とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    夕刊フジ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は26日の中日戦(ナゴヤドーム)で逆転勝ち。このカードの勝ち越しを決め、今季の対戦成績も5勝4敗とした。今季の矢野阪神には、竜に負けられないと燃えまくる理由がある。

     1点を追う8回、打者一巡の猛攻で5点を奪い逆転勝ち。大喜びの矢野燿大監督(52)を始め、ベンチの1軍首脳陣には中日OBがズラリと並んでいた。

     清水ヘッドコーチ、新井打撃コーチ、筒井外野守備走塁コーチ。さらに今季から井上一樹打撃コーチ(49)が入閣した。球界関係者は「特に井上コーチは決断するのは大変だったと思う」と慮る。

     「中日の与田監督とはドラフトの同期で仲も良く、矢野監督とも親しかった。でも選手、指導者ともに中日ひと筋。名古屋でも定期的に野球評論家としての仕事があったが、すべて置いて大阪で勝負するわけだから。結果が出なけりゃ、『何やってるの?』と言われかねない。オファーを引き受ける際、与田監督にもしっかり仁義を切って、縦じまのユニホームを着たのだから、そらもう、必死だよ」

     阪神OBからも「阪神ドラゴンズ」と揶揄されるほど、中日色が濃い矢野阪神の1軍首脳陣。さらに昨秋と今春のキャンプでは竜のレジェンド、山本昌氏を臨時コーチに迎えている。

     中日側も「うちのことを知っている人が多々いるわけで、負けてられませんよ」と意識は強い。今季最初の竜虎対決となった、6月30日からの3連戦では阪神が3連敗。ホームで迎えた17日からは逆に3連勝を飾った。そしてこの日は、中日出身で球界最年長の福留が値千金の同点打。再び貯金生活に舞い戻った。

     今後も宿敵巨人との伝統の一戦だけでなく、両者のプライドをかけた竜虎戦にも注目だ。(山戸英州)




    矢野阪神が中日に負けられぬワケ 首脳陣に中日OBがズラリ(夕刊フジ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d21694d9dee225bf65034f2dc4208f041468b745  「「「「「阪神ドラゴンズ」」」」」



    そんなの、関係ねーだろ。 矢野阪神が中日に負けられぬワケ 首脳陣に中日OBがズラリ(夕刊フジ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200727-00000017-ykf-spo  #阪神タイガース #阪神 #プロ野球


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     昨秋のドラフトでは、相次いで高校生ばかり指名した阪神。今季優勝の命運を握るのは、メジャー通算92発のボーア=前エンゼルス、同49試合登板のエドワーズ=前インディアンス=ら、総勢8人に膨れ上がった助っ人勢であることは言うまでもない。

     矢野燿大監督(51)以下の1、2軍の全首脳陣、球団フロントが兵庫県西宮市内に集い、合同スタッフ会議が8日開かれた。外国人選手の扱いについて、首脳陣の1人は「(ポジションの)確定はしていない。競争してもらわないと困る。結果を出して、競争に残ってもらえれば。どっぷり外国人枠(を使う)っていう存在にはならない」と言い切った。

     今年は東京五輪開催の関係で、開幕が例年より10日ほど前倒し。キャンプ前半から実戦が増える中で、助っ人勢には本職のポジション以外にもつかせる方針だ。来日後に「まずは話してから」と意思の確認はするというが、契約前の交渉内容とのズレなど、扱いを誤ればチームの火種にもなりかねない。

     かねて球団内には「助っ人へのフォローがヘタ過ぎる」との声もある。昨季は途中入団したソラーテが、起用法を巡って電撃退団した。二の舞いを演じないため、フロントは通訳を増員。さらに駐米スカウトのシーツ、ウィリアムス両氏を今春キャンプにベタ付きさせ、フォローする構えだ。

     矢野監督も「競争が激しくなるのは間違いない」と期待するが、虎の“助っ人シフト”は思惑通りに奏功するのか。(山戸英州)




    取り扱い要注意! 阪神の命運握る助っ人勢… チームの火種になりかねず? (夕刊フジ) ちょっと心配💧  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000000-ykf-spo 



    「助っ人8人体制の火種」、「ソラーテの二の舞」とかさぁ、東スポ、ゲンダイ、夕刊フジはそれしか書く事がないの?お前らの妄想記事はペラペラだな😞 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000000-ykf-spo 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     就任1年目の阪神・矢野燿大監督(50)が沖縄・宜野座キャンプで、しきりに強調しているのが「自主性」だ。

     新体制となり初めて迎えたキャンプ。金本前監督時代の昨年、バスによる宿舎ホテル出発は投手が午前8時40分、野手が9時10分と決まっており、球場到着までに約40分かかった。若手の早出特打などは主に出発前、宿舎に隣接する室内練習場で行われ、球団関係者は「移動中のバスでひと眠りすることが多く、それがかえって体への負担になることもあった」と明かす。

     指揮官はそこにメスを入れた。出発時間を7時50分、8時40分、9時10分の3便態勢とした。特打なども球場到着後に行うようにし、ロス時間を減らした。移動便は自由選択制にしたが、若手は1便目を希望する選手が大多数を占めているという。

     この状況にある球団フロントは「強制だったり、やらされる練習はだらけるが、自主性となった途端、心理的に不安を抱いてみんな朝イチで移動するようになった。それが習慣になるのなら結構な話だよ」と笑う。

     キャンプ自体も第1、第2クールは3勤1休。周囲からは「昨季17年ぶりの最下位に終わったチームとしては練習が緩すぎないか」との声もあがったが、別のチーム関係者は「明るく活気あふれる現場になっている」と証言。

     一方で「金本前監督時代、若手はもっと声を出していたと思う。気を抜いているワケじゃないけど、その辺りは“怖いお目付け役”がやっぱりこのチームには必要なんだなと思うこともある」と複雑な胸中を明かす関係者もいるが、“やらされる練習”から転換する方針は変わらない。

     現場を預かる首脳陣の1人は「今、若手選手たちの立場は“親がいない子”の状況」と表現。「選手は誰にも何も言われないし、任されている。練習をさっさと切り上げて帰ることもできる。だけど、結果が出なければすべて自己責任。それがプロの世界というのを分かってもらえたら」と話す。

     昨季、チーム唯一全143試合に出場、今季から主将を務める糸原健斗内野手(26)は「自主性重視と、従来の上から教えられるやり方のどちらがいいかは、正直どちらもよさがあるので何とも言えないですね」。ただ、レギュラー野手陣が決め手を欠く今、若手にとっては自分で考え練習する以外にチャンスをつかむ手段はない。「自分の場合は課題山積。ただ、目標設定は打率3割というのがありますから。そこに向けてあらゆる面で準備できるか。そこを重視して臨んでいますから」と話す。

     地味ながらも「大改革」に舵を切った矢野阪神はどんな真剣勝負の舞台でどんな結果を残せるのか。(山戸英州)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000010-ykf-spo

    続きを読む

    このページのトップヘ