とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    和田豊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「あなたにとっての阪神の1番は?」。日刊スポーツは「極トラ・プレミアム」のツイッターでアンケートの第4弾を行いました。歴代の快足・強打のリードオフマンで、1位に選ばれたのはあのスター選手でした。さらに「今年の1番打者として期待する選手は?」も実施。1位は復活を目指す若き安打製造機でした。

       ◇   ◇   ◇

    アンケートは11日に行い、選択肢を真弓明信、和田豊、今岡誠、赤星憲広に絞った。1567票の投票があり、48%で1位に輝いたのが、歴代球界でも最高峰のスピードスター・赤星だった。

    現役時代は170センチ、66キロと小柄ながら、確かな能力があった。入団年の01年に球団の新人最多となる39盗塁を記録し、プロ野球史上初めて盗塁王と新人王を受賞を同時に獲得した。05年まで5年連続盗塁王。04年に挙げたシーズン64盗塁は今も21世紀最多となっている。通算381盗塁は球団歴代1位、プロ野球歴代9位タイ。広い守備範囲と高い出塁率で2度のリーグ優勝にも貢献し通算1127試合のうち、約半分の621試合で1番に座った。「レッドスター」の愛称で親しまれ、虎党も「1番センター、赤星」の場内アナウンスは記憶に残っているだろう。

    特筆すべきはその成功率だ。通算350盗塁以上を達成した18人の中では歴代4位となる成功率8割1分2厘(企図数469、成功381)。1065盗塁を記録した「世界の盗塁王」福本豊をも上回っている。

    09年のシーズン終盤に「中心性脊髄(せきずい)損傷」を患い、無念の現役引退。日本全国の著名な病院や、極秘離日して米国の病院でも判断を仰いだが、完全回復は困難だった。それでも赤星は、不動のリードオフマンとして猛虎の歴史に名を残したことは間違いない。




    あなたの阪神1番打者は?1位に「レッドスター」(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200428-24280419-nksports-base  俺はやっぱり(1985年の)真弓だな 真弓真弓ホームラン 真弓真弓ホームラン かっとばせ真弓‼️



    @hare_kamimoe 左右に走るやつですねw


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 20/04/25(土)23:54:16 ID:wnl
    2012 5位
    2013 2位
    2014 日本シリーズ進出
    2015 9月半ばまで首位

    強くね?

    8: 名無しさん@\(^o^)/ 20/04/25(土)23:57:03 ID:T3o
    789が自動アウト打線

    9: 名無しさん@\(^o^)/ 20/04/25(土)23:58:09 ID:wnl
    しかもこのAクラスの期間中は藤川抜きという縛りプレイだった事実

    引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1587826456/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     軽く振っても打球はスタンドに着弾する。これが阪神ドラフト2位・井上広大外野手(18)=履正社=の大きな特長だ。15日の練習試合・四国銀行戦(安芸)では“初打席初本塁打”。高校時から折り紙付きのパワーを見せつけた。

     右足首捻挫の影響で別メニューだった第1クールから井上を指導する和田TAも、打撃の力強さに目を見張る。「体が大きいのが一番だろうけど、下半身の太さに加え、体の使い方もうまい。自分のスイングの形をすでに持っているよ」と高い評価を与える。

     フリー打撃を見ていると、広角に打球を飛ばす姿が印象的。井上は「思い切り振るのではなく、逆らわずに打ち返すことを意識している」と明かすが、強振しなくても打球が伸びるのは一つの魅力で、アーチストとしての資質の高さを感じさせた。和田TAは打撃技術の高さにも太鼓判を押す。

    ▼記事全文はこちら



    井上広大は先代の広大よりパワーが凄い‼️ これは「虎の山川」になり得る素材(^^)d #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の高知・安芸2軍キャンプで指導スタッフに加わっている和田豊球団本部付テクニカルアドバイザー(TA、57)が初日の練習を終え、取材に応じた。

     5年ぶりの現場復帰となったこの日、午前中は井上、遠藤の新人コンビに室内練習場で密着指導。午後からはメイングラウンドで打撃練習を見守り伊藤隼、中谷らにアドバイスを送った。「(中堅選手らは)もう一回勝負したいという気持ちが初日から出ている。自主トレもかなりやって(キャンプに)入ってきてるんで。初日から仕上がってるくらいのスイングをしているので、そういう意気込みが伝わってくる初日だった」。全体練習終了後も居残り特打を見守り、午後5時半まで指導するなどキャンプ1日目から精力的に動いた。




    和田さんはコーチとしては有能。 阪神・和田TA、5年ぶり現場復帰で初日から積極指導(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース:  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-00000207-spnannex-base 



    コーチとして優秀な人材なので現場に戻ってきてくれて嬉しい限り 阪神・和田TA、5年ぶり現場復帰で初日から積極指導― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/02/01/kiji/20200201s00001173337000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球・阪神の元監督で現在は球団本部付テクニカルアドバイザーを務める和田豊氏(57)が25日、大阪市のスタジオACTで、元阪神投手で俳優として活動中の嶋尾康史(51)が演出を担当する舞台「効き目の遅い薬」を観劇。嶋尾や主演・柊子(28)を激励した。

     和田氏は、俳優に転身した嶋尾の後援会長を務めるなど、ずっと応援をしてきた。毎年1、2月に上演されるこの定期公演も欠かさずに激励に訪れている。

     この日も1時間45分にわたる公演を鑑賞。「長いと思ったけどあっという間だった。年々、舞台全体や演出が良くなっている。楽しませてもらった。自分の方が球界では先輩だけど、嶋尾に違う世界を見させてもらえてうれしいね」と元チームメイトの活躍ぶりをたたえた。

    ▼記事全文はこちら



    感性を磨くためにもってこい!? 阪神・和田TA、“後輩”嶋尾康史の舞台を観劇「楽しかった」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/01/25/0013062969.shtml  @Daily_Onlineさんから



    阪神のTAである和田さんが、2軍のキャンプで臨時コーチをするようです。 和田さんはコーチとしてなら、有能ですよ。


    続きを読む