とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    大和

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/11/03(金) 13:48:20.79 ID:dk3Fongd0
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711030000334.html

    阪神四藤球団社長はFA権を取得している選手の動向については
    「まだ何も聞いていません」。

     大和はすでに国内FA権を行使する意思を固めており、
    日本シリーズ終了後に正式にFA宣言する方向。
    水面下ではDeNA、オリックスが熱心に調査を継続。
    同じく国内FA権を保持している俊介は球団と交渉を進めており、残留する見通しだ。


    20171022-00000040-dal-000-view

    引用元: ・阪神大和、日本シリーズ終了後に正式にFA宣言する事が濃厚にwwwwwwwwwなお俊介は残留見通し

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/02(木) 05:56:01.76 ID:CAP_USER9
    オリックスが、国内フリーエージェント(FA)権を取得している阪神・大和内野手(29)の獲得へ乗り出す方針を検討していることが1日、分かった。
    球団関係者が「調査をしている。FA宣言したら検討する」と話した。

    大和は遊撃、二塁、中堅と複数ポジションをこなし、内外野いずれを守っても球界屈指の守備力を誇る。
    課題だった打撃でも、今季から両打ちに転身して規定打席未満だが、打率・280(右打席で同・287、左打席で同・276)まで上昇した。

    今季は正遊撃手の安達が109試合に出場したものの、難病の潰瘍性大腸炎が再び発症した影響で打率・203と低迷。
    二塁では西野が68試合に先発出場したのが最多と、最後まで二遊間を固定できなかった。
    戦力の構成的にも吉田正やT―岡田、ロメロら強打の外野手が揃うが、
    今季のチーム盗塁数33は12球団最少で、守備力と機動力を兼ねる大和は補強ポイントとまさに合致する。

    今季の推定年俸は5000万円で、Bランクとみられる。先月25日に阪神と話し合い、
    複数年契約とみられる条件を受けた際には「悩んでいる。すぐに答えが出ることではない。(他球団の)話も聞きたいという気持ちもある」と話している。

    悩んでいるのなら、交渉解禁日に一気にラブコールを送ることも辞さない構え。
    複数年提示などを携えて即日アタックの可能性もありそうだ。大和の動向に注視しながら、最大限の誠意をいま、準備している。

    20171022-00000040-dal-000-view


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000020-spnannex-base
    11/2(木) 5:51配信

    引用元: ・【野球】オリ 阪神・大和を調査 FA宣言なら解禁即日アタックも

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/10/30(月) 06:15:09.29 ID:EhrEdgWq0
    阪神・大和 秋季C不参加へ FA権取得で熟考



    阪神・大和内野手(29)が
    11月2日に始まる安芸・秋季キャンプに参加しないことが分かった。
    今季国内フリーエージェント(FA)権を取得したこともあり、
    権利行使の有無を含めた今後の身の振り方をじっくり考えることになった。

     28日の練習後には「今は半々です」と心境を明かし、
    他球団の評価を聞きたい気持ちと12年間在籍した阪神への愛着との間で揺れていた。
    長く1軍で活躍してきた証しの権利だけに熟考に熟考を重ねる姿勢だ。

     昨年は両打ちに転向した直後の秋季練習で右脇腹を痛め、
    参加予定だった秋季キャンプを回避。
    秋季練習に参加している今秋は鳴尾浜球場などで調整することになる。
    同じくFA権を取得した俊介は秋季キャンプに参加する。



    3


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000063-spnannex-base 

    引用元: ・阪神・大和 秋季キャンプ不参加へ FA権取得で熟考

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/10/27(金) 06:07:10.94 ID:42+qxSrOp
    国内フリーエージェント(FA)権の行使を検討している阪神・大和内野手(29)が、球団と残留交渉を行ったことを26日、明かした。前日25日の秋季練習後に話し合いの場を持った。
    3年とみられる複数年契約を提示された模様。「すごく具体的な話ももらった。悩み込んでます。いろいろ(他球団の)話を聞いてみたい気持ちはある」と、権利行使の可能性について初めて言及した。 心は揺れ動いていた。残るべきか、挑戦するべきか-。国内FA権の行使を検討している大和が、前日の練習後に球団と残留交渉に臨んだ。だが、結論は出なかった。

