とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    大山悠輔

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    己に勝つ! 阪神大山悠輔内野手(25)が7日、使用解禁日となった兵庫・西宮市の鳴尾浜球場で早速始動した。不動の主軸への成長が期待される20年。「まずは自分にしっかり勝つこと」と新年の誓いを立てた。

    寒風吹きすさぶ中、黙々と1人ランニングを開始した。室内練習場では当たり前のように打撃マシンを打ち込み、最後は厳しい表情のままウエートルームへ。その一挙手一投足から、プロ4年目に懸ける覚悟がにじみ出た。

    開幕から4番を105試合任された19年は過去となった。新助っ人ボーア、サンズに来日2年目のマルテに…。誰の目にも激しい三塁、一塁争いに身を置く今季、矢野監督からかけられた言葉を心の支えにする。

    「『比べるのは昨日の自分』とずっと言われてきた。1年間は長いけれど、まずは昨日の自分に少しでも勝てるように1日1日レベルアップしていければ。その積み重ねが1年後、結果につながる。1日1日を大事にしていきたい」

    ▼記事全文はこちら



    ボーアが入ってきて大山にとっては内心忸怩たる思いだろう 実力で4番サードを奪取すればその時阪神は優勝に近づく事が出来ると思う 大山が鳴尾浜で始動 「しっかり自分に勝つ」 4番サード奪取だ/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/01/07/0013015172.shtml  # @Daily_Onlineより



    大山くん昨日のトークショーでまずはマルテに勝たないといけないようなことを言うてました。マルしか聞こえなくて何言うてんの?って思ってたんですが💦相当マルテさんをライバル視していました。まずはサードを。 阪神・大山悠輔が真の4番になるために必要なもの - SPAIA  https://spaia.jp/column/baseball/npb/9276?page=1 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ あすの日本球界を担う世代

     年が明けて2020年、令和になってはじめての年越しも無事に終わり、“令和2年”の幕が開けた。

    ☆プロ野球・年俸ランキング2020【TOP50】

     改元フィーバーのなか、これまで以上に“時代”というものを強く意識させられた2019年。着実に時代は移り変わっていくなか、年が進むにつれて進行していくのが世代交代の波。とくに「○○世代」と世代くくりでの話も多い野球界では、次なる新星たちの誕生が大きな注目を浴びる。
     
     思い返して見ると、少し前までは松坂大輔を中心としたいわゆる「松坂世代」、1980年生まれの世代(1980年4月2日~1981年4月1日生まれ)が球界をリードしてきた。しかし、その松坂世代もすでに39歳。2020年は40歳のシーズンとなる。現役選手も数えるほどとなり、今では球界の中心にいるとは言い難い。


     そんななか、現在の日本野球界における中心的存在になっているのが、田中将大(ヤンキース)や坂本勇人(巨人)、柳田悠岐(ソフトバンク)らが揃う1988年生まれ世代(1988年4月2日~1989年4月1日生まれ)である。

     田中と前田はすでに海を渡り、このオフには秋山翔吾もメジャーに挑戦。ほとんどの選手が2020年シーズンを32歳で戦うとあって、まさに“脂の乗っている時期”と言っていい。

     しかし、32歳という年齢を考えると、一般的に見ればここから大きな成長を見込むのは酷なこと。多くは少しずつ緩やかに下降線をたどっていくことにある。


     では、そんな彼らの後を継ぐのは一体どの世代か…。いまもっとも勢いを増しているのが、1994年生まれ世代(1994年4月2日~1995年4月1日生まれ)だ。

     大谷翔平(エンゼルス)がすでにメジャーリーグで結果を残し、国内に目を向ければ鈴木誠也(広島)が広島の主砲に君臨。オフに行われた『プレミア12』では、日本の4番として堂々たる結果を残した。

     その他にも、近本光司(阪神)はセ・リーグ新人王を獲得。さらに西川龍馬(広島)や柳裕也(中日)がブレイクを果たすなど、2020年に向けてまさに勢いに乗ってきたところだ。


    ◆ “復活”を目指す選手も…

     ただし、当然ながら全員が順風満帆に来ているわけではない。プロ入り後すぐに頭角を現しつつあったなか、伸び悩んでいる選手も多くいる。25歳にして、早くも“復活”を期待されている選手たちである。

     この世代でもっとも伸び悩んでいると言っても過言ではないのが、藤浪晋太郎(阪神)だろう。大阪桐蔭高校時代には甲子園で春夏連覇を達成。阪神に入団後も3年連続で2ケタ勝利を達成するなど、間違いなく世代のトップランナーのひとりだった。

