とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    原口文仁

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し@ 2017/02/24(金) 06:25:08.98 ID:6Tw6urY30
    阪神の原口文仁捕手が午後から行われたケース打撃で“ルールブックの盲点”を突く走塁を見せた。結果はアウトだったが、好判断と野球に対する知識の深さをアピールした。
    場面は1死一、三塁。打者は植田、一塁走者はキャンベル、そして三塁走者に原口がいた。ヒットエンドランのサインで投手がモーションを起こすと同時に、キャンベルがスタート。植田が放った打球は痛烈なライナーとなって遊撃・北條のグラブに収まった。
    その瞬間、一塁走者のキャンベルは戻るそぶりを見せずに二塁へ。これを見た原口は一気に本塁へ全力疾走を始めた。北條の一塁転送がホームベースを踏むよりも早かったため、球審は「ノーラン、ノーラン」とジェスチャー付きでコール。
    得点は認められなかったが、仮に一塁転送よりもホームへの生還が早く、守備陣がボールを三塁に転送してアピールすることがなければ、1点が入るケースだった。
    原口は「ルールは知っていました。何年か前の高校野球であったことを覚えていたので」と明かす。2012年夏の甲子園で、済々黌-鳴門戦の七回に同様のプレーが起こった。一塁の封殺よりも本塁生還が早く、そのまま鳴門の野手はベンチへ戻っていった。
    ここで公認野球規則の4・09「得点の記録」と7・10「アピールアウト」が適用され、鳴門は一塁走者をアウトにした後でも、三塁走者のアウトをアピールすれば3つ目のアウトを置き換えることができた。
    だがアピールは選手が競技場を離れるまでに行わねばならないため、鳴門の選手がファウルラインを越えた瞬間、済々黌の得点が認められた。
    漫画「ドカベン」でも、明訓・山田太郎が2年夏、神奈川大会3回戦で好投手・不知火を擁する白新と対戦。0-0の延長十回表、明訓は1死満塁で5番・微笑がスクイズを試みたが、投前の小飛球となり、これを不知火が好捕。飛び出した一走・山田も刺された。
    だが、一走がアウトになる前に三走・岩鬼がそのままホームイン。白新ナインは一走が刺され、第3アウトが宣告された時点で全員ベンチに引き揚げたため、明訓に1点が認められ、これが決勝点となった描写がある。
    以降、“ルールブックの盲点”として語り継がれるワンプレーを、原口は知識として頭に入れ、瞬時に実戦。「きょうはホームへの生還が遅かったんですか?」と記者に逆質問し、悔しそうな表情を浮かべた。わずかなチャンスも見逃さない-。
    昨季、育成からシンデレラストーリーを描いた男の集中力が、練習の一瞬からかいま見えた。 

    引用元: ・阪神・原口 ルールブックの盲点を突く走塁で見せた集中力

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/11(水)16:51:23 ID:OcA
    阪神・原口文仁捕手(24)が11日、甲子園の室内練習場で自主トレを公開。
    今季の目標に「捕手として、100試合以上は(マスクを)かぶらないといけないと思います」と正捕手奪取を狙う。

    昨季は4月27日に支配下再登録を勝ち取り、5月は打率・380で月間MVPを獲得。
    オールスター出場も果たし、シーズン107試合で打率・299、11本塁打、46打点とシンデレラストーリーを駆け抜けた。

    8年目を迎える今季は、こだわり抜く捕手のレギュラーを確固たるものにしたい。
    この日はキャッチボール、ティー打撃などで汗を流した。
    「キャンプまで時間がないので、ゆっくりはしていられない。
    昨年は育成上がりという目で見られていたと思うんですけど、今年はされない。
    厳しく見られると思うので、そういうところで課題をクリアして成績を残していきたい」と力強く抱負を語った。

    no title
    no title

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1484121083/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26(月)08:55:00 ID:iE8
    阪神・原口文仁捕手(24)が25日、「城島魂」で来季さらに大躍進すると誓った。
    この日は、出身地の埼玉県寄居町で行われた「寄居町商工会青年部50周年事業~ふれ合い野球教室」に参加。
    虎の正捕手の座を射止め、愛する故郷に再び大きな夢を与える。

    郷里の空気を目いっぱい吸い込み、原口は勝負と位置づける来季を見据えた。
    無邪気に白球を追いかける子供たちに元気と勇気をもらい、いざ正捕手奪取への道を行く。
    念頭にあるのは尊敬してやまない城島健司氏の魂。大躍進を遂げ、再び故郷に夢を与えたい。

    支配下再登録の一報が届いた4月26日夜。原口は、すかさず城島氏に電話をかけた。
    「『チャンスは少ないんだから、3ボールからでも振っていけ。四球だとアピールにならない。フルスイングでいけ』と言われたんです。
    それは、来年も変わらずにやっていきたいと思っています」

    ゴールデングラブ賞8度の名捕手とは、自身がプロのスタートを切った2010年からの“師弟関係”。
    長崎・佐世保で合同自主トレを行い、配球面など「捕手道」を徹底的にたたき込まれた。そんな大先輩からもらった激励の言葉は、今も原口を支えている。

    続き
    http://www.daily.co.jp/tigers/2016/12/26/0009781612.shtml

    TR2016030800414
     

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1482710100/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/17(土)09:35:29 ID:por
    球団初の偉業を狙う!阪神・原口文仁捕手(24)が16日、サンテレビ「熱血!タイガース党」に生出演した。今季スタメンマスクで球団46年ぶり3試合連続完封に導いた男は、来季球団史上初の4試合連続完封を狙うと宣言。

    今季は試合を重ねるごとに、捕手として責任の重さを痛感する一方で、確かな手応えもつかんだ。今季の収穫と反省を、来季へ生かすつもりだ。
    試合後、ジェット風船が舞うと同時に、マウンドへ駆け寄っていく。仲間とのハイタッチこそ捕手冥利(みょうり)に尽きる瞬間。スコアボードに「0」が並べられたら、なおさらだ。来季こうしたシーンをもっとファンへ届けたい。正捕手を狙う原口が、球団史上初の4試合連続完封勝利を狙うと宣言した。

    「頑張ります。難しい記録ですけど、それだけチームが勝つということだし、ピッチャーにいい成績がおさまるということなので、助けられるように頑張っていきたいと思います」

    原口ならやってのけるのでは-。
    そんな予感が漂う。今季は1軍デビュー間もない5月4日・中日戦(ナゴヤドーム)から6日・ヤクルト戦(甲子園)まで、球団史上46年ぶりの3試合連続完封勝利に貢献した。当時は無我夢中で、とにかく必死。偉業達成の充実感に浸ったのはシーズン全日程を終了してからだという。

    「うれしかったのはうれしかったですけど、出はじめだったので。まだ大変さを知らなかったというのがすごくあって。シーズンが終わって、すごかったんだなと実感しました。完封を1試合するだけでもすごく大変と身に染みてやっていたので、本当に大変なことをしたんだなあと」

    試合を重ねるごとに、捕手の責任の重さを痛感した。先発投手によってスタメンを外れることもあった。偉業達成へ、正捕手死守は絶対条件だが、実は先発4本柱と好相性だ。メッセンジャーとのバッテリー防御率こそ3・33だが、藤浪、岩貞、能見とは2点台と安定している。夏場以降投手と交流を深め、文字通り「本当のレギュラー」を射止められる自信も芽ばえつつある。

    no title


    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1481934929/

    続きを読む

    このページのトップヘ