とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    佐々木主浩

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    元マリナーズ投手の佐々木主浩氏(51=日刊スポーツ評論家)が25日、沖縄・宜野座の阪神キャンプを視察した。

    まだ矢野監督も明言を避けている今季守護神に藤川球児投手(38)を強くプッシュ。名球会入会資格の通算250セーブまであと23と迫るベテランのブルペン投球に目を細め、エールを送った。

    佐々木氏は宜野座に着くと、その足でブルペンに向かった。ちょうど藤川が投球練習を始めたところだった。親交のある同氏の登場にピッチングも熱を帯びていった。代名詞の力強い直球が次々とミットに吸い込まれるたび、捕手の後ろで見ていた佐々木氏は納得の表情。「年齢的にはベテランかもしれないけど、オレから見たらまだまだ若いね」と舌を巻いた。

    「もともと仲が良いんですよ。球児は人懐っこいから」という“弟分”。バチンとミットを鳴らすボールの迫力は相変わらずで、間近に迫る通算250セーブ達成も確信した。「去年から球児にハッパを掛けているんです。『お前が抑えをやって、そこ(名球会)を目指さなきゃダメだろ』って」。佐々木氏によると、東北福祉大時代の後輩、矢野監督は現時点で誰が守護神か明言していないが「数字の目標があるから、モチベーションを高くもってやれている」と、藤川の調整ぶりを評価していたという。

    「大学時代から周囲が見えて、気配りができるタイプだった。選手もやりやすいと思う」という矢野監督は、この日も若手有望株の望月を佐々木氏に1日弟子入りさせるなど、選手向上に余念がない。不安だった先発陣にはガルシアと西が加わった。佐々木氏は「阪神が戦力アップしているから、今年は優勝を予想するのが本当に難しい」という。その上で「中でも僕は球児の250セーブに一番期待してるんです。だってまだ3人しかいないんだから」。自身と高津臣吾氏、岩瀬仁紀氏に続く大台到達を心から楽しみにしていた。【千葉修宏】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-02250699-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神望月惇志投手(21)が、「大魔神フォーク」を伝授された。元マリナーズ投手の佐々木主浩氏(51=日刊スポーツ評論家)が25日、沖縄・宜野座の阪神1軍キャンプを訪れ、ブルペンを視察した。

    佐々木氏が見守るブルペンで望月が39球目を投げ終えたところ、矢野燿大監督(50)が投球を中断させ、佐々木氏の元へ連れて行った。あいさつを交わすと、佐々木氏は身ぶり手ぶりで、望月にフォークボールの投げ方を伝授。佐々木氏は「投げる時に落とそう、落とそうというのがあるから、そうじゃなくてもっとしっかり腕を振って投げるんだよ、というのを」と説明した。

    「大魔神塾」を終えると、望月はブルペン投球を再開し早速教わったフォークを試した。最初の数球は高く抜けたものの、5球目あたりからワンバウンドするように。6球目のワンバウンドした球に、捕手の後ろで見守っていた佐々木氏から大きな「○」マークが出た。

    その後も佐々木氏は、大きくうなずきながら望月の投球を見続けた。矢野監督も期待する4年目右腕に、新たな武器が加わったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-02250422-nksports-base 





    続きを読む

    このページのトップヘ