とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    井川慶

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title


     同じタテジマの背番号29を背負った大エースから未来のエースへ貴重なアドバイスが送られた。阪神で主戦投手として活躍し、メジャーにも挑戦した井川慶投手(40)が、高橋遥人投手(23)について語り、自身の体験を元にしたローテーション投手としての心構えを伝授。2003、05年のリーグ制覇に大きく貢献した大先輩の助言を胸に、高橋遥が飛躍の2020年に大きく羽ばたく。

     同じタテジマの背番号29を背負う速球派の左腕。「やっぱり気になるよね」と話した井川は「素晴らしいモノを持っている。真っすぐが速くて、伸びがある」と高橋遥の潜在能力を絶賛した。

     高橋遥人は大卒2年目の今季、18試合に先発して3勝9敗に終わった。井川は高卒3年目の2000年シーズン後半から先発に回り、5試合に先発して1勝3敗の成績。突如崩れて1イニングに大量失点するなど、当時は今季の高橋遥と似たような投球が多かった。

     その後、井川は03年に20勝(5敗)を挙げて、18年ぶりのリーグ制覇に貢献する大エースへと成長する。覚醒した理由はずばり“経験”だという。「ローテーションを経験することがモノを言うというか。コンディション作りなど、次の試合への持っていき方なんかを体でだんだん覚えていくんです」

     エースとして大きく羽ばたいてほしい。その思いがアドバイスへと変わる。かつてのエースは、発展途上の段階で木戸コーチに口酸っぱく言われた心得を話し始めた。

     「大量失点となったイニング、負けた試合で“どこの場面からやり直したいか”を常に振り返るようにしろと。それを意識し続けることで、だんだん試合の中で『ここ』っていう勝負どころが分かってくるんです」

     まずは“勝負どころ”を理解する。そして「よくギアを上げるって言いますが、そこで一気に100%の力を出せるようにする。それができるようになれば、だんだん勝てる先発投手になっていく」と明かした。

     助言を伝え聞き、高橋遥人は「井川さんがそう言ってくださるのは、すごいありがたいですね」と瞳を輝かせた。決意を込めた表情で言葉を続け「ここが大事だと分かるときもあるんですけど、そこを抑えきれていない。そもそもまだ分かってないときも多い。毎試合分かるようになって、抑えられるようになっていきたいです」

     今年一年で得た経験、そして大先輩の助言を胸に、23歳の若き左腕が“虎のエース道”を歩んでいく。




    【ブレないデイリー】今日の一面 遥人よ失敗から学べ 同じ背番号29背負った井川から未来のエースへアドバイス 記事はコチラ→ https://www.daily.co.jp/tigers/2019/10/30/0012831969.shtml  #タイガース #阪神 pic.twitter.com/8mR7I4krrC



    勝負所ね。すごく納得しました。 経験者ならではのコメントだね! 阪神・高橋遥よ失敗から学べ!同じ背番号「29」背負った井川からアドバイス(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000014-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神が23日のヤクルト戦(神宮)に8―3で快勝。先発の高橋遥人(23)が6回8安打2失点(自責1)で、7月7日の広島戦以来となる3勝目を挙げ「試合をつくれば救援陣が抑えてくれるので、思い切って投げられた」と笑顔を見せた。

     8月はここまで3度の登板で3敗、防御率5・95と苦しんでいた。そんな高橋遥を遠くから見守っていたのは、同じタテジマで29番を背負った大先輩、井川慶氏(40)だ。「自分の背負っていた29番をつけてくれている後輩ですからね。やっぱり気になるので見てますよ」と気にかけていた。

     その実力を認めるからこそ、井川氏は高橋遥にこんな助言を送った。

    「僕が初めてローテに入った2001年の時には(メジャー挑戦という)将来の目標を意識して、練習も試合も取り組んでいました。そこにたどりつくためにはどうしたらいいか。シーズン通しての年間計画を立てて練習していました。目先のことではなく、長いスパンで自分の野球人生を考えてほしい」

     若かりし日の井川氏は、様々な条件で投球することを試したという。走ってクタクタになった状況や、下半身のトレーニングを行い足にハリがある状態でもピッチングを試した。「悪コンディションでもどの程度投げられるか、自分で確認したかったので」と、あらゆる条件下でどんな投球が可能かを試し、苦しいときを乗り切ってきた。

     チームはこれで4連勝。2位DeNAとは3・5差、3位広島とは3ゲーム差と、CS出場権争いに踏みとどまった。同じ左腕、背番号の井川先輩のエールを受けた高橋遥の今後に期待だ。





