阪神から6位指名された湯浅京己投手(19)=BC・富山=が11日、富山県高岡市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金2000万、年俸500万円で仮契約を結んだ(金額は推定)。

終始緊張した表情を浮かべた仮契約後の会見。
「初めての経験だったのですごい緊張しました。本当にここからがスタートなので気持ちを引き締めてやっていきたい」と率直な思いを話した。
三重県から駆けつけた両親も同席。これからプロの世界へ飛び込んでいく息子に「ここからがスタートだから、1日でも長く野球を続けられるように頑張れ」とエールを送った。 BC富山で初となる支配下選手でのNPBドラフト指名を受けた右腕。

「1年目からしっかり活躍できるようにこのオフから覚悟を持って臨みたいと思います。富山のファンのおかげで今の結果がついてきていると思う。NPBで恩返しできるようにこれから頑張っていきたい」と気持ちを高ぶらせた。

1



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000131-dal-base

続きを読む