とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    北條史也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     阪神は11日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦に7-6で勝利し、1勝3敗とした。しかし次戦以降で引き分けか敗戦すれば即敗退。さらに過去のCSファイナルではリーグ3位のチームが連敗から突破したケースは一度もなく、突破率0%と、困難な状況は続いている。この危機からチームを救うのはどの選手だろうか。投手陣は計算できるだけに、今季の成績と過去のCSから打のキーマンを探ってみよう。

    ○今季の対巨人に強かったのは

     レギュラーシーズンは巨人相手に10勝15敗と負け越した阪神。相手も豊富な投手陣を抱えるだけにその攻略も難しそうだが、巨人を得意とする選手もいる。レギュラー選手の打率5傑は以下の通り。

    1 福留孝介 打率.365 8打点 4本塁打
    2 マルテ 打率.339 8打点 3本塁打
    3 高山俊 打率.275 6打点 1本塁打
    4 糸原健斗 打率.259 9打点 0本塁打
    5 木浪聖也 打率.254 9打点 2本塁打

     福留は巨人からチームトップの4本塁打を放つ活躍で8打点を挙げている。今回のCSファイナルでは2安打にとどまっているが、3番打者として脅威の存在となりえるだろう。また大山はレギュラーシーズンで対戦打率は.205だったものの、2本塁打を放ち、チームトップの10打点を稼いでいた。今回のCSファイナル第3戦でも勝ち越しの一発が飛び出しただけに、今後にも期待が高まる。

     また10打席以下の打者では、鳥谷が打率.429で2打点を挙げている。今季限りでの阪神退団が決まっているが、タテジマでの有終の美が飾れるか。また植田も代走だけでなく、巨人相手には5打数2安打となっている。

    2015年のCSで巨人を打った選手、今年のCSの“シリーズ男”は…
    ○2015年のCS1stステージで巨人に強かったのは

     CSで巨人と対戦するのはこれが4度目だ。前回2015年の1stステージでは、1勝2敗で敗退していたが、その時はどのような成績だったのか。当時とは巨人の投手陣、阪神の打線ともにかなり変化があるが、東京ドームで行われたCSという点でいいイメージを持っている選手に注目したい。

    福留孝介 13打数3安打 打率.231 1打点
    鳥谷敬 13打数4安打 打率.308
    上本博紀 10打数1安打 打率.100
    梅野隆太郎 5打数3安打 打率.600 1打点
    江越大賀 8打数2安打 打率.250

     梅野は初戦でスタメンマスクを被り、先発藤浪を7回1失点と引っ張りながらも猛打賞の活躍。今回のCSでも当たっているだけに、東京ドームでのCSには相性がよさそうだ。また当時はスタメンに入っていた鳥谷は打点こそないが、3番、1番を打ち、ゴメスや福留に繋ぐ役割を担っていた。

    ○今回のCSで打っている“シリーズ男”は

     最も大事なのは起爆剤となるシリーズ男だろう。1stステージではDeNAに大量得点で勝ち上がってきた阪神打線だが、今好調なのはどの選手だろうか。

     DeNA3戦で最も好調だったのは11打数4安打の打率.364、6打点を挙げた北條だ。中でも第1戦、5点ビハインドから放った7回の1号3ランは、その後の勢いをつける意味でも値千金の一発だったといえる。また木浪も第2戦は先発を外れたが、7打数5安打で打率.714と好調で、第1戦に2本のタイムリーを放った。

     ファイナルに進んでからも北條は3戦で11打数4安打の打率.364、1打点を上げるなど好調を維持。また対DeNAには8打数1安打と抑え込まれていた梅野は、巨人戦では9打数4安打、2打点。第3戦では先制弾を放った。また近本は13打数3安打と落ち込んでいるものの、第3戦で走者一掃の3点適時三塁打を放ち、さらなる活躍の気配を漂わせている。

     この6戦で振り返れば、北條は打率.364、7打点、1本塁打と“シリーズ男”にふさわしい活躍をみせている。12日は台風で中止となったが、13日の第4戦でもこの勢いでチームを引っ張れるだろうか。

    Full-Count編集部




    やはり阪神のキーマンは大山と近本やな。ドラ1野手がいかに大切で流れをつかむ力をもってるか...



    阪神は梅野がキーマンなのは分かる



    @koji_speed5 ペナントの疲れが溜まってるでしょうが近本さんが阪神の勝利へのキーマンだと思ってます!無理せずこれまでどおりプレーしてください。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「セCSファイナルS・第2戦、巨人-阪神」(10日、東京ドーム)

     “8%の奇跡”を起こすべく、阪神は高橋遥が中2日で先発マウンドに上がる。初戦となった前夜は完敗。アドバンテージを含めて2敗となった。4勝先取のファイナルS。負ければ崖っぷちに追い込まれる。矢野監督は「勝つことも経験を積ませることも、総合的に考えてね」と若き左腕にチームの命運を託す。

     阪神はファイナルS黒星スタート。過去12度のセ・リーグ・ファイナルSで、シーズン1位以外のチームが初戦黒星から勝ち上がったのは、2017年のDeNA(シーズン3位)だけ。突破率は8%と、阪神にとっては厳しい数字が並ぶ。打線は前夜から変更。左腕・メルセデスとの対戦に備え、「2番・三塁」にCS好調の北條を起用した。

     大山がスタメンから外れ、「8番・遊撃」で木浪を起用。カギを握るのは「1番・中堅」の近本。現在、13打席連続無安打と元気がないが、メルセデスには今季7打数4安打。打率・571と相性がいい。ルーキーの力で突破口を開きたい。





    【阪神】 1近本(中) 2北條(三) 3福留(左) 4マルテ(一) 5糸原(ニ) 6高山(右) 7梅野(捕) 8木浪(遊) 9高橋遥(投)  http://hanshintigers.jp  #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル #日シリ行くでタイガース



    @hanshintigersjp 現状のベストメンバー勝つしかない! 代打のみんなにも期待!



