とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    台湾

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/20(水) 20:09:27.64 ID:1vi3ot1h0 BE:844628612-PLT(14990)
    ‪台湾、きょうも新規感染なし 13日連続 | 社会 | 中央社フォーカス台湾 MOBILE
    http://japan.cna.com.tw/news/asoc/202005200007.aspx

    (台北中央社)中央感染症指揮センターは20日、新型コロナウイルスの新たな感染例は報告されなかったと発表した。
    台湾で新規感染者は13日連続で出ておらず、海外渡航歴がない人の感染は38日連続で見つかっていない。台湾内の感染者は440人を維持。
    これまで7人が死亡し、402人の隔離が解除された。

    この日の会見では、丸い形が多数の「ゼロ」を象徴しているとして「玉荷包ライチ」が用意され、感染が収まり続けるのを祈願した。

    (張茗喧、余暁涵/編集:楊千慧)

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/20(水) 20:09:55.53 ID:ea9kQ1Z/0
    素晴らしいな

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1589972967/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/30(木) 18:16:34.40 ID:PnWIt6kb0
    https://news.infoseek.co.jp/article/00fujibas2004290001/

    ソフトバンク・王球団会長が突如ぶち上げた、日本野球機構(NPB)を12球団から16球団に拡張する構想は、注目され始めたところで新型コロナウイルス禍が直撃。
    今季公式戦はいまだ開幕のめどが立たず、スポーツビジネスのリスクが再認識されたことで、新規参入の機運は吹き飛んでしまった。ただ、一から新球団を立ち上げなくても、
    16球団でリーグ戦を展開する方法はある。世界で唯一、今季公式戦を開催中の台湾プロ野球(CPBL)との“合体”だ。台湾側の有力者からも、ラブコールが出ている。

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/30(木) 18:17:24.02 ID:PnWIt6kb0
     立ち消えの気配の16球団構想ではあるが、王会長が意図する「受け皿の拡大」と「プレーオフ方式の公正化」は、何も国内だけで4球団を増やさなくても実現できる。
    注目するべき候補地は、王会長が国籍を有し現地でも英雄視される台湾だ。

     5月20日に台湾副総統に就任する頼清徳氏は、2月に産経新聞の単独インタビューで興味深い発言をしている。「世界中で日本と最も関係の深い場所は台湾」が持論の親日派は、
    「(日本と)関係を発展させるのにまだやれることはまだたくさんある」と力説。具体案として「台湾のプロ野球チームが日本のプロリーグに参加できれば面白いと思う」と話している。

     リップサービスで片づけるのは早計だ。巨人のフロントOBは数年前、台湾の有力企業の首脳から次のような相談を持ち掛けられたと証言する。

     「プロ野球チームを持ちたい気持ちはあるが、台湾だと八百長が怖くて手が出せない。台湾に本拠地を置いて、NPBに加盟する方法はないか」

     選手の永久追放や球団の解散といった悲哀を何度も味わいながら、今世紀に入っても台湾球界では八百長が繰り返されてきた。
    不正でファンの心が離れ、リスクを嫌う企業から球団経営は敬遠され、年俸が安い選手がまた手を染める悪循環が続いたが、ここ10年は小康状態を保っている。

     台湾のコロナ対策が奏功したことから、今季は世界に先駆けて12日から無観客ながら1軍公式戦を開催中だ。
    4球団の一角には、日本企業を親会社に今季参入した楽天モンキーズ。来季さらに1球団増える予定だ。

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/30(木) 18:18:05.10 ID:PnWIt6kb0
    ええよ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1588238194/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    4

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/19(日) 02:56:32.06 ID:jVNX4nqa0
    アメリカ「MLB開幕に向けて案出してます」

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/19(日) 02:57:02.13 ID:jVNX4nqa0
    みんなやる気まんまんで草

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/19(日) 02:57:07.69 ID:PvX3pdaQd
    イタリア無理やろ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1587232592/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ウインターリーグに参加する台湾の球団味全ドラゴンズが
    投手戦力不足のため外国人選手4人補強
    その中に歳内選手の名前があると言う。ウインターリング参加は確定的