     しかし、近年は結果が出ておらず、2019年はわずか1試合の登板に終わっている。毎年のように復活を期待する声が挙がるなか、制球難に苦しんでかつての輝きを取り戻すことができず。2020年は文字通り「背水の陣」で臨むことになるだろう。

     投手では、ほかにも笠原祥太郎(中日)や畠世周(巨人)、濱口遥大(DeNA)といったところも伸び悩んでいる。いずれも一軍の戦力として機能したシーズンはあったが、故障もあって継続して戦力となることはできず。どの選手も一軍で勝てる力はあるだけに、復活を期待したい。


    ◆ 高卒8年、大卒4年

     野手陣では、吉川尚輝(巨人)と田中和基(楽天)がこの世代だ。

     吉川は2019年に開幕スタメンを掴み、直後は4割近い打率を残すなど好スタートを切ったものの、腰痛の影響で4月上旬に戦線離脱。結局、シーズン中に一軍へと復帰することは叶わず、改めてレギュラー争いに加わることになってしまった。

     2018年の新人王である田中も、開幕前に故障した影響もあってか調子が上がらず、昨季は低空飛行が続いた。5月には骨折で登録を抹消されるなど、一軍では59試合の出場にとどまり、レギュラーの座を明け渡す形となってしまった。吉川と同様、怪我からの復活が期待される。


     「1994年組」も、高卒組は今年でプロ8年目、大卒組も4年目を迎えることとなる。年齢的にも若手から中堅になる頃合いだ。

     後輩もどんどん入ってくるなか、結果が残せなければ厳しい通告も待っているこの世界。一度は結果を残した選手であっても、それは例外ではない。

     大谷や鈴木と言った柱が活躍を見せるなか、彼らに負けじと競りかけていく選手がひとりでも多くなれば、“世代”くくりで注目を浴びることでより良い相乗効果が生まれてくることだろう。かつての松坂世代や1988年組がそうだったように。

     2020年は次の日本球界を支える「1994年組」に注目だ。


    ▼ プロ野球界の「1994年組」

    <西武>
    中塚駿太(投)
    田村伊知郎(投)
    相内 誠(投)
    山野辺翔(内)

    <ソフトバンク>
    田中正義(投)
    真砂勇介(外)

    <楽天>
    森 雄大(投) ※育成契約へ
    弓削隼人(投)
    池田隆英(投) ※育成契約へ
    菅原 秀(投)
    岩見雅紀(外)
    田中和基(外)
    則本佳樹(投) ※育成選手
    下妻貴寛(捕) ※育成選手
    南 要輔(内) ※育成選手

    <ロッテ>
    佐々木千隼(投)
    田村龍弘(捕)
    宗接唯人(捕)
    松田 進(内)

    <日本ハム>
    生田目翼(投)
    石井一成(内)

    <オリックス>
    竹安大知(投)
    澤田圭佑(投)
    黒木優太(投) ※育成契約へ
    左澤 優(投)
    神戸文也(投)
    張 奕 (投)

    <巨人>
    畠 世周(投手)
    吉川尚輝(内野手)
    松原聖弥(外野手)
    山川和大(投手) ※育成選手
    高山竜太朗(捕手) ※育成選手

    <DeNA>
    濵口遥大(投)
    笠井崇正(投)
    佐野恵太(内)

    <阪神>
    藤浪晋太郎(投)
    尾仲祐哉(投)
    小野泰己(投)
    福永春吾(投)
    齋藤友貴哉(投)
    長坂拳弥(捕)
    片山雄哉(捕)
    木浪聖也(内)
    北條史也(内)
    大山悠輔(内)
    近本光司(外)

    <広島>
    矢崎拓也(投)
    床田寛樹(投)
    西川龍馬(内)
    鈴木誠也(外)
    髙橋大樹(外)

    <中日>
    柳 裕也(投)
    濱田達郎(投) ※育成選手
    大藏彰人(投) ※育成選手
    京田陽太(内)
    溝脇隼人(内)
    武田健吾(外)

    <ヤクルト>
    中尾 輝(投)
    星 知弥(投)
    坂本光士郎(投)
    田川賢吾(投)
    吉田大成(内)

    BASEBALL KING




    「1994年組」の現在地📝 球界のあすを担う新世代「1994年組」 早くも“復活”が待たれる選手も… 👉  https://baseballking.jp/ns/214069  ✅ 次の日本球界を支える1994年生まれ世代(1994年4月2日~1995年4月1日生まれ)の現在地とは🤔 pic.twitter.com/hr3lf83trv



