とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    侍ジャパン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪は1年延期され、来年7月23日に開幕と決まった。

     各競技で選手選考への影響が取り沙汰される中、野球の侍ジャパンも大きな懸案事項が生じた。絶対的守護神のDeNA・山崎康晃だ。昨年11月の国・地域別対抗戦「プレミア12」では、5試合で計5回無失点、3セーブと完璧な働きで世界一に貢献した。

     今夏に開催予定だった東京五輪はDeNAの本拠・横浜スタジアムで決勝が行われる予定だった。慣れ親しんだマウンドで大きな歓声を背に受け、金メダルと胴上げ投手になることを目標に掲げていた。

     ただ、山崎にはもう一つの夢がある。大リーグ挑戦だ。昨オフの契約更改で、球団に将来挑戦したい意向を伝えた。昨季は61試合に登板し、3勝2敗30セーブ、防御率1.95。史上最年少で通算150セーブを達成し、2年連続でセーブ王に輝いた。特に、落差の大きいスプリットは大リーグでも大きな武器になる。実際に評価は高く、昨年に投球を視察したあるスカウトはこう称賛していた。

    「(現在は大リーグ・レイズの)筒香(嘉智)より山崎のほうが欲しい。三振の取れる球種を持っているのは大きな魅力。ピンチも動じないメンタルの強さもいい。メジャーにいくとなれば争奪戦になるだろう」

     27歳。選手寿命を考えると、1年でも早く挑戦したいのが本音だろう。ただ、地元開催の東京五輪で守護神を担うのも野球人生で大きなモチベーションだった。大リーグか、東京五輪か。苦渋の決断になる。

     山崎が今オフに大リーグに挑戦した場合、侍ジャパンの稲葉篤紀監督は守護神の再考を迫られる。候補になるのはオリックス・山本由伸、ソフトバンク・森唯斗、西武・増田達至あたりか。昨季のパ・リーグセーブ王の楽天・松井裕樹は今季から先発に転向したが、練習試合で打ち込まれるなど精彩を欠いている。現状のままでは厳しいだろう。

     今年40歳となる阪神・藤川球児も可能性はある。大リーグでプレーし、2008年北京五輪など豊富な国際経験が心強い。17年以降、3年連続で50試合以上に登板し、防御率2.50以下と安定した成績を残している。東京五輪でクローザーを務めるのはだれか。チームの命運を握る重要なポジションであるだけに注目される。(牧忠則)





    東京五輪1年延期で、侍ジャパンの守護神は山崎康晃か藤川球児か、それとも……〈週刊朝日〉  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200403-00000018-sasahi-base 



    @sn_baseball_jp 日本人でヤスアキに対抗できる抑えって 球児ぐらいやもんな 松井は転向したし



    @sn_baseball_jp 阪神ファンやけど、ヤスアキに抑えをさせてほしい。球児の選択肢もある。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     虎の逸材が早くも聖地でベールを脱いだ。阪神のドラフト2位ルーキー・井上広大外野手(18=履正社)が8日の巨人戦(甲子園)で6回の守備から途中出場し、唯一の打席となった3―4の8回一死一塁から左越えに同点の二塁打をマーク。昨夏の甲子園で全国制覇に貢献した右の長距離砲は「どんどん振ることが自分の持ち味。うまく反応できた」と顔をほころばせた。

     高校通算49本塁打の片鱗はキャンプ中から随所で見せていた。2月15日の四国銀行戦では初打席初本塁打。大学時代からドラフト候補だった最速147キロ左腕・平山史崇からの一発で実戦デビューを飾った。同23日は西武二軍との練習試合で一軍経験もある3年目右腕・伊藤にバットを折られながら左越えに本塁打した。

     高卒新人ながら、ずばぬけた潜在能力の高さには侍ジャパン・鹿取義隆テクニカルディレクター(62)も注視していた。2月終盤に高知・安芸で視察した際には「高校時代から思っていたけど、井上と中日の石川(昂弥内野手=18、東邦)はバッティングがうまい。体が大きいとか、パワーがあるというのではない。打撃に関して生まれ持ってのうまさがある」とべた褒め。さらに「今後、プロとしていい栄養を摂取して、高いレベルで鍛えて、振り込んで体をつくっていけば楽しみ。将来はすごい選手になる可能性を秘めている」と絶賛し、近い将来の侍戦士候補と言わんばかりの評価だった。

     今回はわずか2試合の一軍帯同だったが“プロ初安打”も記録した。今後は二軍に戻ってじっくり育成される方針だが、虎党にとって本格デビューが待ち遠しい存在であることは間違いない。




    井上広大は未来のシュジクになれる選手、大きく育ってや。 #虎たま



    昨日の阪神ドラ2井上広大のツーベース  https://bb-antenna.com/archives/111969  https://t.co/aV5XnrnKjQ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神ドラフト3位の及川雅貴投手(18=横浜)が侍ジャパン入りへ意欲を見せた。この日は高知・安芸2軍キャンプに侍ジャパンの鹿取義隆テクニカルディレクター(62)が訪問。

