こした。 中谷は「秋季キャンプでバットを振るくらいに練習した。日頃の恨みをぶちまけようとした」と振り返ったが、伊藤は「100点満点だったが、心なしか前日の練習よりも強かった」と苦笑していた。

    1


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000000-tospoweb-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    156: 名無しさん 2018/11/17(土) 20:54:33.24 ID:MsTwcQ600
    阪神・中谷らしい豪快な一発が飛び出した。飛んだ瞬間に本塁打と分かる打球は左翼ネット上段に突き刺さり安芸の虎の大歓声を呼んだ。

    「とりあえず振っていこうと思っていた。初球から振っていって試合にしっかり入れた。あの打席は振りながら合わせていけた」

    初回2点を先制し、なおも1死一、二塁。初球から変化球をファウルし、2球目も続いた右投手のスライダー系の変化球を今度は打ち損じなく仕留めた。
    「最初は直球にタイミングを合わせていって、その中で変化球に反応できた」
    バットの出し方とコンパクトに強い打球を打つことに取り組んできた今秋。直前の秋季練習で腰の軽い張りを訴えて心配された中、影響もなく理想の打撃に近づきつつある。

    2回無死一塁ではフルカウントから左前打。3回1死満塁でも三塁強襲の内野安打で一気に2人の走者を生還させた。3打数無安打だった13日の紅白戦から一転、今年最後の実戦を5打数3安打5打点で締めくくった。昨季20発から飛躍を期待されながら今季は打率・230、5本塁打の低迷。3本とも引っ張った強打こそ本来の姿だろう。

    濱中打撃コーチからも「去年のいい形になりつつあると感じる。コンパクトに振れているし、最短距離でアジャストできている」と背中を押された。「全部がうまくいくわけではないけど、継続してやっていきたい」。悔しい挫折を知り、来季が9年目。逆襲への道は明確に見えた。(長谷川 凡記)


    3


    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/18/kiji/20181118s00001173055000c.html





    大山20本打ってくれ

    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1542446707/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    阪神秋季練習(23日、甲子園)阪神・中谷将大外野手(25)が、初日から豪快アーチを連発した。バックスクリーン2連発などを含む45スイング10サク越え。
    2軍打撃コーチから配置転換となった浜中治打撃コーチ(40)も「すごくいい形で打っていてビックリした」と仰天だ。矢野燿大新監督(49)も見つめる中、悩める大砲が開眼をアピールだ。 悔しさをぶつけるように振った。

    首脳陣からチームに、そして球場全体に新鮮な空気が漂った一日。この25歳の体からは、悲壮な覚悟がにじんでいた。中谷らしい豪快アーチを、ここから一気に取り戻す。矢野新監督がケージ脇からジッと見つめる中、大きな大きな弧を何本も描き、甲子園の秋空を貫いた。 「自分の形を見つけていくだけです。キャンプで作っていきたい」 フリー打撃の10スイング目までは逆らわずに中堅から右方向へ快音を連発したが、それ以降は一気に力を込めた。

    12スイング目の左越えアーチを皮切りに、白球が次々とスタンドに飛び込んだ。20スイング目と21スイング目では、2連続でバックスクリーン弾。計45スイングで安打性の打球は26。サク越えは10本に及んだ。

    3


    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181024/tig18102405020012-n1.html

    続きを読む

    このページのトップヘ