    個人的には、太田みたいにマスコミとOBがやかましくない球団に放出した方がいいんじゃないかと思う。 --- 球界のあすを担う新世代「1994年組」 早くも“復活”が待たれる選手も… (ベースボールキング - 01月05日 12:14)  http://mixi.at/a1Hcuhd 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/03(金) 12:43:44.41 ID:a0gw/My/p
    さて、来季のタイガースに目を移してみると、投手陣はなんと言っても先発ローテーションがカギになるでしょう。

    2019年シーズン限りで引退したランディ・メッセンジャーの穴をどう埋めるのか。私としてはやはり、藤浪晋太郎の復活に期待したいですね。今シーズンはプロ入り後初の無勝利に終わってしまいましたが、彼の活躍は優勝の絶対条件だと思います。

    もう1人、投手でキーマンを挙げるならば、オネルキ・ガルシアです。シーズン序盤は不安定な投球が続き、先発での成績は3勝8敗、防御率4.98と苦しみましたが、最終盤に中継ぎとしての適性を示し、CS出場に貢献しました。

    彼を今後どう使っていくのかがポイントです。先発に戻すのか、中継ぎでいくのか。あるいは、オープナー制度を組み入れてみても面白いですね。1、2回の短いイニングに若手投手を起用したあと、第二先発としてガルシアを使うということです。
    イチから試合を作るよりもリリーフの方が向いているように感じますし、第二先発であればより短いイニングの投球で勝ちがつきますから、モチベーションにもつながるのではないでしょうか。

    打のキーマンには、先ほども触れた大山を。つくづく今季使い続けていれば……と思います。最終的には76だった打点も90ぐらいは記録したのではないかと思いますし、シーズンを通して評価する声も出てきて自信をつけることができていたはずでした。

    彼の課題はとにかく調子にムラがあることです。一時期だけではなく、シーズンを通してクリーンナップを担っていくに相応しい成績が求められます。
    来シーズンからは再び外国人や他の若手選手との競争が始まるでしょうから、オープン戦やシーズンの序盤からアピールしていってほしいところです。

    懸念されるのは、今季3位に入ったことで、ファンがさらに上を期待してしまうことです。4位以下は順位が下がったことになるわけですから、プレッシャーで苦しくなるかもしれません。
    そこを気負わず打てるかは選手次第。2019年に積み重ねられたものを存分に発揮してほしいですね。

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/03(金) 12:44:06.58 ID:a0gw/My/p

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1578023024/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/03(金) 07:54:54.93 ID:4riOHi4kp
    -阪神勢はプレミア12のメンバーに入らなかったが、期待している選手は。

    「国際試合は左投手が非常に貴重。岩崎だったりね。岩貞も(代表で)やってくれた。岩貞は先発だったが、岩崎は中継ぎとして名前も当然、(候補選手に)挙がってくる。この二人に関しては、今年もしっかり見ていきたい」

    -救援では藤川も存在感を発揮している。

    「球児ね。経験もあるし、(北京五輪で)一緒に戦った仲間でもある。彼の(代表への)思いというのは非常に強いしね。面白いでしょうね」

    -野手では。

    「大山も当然、期待している一人。去年は阪神を勝たせなければいけない立場になった。そういう意味でも今年、どういうプレーをするのかというところは見たい。それと近本。非常に素晴らしい選手。(プレミア12の候補として)名前も挙がった」

    -近本の魅力をどう捉えているか。

    「足も打撃もしぶとさ、いやらしさというのはある。1、2番、そして9番に置いた時に、ジャパンとしてどういう機能をするかというところも考えている。調子も含めて、今年はどういう活躍をしてくれるのかというところになる」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-00000020-dal-base

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/03(金) 07:56:16.01 ID:gDC/YKUN0
    期待してなさそう

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/03(金) 07:56:34.06 ID:05COutrU0
    誉めて伸ばすタイプなんだろうけど、日本人の場合は甘ったれるだけだからガツンと言うのが合ってると思う

    14: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/03(金) 08:00:50.93 ID:XsUAFShz0NEWYEAR
    リップサービスどんどん上手くなるな

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1578005694/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 20/01/01(水)21:27:18 ID:4G1
    サード←元々ファースト守ってたマルテがボーア加入による玉突きでサード守る

    ファースト←他ポジ守らせるのはもってのほかなボーアを守らせるしかない

    レフト←元々福留がおる上にサンズ加入

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 20/01/01(水)21:28:03 ID:Rlq
    マルタとボーア両方使える気がせん

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 20/01/01(水)21:29:08 ID:4G1
    >>2
    チーム事情的にも助っ人は野手のが優先されるやろな

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1577881638/

    続きを読む

    このページのトップヘ