    阪神の高橋遥人って井川慶みたいな投げ方だな



    @TigersDreamlink 遥人は井川を越える❗ もっともっと勝ち星を積み上げろ❗ 今日はナイスゲーム👍



    遥人❗もっと走って 井川になりましょう。なれますよ。六回降板⁉️私は全く納得すらしてません。完投して王者の貫禄を❗


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

    「サントリードリームマッチ2019」に出場した元阪神の井川慶氏(40)が29日、同じ左腕で同じ背番号29を背負う高橋遥にエールを送った。

    24歳シーズンで20勝をマークした左腕は「自分を信じて。どこにレベルを設定するか。それが大事。1軍で活躍しようではなくて、タイトルを取るだとかの気持ちでやらないと勝てない」と期待を込めた。引退をしていない自身の進退については「ぼちぼちです、はい。楽しみで(野球を)やっているので」と明るい表情で話した。





    高橋遥人は井川2世になれる



    高橋遥人、井川慶の後継者かな



    高橋遥人を見てると井川慶を思い出す。



    高橋遥人て足上げた時井川みたいやな 背番号も一緒やし


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

    <サントリードリームマッチ2019:ザ・プレミアム・モルツ球団-ドリーム・ヒーローズ>◇29日◇東京ドーム

    「サントリードリームマッチ2019」が29日、東京ドームで行われた。ザ・プレミアム・モルツ球団とドリーム・ヒーローズが対戦。

    井川慶投手(40)とランディ・バース内野手(65)の新旧猛虎対決、高橋由伸外野手(44)と高橋尚成投手(44)の元同僚同学年対決など、令和の新時代に数々の名勝負が繰り広げられた。   

       ◇   ◇   ◇

    繰り広げられる名勝負の数々に、満員の東京ドームが沸き立った。

    まずは1回2死一塁。18・44メートルで相対したのは、猛虎のレジェンド2人だった。井川対バース。井川が力強い直球で押し込むが、バースも食らいつく。ボール、空振り、ファウル。カウント2-1からの4球目、外角球を引っかけて三ゴロに仕留めて、井川の勝ち。時代を越えた名勝負に球場のスイッチが入った。

    元阪神勢が魅了したのならば巨人勢が黙っていない。3回1死「W高橋」が“本拠地”で躍動した。ザ・プレミアム・モルツ球団に新加入した高橋由が打席に立ち、バットをマウンドへと向ける。視線の先には高橋尚。誕生日が1日違いの2人の対戦だった。内角のボール球から入ると、低めに落ちる変化球を打たせた。試合前には「とりあえず1本打たないと。新入りなので」と意気込んでいた高橋由の打ち気を巧みに利用し、一邪飛。狙い通りに仕留めると高橋尚はこん身のガッツポーズを決めた。

    その後も名勝負は続いた。4回には桑田対バースの往年の対戦(三ゴロで桑田の勝利)。5回には斎藤と村田のバッテリーで、打席には高橋由。往年の巨人ファンにはたまらない勝負は三飛で斎藤に軍配が上がった。

    サプライズは6回1死一塁、マウンドに高橋由が上がり、打席には桑田。フルカウントから2球ファウルで粘り、8球目を中前へとはじき返した。ドリームマッチならではの対戦に観客が酔いしれた。





    @manabu18go ほい、さっきの井川vsバースw https://t.co/8jBTPVCAn4



    @kamemomo1120 井川慶vsランディ・バースとかスゲェww pic.twitter.com/C96tZx37uN



    井川慶VSバース pic.twitter.com/uyHJXVEmSQ



    井川Vsバース タイガースMVP対決🐯🐯🐯 https://t.co/sz58mqOucb



    バース🆚井川 pic.twitter.com/XL9snH5uy6



    井川対バースとか阪神ファン泣いてる https://t.co/aEWyPNc3Ii


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2
     ◇セ・リーグ 阪神―広島(2019年4月30日 甲子園)

     30日広島戦(甲子園)の試合前に行われた『平成最後のファーストピッチ』に、球団OBの井川慶投手(39)が登場した。

     阪神時代の女房役である矢野監督が捕手役を務めるという演出付き。投げ込んだボールは、観客がどよめくほど力強いボールだった。

     「ワンバウンドよりは良いかな…。タイガースが育ててくれたから今がある。こうやって平成最後の試合で投げさせて貰って。球団に感謝しています」

     井川投手は97年ドラフト2位で阪神に入団すると、02年から06年にかけて5年連続2桁勝利を記録するなど、2度のリーグ優勝に貢献した。16年から独立リーグ・兵庫ブルーサンダーズでプレーし、17年シーズン終了後に退団。現在もトレーニングを続けており、「プロ野球は難しいですけど、他の形で出来たら良いかな」と現役続行への思いを語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00000167-spnannex-base



    平成最後のファーストピッチは #井川慶 投手 #矢野輝弘 捕手のバッテリーが実現! #阪神タイガース https://t.co/a2slnipcQ9



    @TigersDreamlink すげぇ! 感動😭



    @TigersDreamlink 井川なにしとんねん!お前はやっぱ虎のユニが似合うからコーチせんかい!


    続きを読む