とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    坂本誠志郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    61EUBWA0ObL._SL1200_
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/14(月)19:38:11 ID:ARB


    14日のセ・リーグ公示、阪神は坂本を抹消

    https://www.daily.co.jp/baseball/2018/05/14/0011254713.shtml

    引用元: ・【悲報】坂本誠志郎さん、ひっそりと登録抹消

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/12/29(金) 12:56:31.19 ID:Cb/5cv8K0NIKU
    桜宮時代の恩師への感謝の言葉から話題が坂本へと移ると、口調が一気に厳しくなった。

     「ここに、へぼキャッチャーがいます。技術的にはまだまだ。ただ、元気と気持ちと視野の広さという捕手にとって大事なものは持っています。レギュラーになるのは本人次第」

     歯切れのいいセリフに約360人の出席者から大きな拍手が送られ、坂本は神妙な顔つきで聞き入った。

     「チャンスは与えられるが、取れるかどうかは自分次第。自分に厳しくやっていかないと。今年はケガが多かったので、ケガをしないようにやりたい」

     梅野、原口、岡崎らライバルは多い。矢野2軍監督は公開ゲキで、来季3年目を迎える坂本の奮起を促した。


    10


    https://www.daily.co.jp/tigers/2017/12/29/0010856359.shtml 

    引用元: ・阪神矢野二軍監督「(坂本は)へぼキャッチャー」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/10/20(金) 10:20:03.93 ID:fSFiRkicp
    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>
    個人的に注目していた数字があった。それは、レギュラーシーズンで100試合以上先発する捕手が現れるか、どうかだ。
    中日担当時代に通算3021試合出場の日本記録を持つ谷繁元信氏(46=日刊スポーツ評論家)から「捕手は100試合以上(先発で)出てなんぼ」という話をよく聞いた。
    阪神では10年に城島が全144試合に出場して以来、100試合以上先発出場した捕手がいなかった。正捕手不在-。虎が抱える長年のテーマでもあった。
    では結果はどうだったのか。結論から書けば現れなかった。梅野の90試合が最多。坂本の37試合、岡崎の16試合と続いた。
    「シーズンをトータルで考えることが出来る捕手になりたい。試合を任せられるように」。100試合の話を振ると、梅野は毎回そんな話をしていた。
    チームの勝利に直結するポジション。固定されれば、チームの安定につながる。来季は100試合捕手が現れるか。また注目したい。【阪神担当=桝井聡】

    3

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00030445-nksports-base

    引用元: ・梅野90、坂本37…阪神長年の課題来季こそ解決を

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    410: 名無しさん@おーぷん 2017/09/19(火)22:02:49 ID:it6
    14

    3




    坂本がいなくなると前半戦の悪夢の再来なだけなんよな…
    うまく梅野と坂本を使ってくれれば坂本はこんなに嫌われてないはずやのに

    引用元: ・【虎専】いろんな話するところ469【阪神】

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/10(金)20:39:04 ID:psp
    阪神は10日、坂本誠志郎捕手(23)が右手親指を骨折し、
    大阪市内の病院で手術したことを発表した。全治は未定。

    坂本は7日の教育リーグ・オリックス戦(舞洲サブ)で死球を受けた。期待の2年目。梅野、岡崎と正妻争いをしてきたが、まさかの戦線離脱となった。

    tw


    http://www.sanspo.com/baseball/news/20170310/tig17031020130016-n1.html

    引用元: ・阪神・坂本が右手親指骨折 7日オリックス戦で死球

    続きを読む

    このページのトップヘ