    U15日本代表だった及川は、当時の監督が鹿取氏でその時以来の再会だった。及川のブルペン投球を見て「はまった時のボールは素晴らしい」と評価。及川も「日本代表に入れるように頑張りたい」と目標を語った。




    将来的にはU15以来の侍に選ばれてほしい!! U18ではまさかの...だったからなおさら見たいぞ!! 阪神3位及川が侍入り意欲、U15以来鹿取氏と再会 - プロ野球 : 日刊スポーツ  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202002250000866.html 



    ぜひジャパン入り目指して頑張ってほしい! 阪神3位及川が侍入り意欲、U15以来鹿取氏と再会  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202002250000866.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsさんから


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「変則枠」を奪い取る! 阪神の青柳晃洋投手(26)が6日、東京五輪の日本代表メンバー入りへ意欲を燃やした。

     「現役の間に日本で開催されるなんてなかなかない。出てみたい思いは正直あります。その場合、(ソフトバンクの)高橋礼がライバルになるんですかね(笑い)」

     横手と下手の間から投じる「クォータースロー」は希少価値が高い。昨季打率リーグ2位の中日・ビシエドは18打数2安打7三振。ヤクルト(今季からソフトバンク)のバレンティンは対戦を嫌がり、計3打席(無安打2三振)にとどまった。外国人選手に有効であり、登用される可能性がゼロとは言い切れない。

     先のプレミア12では下手投げの高橋礼が活躍しただけに『変則枠』のライバルになりそうだ。「共通点が多いし学べることも多い」。2学年下の右腕とは昨年の球宴で初対面し、変則右腕だからこそ分かりあえる課題やコツを語り合った。その存在が、五輪への思いを強くした要因だ。


    ▼記事全文はこちら



    野球女子カメラ、やっぱりCとNが多くて、たまにOLYMPUS、富士フイルムはここでも希少種か?? #沖縄キャンプ2020 #阪神タイガース宜野座キャンプ #青柳晃洋 #fujifilm_xseries pic.twitter.com/clFR1pqVKu



    猛虎一のイケメンと書かれている熊谷くんだけど、髙山くんだけは「猛虎一のイケメン」を「青柳晃洋」で推し続けるんだろうな… 死が二人を分かつまで… pic.twitter.com/ml7sB66UHa


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     侍ジャパンの稲葉篤紀監督(47)が5日、東京五輪の代表候補として、阪神・藤川球児投手(39)の経験値に期待を込めた。06年WBC、08年北京五輪、09年WBCと豊富な国際大会実績を誇り、39歳となった昨季も抜群の安定感を発揮。投手陣、ブルペンのまとめ役も託せる存在だけに、指揮官は「しっかり見ていきたい」と熱い視線を向けた。現時点で代表候補リストは100人を超えるが、不惑の五輪戦士が誕生するか注目が集まる。

     広い視野で東京五輪を展望する稲葉監督の口調が、一段と熱を帯びた。39歳にして色あせない藤川を、代表候補の一人と位置づけた。

     「彼には経験もあるし、成績も残している。今年もどれだけやってくれるのか、しっかり見ていきたい」

     昨季は56試合で4勝1敗16セーブ、防御率1・77。健在の能力に加え、特別な舞台を見据えた時、オンリーワンの経験値が魅力に映る。虎の守護神として数々の修羅場をくぐり、多くの国際大会にも出場。06、09年WBCだけでなく、前回野球が行われた08年北京大会も経験している。自国開催の五輪。未曽有の重圧を乗り越えられる土壌がある。

     「プレッシャーがかかる場面は多い。そういうところで自分を出せるというの(要因)は経験。経験しているというのは大きいと思う」

     国際大会特有の環境がレジェンドの必要性を高める。昨秋のプレミア12で稲葉監督は「寛ちゃん(大竹)の存在が大きかった」と総括。追加招集だった大竹は投手最年長の36歳。試合展開を読み、ブルペン専任コーチ不在のリリーフ陣をまとめた働きが優勝の一因となった。五輪ではベンチ入りの選手、スタッフがさらに制限される。投手陣、ブルペンのリーダーが不可欠となる中、球児は申し分のない存在といえる。

    ▼記事全文はこちら



    侍ジャパンの稲葉篤紀監督は、藤川球児選手とも会話をしていました! #阪神 #タイガース #稲葉篤紀 #侍ジャパン #藤川球児 #沖縄キャンプ2020 pic.twitter.com/FlVNefegQl



    @NikkanNaruohama いや、阪神タイガースのピッチャーは侍ジャパンに呼ばれると調子崩すのでやめてくださいね、ホント。


    続きを読む