とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    大山悠輔

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/02/04(日) 09:43:51.71 ID:RTlyBlgY0
    no title


    ファーwwwwwwwwwwwwwwwwww

    引用元: ・阪神大山、侍ジャパン入りかww.ww.ww.ww.ww.ww. w.ww.ww.w

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/12/29(金) 19:55:52.34 ID:mA6EqhZx0NIKU
    阪神・大山を育てたいなら三塁固定を

     ヤクルト、西武を日本一に導いた名将で阪神の臨時コーチなども務めた広岡達朗氏(85)が28日、
    金本阪神に2017年、最後の提言だ。まだ来季の形が見えてこない内野陣について、
    育成と勝利の両方を追うためにも大山悠輔内野手(23)を三塁に固定して大きく育て、
    鳥谷敬内野手(36)を遊撃に戻すことを提案した。

    3


    http://www.sanspo.com/baseball/news/20171229/tig17122908000006-n1.html

    引用元: ・【阪神】 大山三塁固定、鳥谷遊撃復帰案

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/02(土)18:41:30 ID:UM0

    引用元: ・大山悠輔選手の一日警察署長wwwww

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/11/28(火) 15:44:59.86 ID:0uDnngYE0
    阪神の大山悠輔内野手(22)が28日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸1500万円から、1000万アップの年俸2500万円でサインした。(金額は推定)

    1年目の今季は、6月18日に1軍へ初めて登録されると、CS3戦目となる最終戦まで完走。75試合に出場し、打率・237、38打点、7本塁打の成績を残した。

    プロ初安打が、初の本塁打。決勝点となる3打点をたたき出す衝撃的なデビューを果たした大山。9月1日には、虎の新人では53年ぶりの4番抜擢で先発出場し、その翌日にはリーグ分裂後初のルーキー4番弾を放つなど、存在感が光った。 

    CS第2戦では、阪神の新人ではCS史上初となる本塁打&猛打賞。ポストシーズンでは、プロ野球史上初となる新人での4安打をマークした。 

     それでも自らの課題については「全部です」と淡々。今オフは、秋季キャンプから二塁や遊撃にも挑戦しており、まだまだ可能性を秘める22歳だ。「規定打席に届いていないので。1年間ケガせずに1軍で出られるように、もう一回体を作っていきたい」。気を引き締め直し、2年目の来季へ準備を進めていく。


    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-00000063-dal-base 


    引用元: ・阪神・大山、1000万増の2500万円でサインwwwwwwwwwwwwwwwwww

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/10(金)13:27:54 ID:VbO
    若き4番に語る「リセット」の重要性

    あれだけ振る力があるのに、なんでだろうとずっと思っていて、終盤はかなり細かく観察しました。
    プロの速球や変化球に対し、崩れず、しっかり振るというのは、それだけでも高い身体能力とセンスが必要です。あのスイングができるなら、もっと打率が上がってもいいはず、と思ったのです。
    一つ気が付いたことが、構えからの「リセットする動きがない」ということでした。
    トップ選手でいえば、引退していますが、巨人の高橋由伸監督の現役時代が分かりやすいと思います。
    構えでは体を揺らしていますが、投手に合わせ、一瞬止まるような動きをしますよね。微妙なのですが、このリセットして投手にタイミングを合わす動きがバッティングでは非常に重要になります。
    高橋監督は天才型のバッターでしたが、感覚面だけではなく、理にかなったスイングをする選手でした。

    3


    https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201711090002-spnavi

    引用元: ・阪神・大山を立浪和義氏が分析

    続きを読む

    このページのトップヘ