とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    伝統の一戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    <巨人2-4阪神>◇14日◇東京ドーム

    先発が試合を作って終盤勝負に持ち込めば、阪神のペースで戦えることがあらためて確認できた試合だった。

    勝負は7回に決したが、その差は巨人と阪神のリリーフ陣の安定感の差だ。矢野監督が勝ち越し直後の7回裏に、前倒しで好調のジョンソンを投入した機を逃さない采配も見事だった。ライバル巨人に7連敗はできない。まだ打席が回る可能性のある福留への7回の代走もそうだが、ベンチとチーム全体から勝利への執念を感じた試合だった。

    先発の青柳は1、2回こそ不安定だったが、しっかり要所を抑えた。中でも好調の坂本勇を封じたことが一番の勝因だろう。初回無死三塁は三直、2回1死二、三塁は空振り三振。いずれも打たれたら一方的な展開になっていた場面だが、坂本勇も全くタイミングが合っていなかった。横手から腕を振った真っすぐと外角低めのカーブのコンビネーションが絶妙。青柳は自信を持って投げ、坂本勇からは嫌がっている雰囲気が伝わってきた。相性が最終的に勝負を分ける形にもなった。

    15日先発の岩田にも粘りの投球を期待したい。菅野との厳しい投げ合いで、この日以上に多くの得点は望めないだろう。だが1点ビハインドでも、終盤勝負に持ち込めばほぼ互角だ。2連勝で甲子園に帰りたい。(日刊スポーツ評論家)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-05141137-nksports-base



    逆転した直後の7回裏、1番から始まる巨人の攻撃の所で流れを渡さないようにってジョンソンを前倒ししたのはマジで矢野監督ナイス判断や 坂本も止めたし明日は日本のエース菅野やけどこの勢いをモノにすれば明日も勝てるはず



    7回のジョンソン投入がこの試合のポイントだったね。 矢野監督のナイス采配でしょう。 巨人は高橋をもう1回投げさせても良かったんじゃない? 中継ぎに負担掛け過ぎだろ。 坂本の記録ストップはしょうがない。 相手がある事だから。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/05/13(月) 14:12:47.62 ID:K1j1LeGr0
    阪神は13日、甲子園で指名練習を行った。巨人戦(東京ドーム)を翌日に控え、投手では青柳晃洋投手(25)ら先発陣が調整し、野手ではこれまで出場機会が限られている高山俊外野手(26)らが参加。矢野燿大監督(50)は開幕から6連敗中のライバルとの再戦に向け「そりゃ、やり返したいよ」と闘志を燃やした。

     4月2~4日の東京ドーム、同19~21日の甲子園と巨人戦は6連敗中。1987年に開幕から7連敗して以来の屈辱で、21日に0-3で完封負けしたときには今季最多借金6の単独最下位に転落した。しかし猛虎はその後調子を上げ、貯金1の3位タイとして敵地に乗り込む。指揮官は「うちのチーム事情、状況も(前回とは)違うからね。面白い戦いができるんじゃないかなとは思う」と自信をのぞかせた。平成の30年間は阪神の通算318勝435敗17分けと大きく負け越した。令和最初の一戦を制し、伝統の一戦の新時代を切り開いてみせる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000521-sanspo-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1557724367/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     (セ・リーグ、巨人9-3阪神、1回戦、巨人1勝、2日、東京D)阪神・糸原が主将として意地の2点三塁打だ。1-8の六回2死一、二塁で打席に入ると、力強い打球がライトへ。これに巨人・陽が転び、右越えの三塁打となった。「点差はありましたが、いい形で打てました。みんな諦めていなかったので、打ててよかったです」。今季初の長打を記録し、チームを鼓舞。「四球も選べているので、(状態は)いいです。また頑張ります」と巻き返しを誓った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000600-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     ◇セ・リーグ 阪神3―9巨人(2019年4月2日 東京D)

     敵地で迎えた今季初の伝統の一戦は大敗に終わったが、阪神・矢野燿大監督(50)に悲観の色はなかった。

    宿敵・巨人の強さを感じたか?と問われた指揮官は「強さというより、今日は別にウチがちょっとね…。強さでやられた感じではないので。ウチの力を出せなかったという負け。別に巨人が強くて負けたとは思っていない」と語気を強めた。

     先発左腕のガルシアが4回7失点と誤算だったが、6回に奪った3点は次戦につながる希望の光だ。指揮官は「明日勝つことに全力を尽くしていく」と言葉に力を込めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000207-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/04/04(月)19:24:42 ID:

    阪神金本知憲監督(48)が4日、首位巨人戦に闘志を燃やした。

     5日から1・5差で追う宿敵と東京ドームで首位攻防の3連戦。高橋由伸監督(41)との新監督対決にも注目が集まる。


     金本監督は「開幕でスタートダッシュしているからね。とにかく上のチームに勝たないと。まだ順位は関係ないけど、勢いに負けないようにしないといけない」ときっぱり。

     ポレダや菅野ら難敵が先発してきても「超攻撃野球」を貫き、藤浪、岩田、メッセンジャーの3本柱で必勝を期す。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160404-00000129-nksports-base

    チーム併殺 1

    たまたまかもしれんが逆にいい傾向になってるな

    2:2016/04/04(月)19:25:24 ID:
    ええやん!
    続きを読む

    このページのトップヘ