    @hanshintigersjp 今日は勝つよ〜っか今日から連勝するよ〜😆



    @hanshintigersjp 遥人君、頑張ってな!



    @hanshintigersjp セカンドうえぽんにすれば、なお良いのでは?w


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「セCSファーストS・第3戦、DeNA-阪神」(7日、横浜スタジアム)

     1勝1敗で迎えた第3戦。初戦は、CS史上最大差となる6点のビハインドをひっくり返す大逆転劇を決めた阪神。前日は2度、追い付く執念の攻撃も、最後は九回、乙坂にサヨナラ2ランを浴びて敗れた。なんとか勝って、ファイナルSの切符をつかみたい。

     先発は高橋遥。「任されたところで、しっかり投げられるところまでいくだけ。それだけです」と覚悟を決めたように言い切った。「この場面で投げるっていうのは野球人生の中でプラスになる。あいつらしく向かっていってくれたら」と矢野監督。後半戦はわずか1勝に終わった悔しさを大一番でぶつける。

     打線では大山が外れ、木浪が「8番・遊撃」でCS初のスタメン出場。高山も「6番・右翼」で初先発する。カギを握るのはCSでラッキーボーイになっている北條。「2番・三塁」でスタメン出場。ここまで7打数4安打、6打点と活躍が光る。若い力で突破を決めたい。






    【阪神】 1近本(中) 2北條(三) 3福留(左) 4マルテ(一) 5糸原(ニ) 6高山(右) 7梅野(捕) 8木浪(遊) 9高橋遥(投)  http://hanshintigers.jp  #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル #日シリ行くでタイガース



    @hanshintigersjp 高橋遥人頼んだぞ!



    @hanshintigersjp 矢野采配信じよう



    @hanshintigersjp 中谷を外して高山 いいと思います!



    @hanshintigersjp 遥人君 頑張れ✊‼️東京ドームに乗り込むで 絶対 勝つぞ‼️タイガース👊😃💕



    @hanshintigersjp 上本は代打でも文句はない もしスタメンで出すとベンチの残りメンバーがだいぶ絶望的


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <セ・CSファーストステージ:DeNA6-4阪神>◇第2戦◇6日◇横浜

    初戦のヒーロー阪神北條史也内野手が、連日の適時打でCS男襲名の勢いだ。

    3点を追う5回2死一塁。浜口の外角チェンジアップにうまく合わせて三塁線を破った。一塁走者上本が一気に生還し、苦戦していた左腕から初得点を挙げた。

    「流れがちょっと悪かったけど、何とかこの回と思って。(浜口の)球数も増えてきて、そういうところで何とか流れを変えたいなと」。浜口の88球目、打線が苦しめられていた決め球を仕留めた。

    7回にも左前安打を放って2戦連続のマルチ安打。初出場のCSは2試合で1本塁打を含む7打数4安打6打点の大当たりだ。最後はサヨナラ負けを喫したが、「集中力と狙い球とかを頭に入れて。(3戦目は)一発勝負なので、1打席でもムダにしたくない。そういう気持ちで」と切り替えた。




    今のところセ・リーグCS男は ベイスターズ→神里 阪神→北條 かな? #クライマックスシリーズ



    てか北條今日もマルチじゃん。CS男やね 2番に置いてるのもいいな



    CSさえ打てば年俸上がるだろうという考えに出た頭脳派男、北條史也 #hanshin #阪神タイガース #北條史也



    北條またや!CS男や! 初回先頭近本がツーベースで出てるのに送りバントさせるなよ…。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     ◇セ・リーグCSファーストS第2戦 DeNA―阪神(2019年10月6日 横浜)

     阪神が5回に反撃の2点を挙げた。

     初回の先頭・近本の右中間への二塁打以降は無安打に抑え込まれていたDeNAの先発・浜口から、青柳の代打・上本が中前打で出塁。2死一塁で前日5打点と活躍した北條が三塁線を破る二塁打で、一塁から上本が一気に生還した。さらに本塁返球が逸れた間に進塁した北條を三塁に置いて、福留が適時右前打。2点目を挙げ浜口をマウンドから引きずり下ろした。

     代わった三嶋からもマルテが左前打を放ち、2死一、二塁と同点の好機を作ったが大山は中飛に倒れ、同点に追いつくことはできなかった。




    北條福留やば



    上本の一打が流れを引き寄せ、「シリーズ男」北條が反撃の狼煙を上げるタイムリーを放ち、ベテラン福留がしっかり北條を返した👍 良い攻撃やったね😊 その良いタイガースの流れを、守屋が相手に渡さない見事なピッチングやったね💪



    青柳の投球リズムが悪すぎやったね。テンポよく投げられたら早めの援護があったかも。 5回に北條、福留とタイムリー、投手交代でマルテ四球ならば2三振の大山に代打と言う選択肢があったのに残念。 後半に期待しましょう。 #阪神タイガース


    続きを読む

    このページのトップヘ