とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    北條史也

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・北條史也内野手(25)が9日、広島との練習試合(マツダ)に「9番・遊撃」で先発出場。2ランを放った7日のソフトバンク戦(甲子園)に続く2試合連続打点をマークした。

     0-4で迎えた六回1死一塁。広島の3番手・高橋樹の141キロをたたくと、打球は左翼線を抜けた。一走・上本は一気にホームイン。これで北條は4試合連続安打と開幕へ向け、調子は上向きだ。



    【阪神】 北條史也、6回に 4試合 連続安打となる反撃の適時二塁打  遊撃争いの中で好調維持 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース ぇぇぞ!! 🤨👌⤴︎  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200609-06090108-sph-base.view-000 



    阪神ボロ負け。 いかんねー。 3安打はあかんやろー。 こないだから北條くんだけか、調子エエのは。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <練習試合:阪神2-1ソフトバンク>◇7日◇甲子園

    阪神北條史也内野手(25)が開幕前最後の甲子園で決勝2ランを放った。ソフトバンク戦に「2番遊撃」で先発し、3回に左腕和田から左翼へ今季実戦3号。6回の二塁打と合わせてマルチ安打で、同学年の木浪と争う開幕ショートへアピールした。3年連続日本一軍団に勝ち越した阪神は、2日に再開した練習試合で5勝1敗の“首位”につける。次に聖地で試合をするのは7日7日で、いよいよ長期ロードに出る。

      ◇    ◇    ◇

    遊撃は譲らない。チームの勢いに北條も乗った。0-0の3回2死一塁。ベテラン和田を捉えた。「真っすぐに負けないようにと思ってました」。2-2から甘く中に入った139キロ直球を左翼席に運び去った。初回の第1打席は同じカウントからの直球に差し込まれて右飛。「差されないように。前の打席の反省を生かして打つことができた」。試合の中で対応して先制2ランにつなげた。6回はフルカウントから二保の6球目を左中間へはじき返し、二塁打でチャンスメーク。遊撃を争う木浪がベンチスタートの中、結果を出した。

    これでチームは練習試合6戦で10発となった。アーチ攻勢をかけながら19日の開幕に向かっている。昨季はリーグ5位の94本塁打、両リーグ最低の538得点に終わったが、今季はボーアらの加入で打線が活性化。課題だった得点力不足は影を潜め、強力投手陣と打線がかみ合いつつある。

    小技が持ち味の北條が放った1発もそんな変化の1つで、矢野監督は「あのスイングでひと振りで決めたのは価値ある打撃」と評価した。井上打撃コーチは三振数など改善点を挙げた上で打線の底上げに言及した。「1発が少ないと言われていたチームの意識を変えてやっていこうと取り組んでいる中、本塁打が出ているのは選手みんなが意識を持ってやってくれていることだという手応えはある」。全体練習後の居残りロングティーなど意識改革の成果は見え始めている。

    甲子園2カードで広島に3連勝の後、ソフトバンクには12年交流戦以来の勝ち越し。5勝1敗で“首位”につける。この日はボーアや福留ら助っ人、ベテラン勢に休養を与え、開幕1軍をつかもうと必死な若手中心のオーダーで勝利。競争が続く北條も「開幕ももうすぐなので、結果で勝ち取るんだという思いでやってます」と開幕ショートを守るイメージを強く描いた。

    今後は広島、オリックスと敵地で練習試合を3試合ずつ行い、開幕を迎える。甲子園での次戦はちょうど1カ月後、7日7日の巨人戦だ。矢野監督は約束した。「やっぱりここで野球できる幸せと、ここでやる野球をタイガースファンは一番好きだと思う。まずはその前にしっかりとした戦いで、帰ってこられるように頑張ってきます」。最高の締めくくりで、勝負の長期ロードに飛び出していく。【奥田隼人】




    北條がレフトスタンドへ先制ツーランホームランを突き刺す!猛アピール成功! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース https://t.co/3j9oP1Urcf



    @TigersDreamlink 毎試合ホームラン ノーエラー 無観客は素晴らしい!!!



    @TigersDreamlink やっぱここ数年北條持ってると思う


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    hojo1
     

    1


     ◇練習試合 阪神―ソフトバンク(2020年6月7日 甲子園)

     「2番・遊撃」で先発出場した北條が先制2ランを放った。

     両軍無得点で迎えた3回2死一塁で、ソフトバンク先発・和田との2度目の対戦に臨んだ北條が、カウント2―2からの速球を完璧にとらえて広い甲子園の左翼席まで運んだ。

     今月2日に再開した練習試合はこの日で6試合目。チームはその全試合で本塁打を記録したことになる。




    北條がレフトスタンドへ先制ツーランホームランを突き刺す!猛アピール成功! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース https://t.co/3j9oP1Urcf



    @TigersDreamlink 毎試合ホームラン ノーエラー 無観客は素晴らしい!!!