    「すごく具体的な話ももらった。(条件面か?)そうですね…。すごくいろいろ悩んでいます」

    率直な気持ちだった。球団側は3年を基本線とした複数年契約を提示しているとみられるが、走攻守で高いレベルのプレーを見せる大和には、オリックス、DeNAなど他球団も興味を示している。 今季の推定年俸は5000万円でBランクに相当するもよう。

    プロ12年目を迎えた今年、スイッチヒッターに転向するなど、高みを目指す背番号「0」としても「いろいろ(他球団の)話を聞いてみたい気持ちはある」と、権利行使の可能性について、初めて言及した。

    ただ、決断までは「長いですね…。すぐに答えは出ないと思うし。もともと悩んでいたことだし。何かキッカケがあればいいんですけど。悩み込んでます」と時間を要しそうだ。
    金本監督も坂井オーナーも残留を熱望する貴重な戦力。
    その決断に注目が集まる。 (西垣戸理大)

    3

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20171027/tig17102705020014-n1.html

    引用元: ・【悲報】阪神大和、FA宣言へ「他球団の)話を聞いてみたい気持ちはある」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: あちゃこ ★ 2017/10/22(日) 08:28:21.08 ID:CAP_USER9
    阪神が今季、国内フリーエージェント(FA)権を取得した大和内野手(29)に対し、残留交渉で3年契約を基本線とした複数年契約を提示することが
    21日、明らかになった。オリックス、DeNAなど多くの球団の注目が集まるなか、最大限の誠意を尽くして慰留に努める。

     ずっと君が必要だ。来年も再来年も、3年先も-。FA権の行使を検討している大和に、球団が3年を基本線とした複数年契約を提示することが分かった。

     2006年の入団以来、着実に力をつけてきた。今季は北條が不調、糸原が故障で1軍を離脱すると、遊撃手としてチームの2位躍進に貢献。100試合に
    出場して打率・280、1本塁打、16打点の数字を残した。選手としての1つの権利を手にし、シーズン終了とともに熟考に入った。

     守備の達人であることに加え、内外野を守れるユーティリティーぶり、今季からはスイッチヒッターとしても活躍。そのマルチな働きに、坂井オーナーも
    これまでに「絶対に残せ」と厳命。球団も流出させる気はない。金本虎の3年目に欠かせない存在であることは、疑いようもない。最大限の誠意を見せるのは、
    至極当然の流れだ。

     3年契約となれば、来月5日に30歳になる大和にとって、33歳シーズンまで保障されることになる。肉体的に“曲がり角”に差しかかりかねない年齢になるが、
    そんなことは関係ない。チーム内には将来の指導者として高く評価する声も多くあり、とにかくタテジマを脱がせるワケにはいかないのだ。

     すでに交渉に入っていることは、四藤球団社長がこれまでに明かしている。球団は宣言残留も認めており「(大和が)他球団の話も聞きたいのかもしれない」と
    胸中を推し量る。年俸5000万円で人的補償が発生するBランクとみられるが、すでにオリックス、DeNAなどが興味を示しており、日本シリーズ終了翌日の
    「FA宣言期間」から、予断を許さない時間が始まる。

     だからこそ、条件面でもどこにも負けるつもりはない。3年を基本線とする複数年契約などで、手厚くその存在を評価する。必ずやチームに残ってもらう。


    3

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000503-sanspo-base

    引用元: ・【野球】大和よ残ってくれ!阪神、3年契約基本線とした複数年契約提示へ

    続きを読む

    このページのトップヘ