    ウインターリーグ期間中だけなのかその後の事はわかりません。
    no title



    台湾のニュースによると、今年ウインターリーグで元阪神の歳内宏明選手が味全ドラゴンズに入団します😆 台湾へようこそ😆😆😆😆💪💪💪  https://www.google.co.jp/amp/s/sports.ettoday.net/amp/amp_news.php%3fnews_id=1566286 



    @k_gcem 歳内かー 聖光学院じゃない? なついなー



    @k_gcem 歳内選手をよろしくお願いします。(๑・ิω・ิ)ノ



     https://sports.ettoday.net/news/1566286?redirect=1  今年台湾ウィンターリーグに単独参加する味全ドラゴンズは投手陣の駒が揃わず、若手投手を保護するため、外国人投手を4名補強するのを検討。 その中に元阪神の歳内とDeNAのバリオスが確定的で、De球団はバリオスを来季先発へ転向させるつもりで、味全に派遣するようです。



    歳内が台湾で現役続行するかと一瞬勘違いしたぞ…



    歳内くん、台湾リーグに決まったんだね。 もう一度輝いて欲しい!



    歳内とバリオスは台湾の味全ドラゴンズに行くのね また来期も楽しみだわ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    台湾ウインター・リーグは11月23日に開幕
     2012年から始まった台湾で開催されているアジア・ウインターリーグ。今年の台湾プロ野球選抜の監督に元阪神の林威助氏が就任することが発表された。台湾の現地メディアが伝えている。

     2012年から始まった台湾でのウインターリーグは主に日本・韓国・台湾のプロ野球チームに所属する若手選手を中心に試合経験を積むことで飛躍のきっかけをつくる。以前はドミニカ共和国や米国・欧州選抜も参加しており、昨年からは日本の社会人選抜も参戦している。今年の同リーグの開催概要が発表され、日本からNPBイースタンとウエスタン選抜の2チームと社会人選抜、韓国プロ野球選抜、台湾プロ野球選抜、そして今年から台湾プロ野球に復帰し、川崎宗則氏が選手兼任コーチを務める味全ドラゴンズの計6チームが参加する。リーグ開催期間は11月23日から12月15日までを予定している。

     今回、台湾プロ野球選抜の監督を務めることになったのが元阪神の林威助氏だ。林氏は2002年、近畿大からドラフト7巡目で阪神に入団。シーズン中は度重なるケガに苦しんだが、長打力とガッツ溢れるプレーで多くのファンに愛された。日本での通算成績は454試合に出場して打率.264、31本塁打、125打点だった。阪神退団後は台湾プロ野球・中信兄弟で4年間プレーし、現在は同球団の2軍監督を務めている。

     台湾メディア「ETtoday運動雲」では「最強のコーチング成績」という見出しで林氏の監督就任を報道。同記事では今季の中信兄弟2軍の成績を紹介しており、68試合で47勝20敗1分(勝率.701)で2位と15ゲーム差の首位という驚異的な成績を記録していることを伝えている。

     昨年の台湾プロ野球選抜はNPBイースタン選抜、日本社会人選抜についで3位に入った。今年は昨年以上の成績を残すため、林氏に白羽の矢が立った。指導者になってからは練習量が多く、厳しい指導をすることから「鬼監督」と呼ばれている。これも若手選手が1軍で活躍してほしいという願いからだろう。今年のアジアウインターリーグでは林監督の采配にも注目だ。





    元阪神林威助氏、アジアWリーグ・台湾プロ野球選抜の監督就任「最強のコーチング成績」  Full-Count 2012年から始まった台湾で開催されているアジア・ウインターリーグ。今年の台湾プロ野球選抜の監督に元阪神の林威助氏が就任することが発表された。台湾の現地 ...  https://ift.tt/2QcBcZ4 



    2019年の #台湾WL のCPBL選抜のヘッドコーチに、中信兄弟の二軍監督を務める林威助氏(元阪神)が就任へ。 中職/執教戰績最強 林威助接下冬盟總教練 | ETtoday運動雲 | ETtoday新聞雲  https://sports.ettoday.net/news/1536031  #2019AWB #冬季聯盟 #hanshin



    ウインターリーグの台湾選抜の監督が林威助 すげえなぁ  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00540242-fullcount-base 


    続きを読む