    @TigersDreamlink やっぱここ数年北條持ってると思う


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <練習試合:阪神3-2広島>◇2日◇甲子園

    矢野阪神が練習試合の再開初戦で白星スタートを切った。本拠地甲子園に広島を迎え、3-2での勝利。3月25日のDeNA戦(横浜)以来、69日ぶりとなる対外試合だけに、矢野燿大監督(51)も格別の喜びに浸った。

    「練習試合とはいえ、勝って良かった。まずはこうやって野球がやれて、本当に楽しいというか、いい気持ちでできて、いい感じで勝てて良かった」

    待望のボーア弾、自慢の投手陣の踏ん張りもあった上で、さらに見逃せないのが2点リードの5回攻撃。先頭の梅野が四球を選び、9番北條が打順を迎えた場面だ。

    北條はバントの構えから2球連続でボールを見極め、続く3球目にバスターエンドランを成功。ボール球だったが、しっかりとバットに当て、三遊間を抜く安打。無死一、二塁に広がった好機で、1番糸井が中前適時打を放ち、貴重な追加点を奪った。

    「そういう作戦で点を取れるのは、うちの中で大事。初戦だけど、ジョー(北條)もボール球だったけど、あれをやってくれるというのはこっちも救われる。助けられた」

    さらに、続く2番近本は初球に送りバント成功。こちらは後続が倒れ、さらなる追加点とはいかなかったものの、矢野監督の「2番近本構想」に応えた。

    「チカ(近本)も一発でほぼ100点というか、最高のバントを決めてくれた。中身も含めて、価値があった」

    北條がバスターを決めた際には、矢野監督がハワイのあいさつでおなじみの親指と小指を立てる「アロハポーズ」を繰り出していた。

    「盛り上がるよね。1人1人打ってワイワイするのも楽しいけど、みんなで何かを取りにいったところというのは俺らのうれしさも、より膨らむんでね」

    野球ができる喜び、勝利の喜びを全員で感じつつ、虎が進んでいく。【松井周治】




    久々の対外初戦とらほー🐯!! 青柳投手、ピンチ背負っても無失点の好投👏 ボーア選手、来日初ホームラン👏 北條選手技ありバスターで繋いで糸井選手ナイスタイムリー👏 明日からも調子上げていこ🐯👍 糸原キャプテン、大丈夫であってほしい🙏 #阪神タイガース



    北條ってバスターする度ヒット打ってね?



    北條の謎にうまいバスター


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神紅白戦:紅組4-2白組>◇31日◇甲子園

    阪神北條文也内野手(25)が先制タイムリーを放った。紅組の「7番遊撃」でスタメン。

    2回表1死一、二塁の好機で、白組先発の左腕岩貞の2球目を右前へ運んだ。

    その直後の2回裏、北條と遊撃争いを繰り広げている木浪聖也内野手(25)もアピールの一打を見せた。白組の「7番遊撃」でスタメン。2死二塁で、ベテラン左腕能見から7球粘って右前へ適時打を放った。「チャンスの場面だったので積極的にいくと決めていました。簡単に追い込まれてしまいましたが、しっかりボールを見極めることができましたし、粘って打てたのは大きな収穫になりました」とコメントした。

    矢野監督は遊撃を争う2人について「2人は凡打もすごくいいスイングしていましたし、いいライバル争いができているかなという感じですね」と評価。木浪は試合後に「ここからは結果が大切になってきますし、結果を出すための準備というところは絶対怠りたくないです。やはり、北條より結果を残さないと試合に出られないので、そのためにさまざまな準備を大切にしていきたいです」と、ライバルへ闘志を燃やした。




    チーム内でのスタメン争いもいよいよ佳境に入りました。 阪神木浪「北條より結果残さないと」遊撃争い譲らず  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202005310000342.html 



    遊撃手争い勃発‼️ 北條史也選手🆚木浪聖也選手 😐💥😐 五角のアピール合戦だ‼️ 二回1死1.2塁で北條君が岩貞君の143kmを捉えて先制の右前適時打‼️ 負けずに木浪君が裏の二回2死2塁。 能見さんのスライダーを右前適時打‼️ そして北條君が五回無死で齋藤君の152kmを中前打‼️ ↑齋藤君の球速凄いw😁 pic.twitter.com/jxZ8BrF9wR


    続きを読む