とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    北條史也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/26(水)21:04:01 ID:A1L
    1

     阪神・北條史也内野手(24)が25日、年明けからヤクルト・山田哲人内野手(26)らと、愛媛・松山市で合同自主トレに参加することを明かした。4年連続となる。シーズン終盤に左肩亜脱臼で離脱し、リハビリに専念。状況次第では参加が危ぶまれたが、超回復で志願参加を決めた。トリプルスリー3度の天才から、目標とする全試合出場の極意を探る。

     一つの“ゴール”にたどり着き、北條は一層表情を引き締めていた。「行きたいという気持ちがメチャクチャ強かった」と表現した、ヤクルト・山田哲らと愛媛・松山市で行う合同自主トレ。懸命なリハビリ期間を経て、球団の許可を勝ち取った。強い思いが強く後押しした超回復だった。

     「ケガ人だったので。でも、順調に回復してきた。行くことができてよかった。順調に治ってよかったです」

     合同自主トレ参加は16年から4年連続になる。トリプルスリー3度の大打者。強く志願する形で始まった合同トレは、いまでも学ぶことばかりだと言う。「ずっと鳴尾浜でやるのと、向こう(松山)でやるのは全然違う」。会話で得る知識に、肌で感じる技術。生きる教材がさらなる飛躍を支える。

     来季の目標は全試合出場。「そのために少しでもタメになることを聞けたら」と言う。今季はケガで62試合の出場に終わったが、シーズン途中から遊撃のレギュラーに定着。離脱するまで打率・322と好成績を残し、「2番・遊撃」としてチームをけん引した。ただ、16年の122試合出場が過去最多で、全試合出場の思いは強い。

     合同トレ参加は来月10日から1週間を予定。一回り成長した姿で2月1日に備える。「そこからは競争。ケガをしていましたけど、そういうのは思わせないくらいに。レベルアップしたなというくらいになって、キャンプに挑みたいと思います」。山田の“哲”学を全身で吸収し、7年目の飛躍、覚醒を遂げる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000016-dal-base

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/26(水)21:04:16 ID:GuE
    仲良さそうで何より

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1545825841/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

     阪神の糸原健斗内野手(26)と北條史也内野手(24)が23日、来季全試合出場を誓い合った。競争激化する内野手争い。たった一つのレギュラーポジションを勝ち取っていく。
     まずは先輩・糸原が、力強く引っ張る覚悟だ。プロ2年目で果たした全試合出場。次なる目標として、全試合フルイニング出場を見据える。今年は主に二塁を主戦場とし、11失策。「来年は1桁の失策で、1年間終わりたい」。気持ちを切り替え、競争の先にある未来を描いた。
     一方の後輩・北條も、まずは追いつき宣言だ。「糸原さんみたいに、ずっと出られるように頑張ります」。来季はグラブの形も変更しており、守備に対する意気込みも強まるばかりだ。この日、都内のホテルで行われたファンクラブイベント「クリスマスパーティー」に参加した2人は、年齢も近く、とにかく仲良し。「仲良くない。ライバルですもん」と言い張るところも、似たもの同士だった。
     今季は二塁・糸原、遊撃・北條のスタメンで1・2番を組んだ47試合の勝率が・447だった。この2人で、一つでも勝てる試合が増えれば…。北條が「当たり前のゴロを、しっかりアウトにできるように」と言えば、糸原も表情を引き締める。「ピッチャーを助けられるような守りができればいい」。最強の二遊間コンビを結成する。(Vデイリー)

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

     阪神の北條史也内野手(24)が21日、来季契約で大筋合意したジェフリー・マルテ内野手(27)=前エンゼルス=のナビゲート役に名乗りを上げ、積極的にコミュニケーションを図る考えを明かした。この日は、出身地の大阪・堺市に近い和泉市内にある「大阪府立母子健康総合医療センター」を訪問。3年連続でクリスマスパーティーに出演し、若林忠志賞受賞による活動資金100万円を寄付した。

     止まらない質問攻めに北條は、施設訪問の意義を感じていた。目を輝かせる子供たちに、来季に向けたパワーをもらった。3年連続の参加。約1時間のクリスマスパーティー後は、3病棟、約100部屋を慰問した。「来年も来ます」。全試合出場での活躍後、4度目の訪問を約束する。

     新外国人選手としてこの日までに、マルテとの来季契約が大筋合意に達した。球団は現状、主に一塁を任せる方針。ドミニカ共和国出身で、ドリス、ナバーロらスペイン語圏の助っ人が多くなる。内野の要となる遊撃定着を狙う北條は「結構、僕は外国人選手と仲良くなるんですよ」と笑った。

     これまでもゴメスや、投手でもマテオやモレノらと接してきた。覚えたスペイン語を駆使して…と思いきや、そこは「英語です!!」と胸を張る。「対策とかとは思わず、いつも通りにやったら仲良くなる。知っている英語で挑みます」。必要なのは迎え入れる環境の整備。積極的にコミュニケーションを図り、ナビゲート役を買って出る。そのためにも全試合出場が目標だ。

     「今年はケガをしてしまった。ケガをする前の体に戻るのではなく、それ以上の体で戻れるように。数字はあとからついてくる」

     シーズン中に左肩亜脱臼で離脱してリハビリを続けてきたが、「もう大丈夫です」と言えるほどに回復。会の中では、プレゼント色紙には来季の漢字として「進」を添えた。「常に進化しようと思って」。遊撃の定位置を手中に収めかけた今季からの挑戦。来シーズンは進化した姿で、真価発揮の1年にする。

    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/12/22/0011924958.shtml

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    167: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/22(土) 00:05:48.83 ID:yIq39oEB0
    2

    リハビリ中の阪神・北條、決意の更改!“山田哲魂”で「はい上がる」

    すでにキャッチボールやティー打撃などは再開しているが、実戦的な練習は「1月まではできない」と我慢の日々。
    現状では来春のキャンプは2軍スタートの可能性が高く、ライバルからの出遅れは否めない…。
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181205/tig18120505040001-n2.html

    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1545390917/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    今年1月にプレーヤー表彰で野球殿堂入りを果たした前阪神監督、金本知憲氏(50)の「野球殿堂入りを祝う会」が11日、大阪市内で開催され、阪神・矢野燿大監督(50)ら球界、財界関係者らが出席。

    教え子も金本氏に感謝した。北條は高卒4年目だった2016年に抜擢され、122試合とブレーク。「(金本)監督に出会ってなかったら、こんなに1軍の経験はしていない。2軍とは違う緊張感を経験できて、自分の財産になりました」と話した。2017年D5位で入団し、来季からキャプテンを務める糸原は今季チームで唯一の全試合出場。
    「出続けるすごさを感じた。(金本氏は)すごすぎます」。連続フルイニング出場1492試合の記録を持つ金本氏に感嘆していた。


    続きを読む

    このページのトップヘ